2019年7月2日 更新

プログラミングを「一般教養」として学ぶ人が増えている理由

資格を取ってIT業界に転職、ではなく、今の仕事を続けながら一般教養として身につけたいと、プログラミングのスキルを学ぶ人が増えています。ビジネスシーンでも重要な「論理的思考力」「プロジェクト管理」「問題解決能力」が、それで鍛えられるといいます。

2019.7.2

資格や転職と無関係にプログラミングを学ぶ

「コンピュータのプログラミングを学ぶ」といえば、「情報処理技術者」のような資格を取ってプログラマー、システムエンジニアなどIT関係の仕事につくというイメージがあります。そんな職種は慢性的な人手不足なので有資格者は即戦力として優遇されます。転職して収入アップを狙おうと勉強している人も少なくないでしょう。
ところが、IT関連企業に勤務していなくても、情報システム関係の部署ではなくても、営業や企画のような仕事でも、文系の出身でも、ビジネスパーソンがまるで「一般教養」を身につけるような形でプログラミングを勉強する動きが、静かにひろがっています。
IT教育に特化したオンラインスクール「テックアカデミー」を運営するキラメックスによると、2012年にプログラミング教育をスタートさせた頃は勉強の最終目的はエンジニアになることだという受講生が多かったといいます。しかし最近は、エンジニアなど専門職を目指すわけではなく、「一般教養としてプログラミングを学びたい」という人が増えているそうです。
若い世代だけでなく、初心者向けコースでは経営者、部課長などマネージャークラスの受講生も増えているそうです。ITの世界は「ビッグデータ」「AI(人工知能)」「IoT(モノのインターネット)」「5G(第5世代移動体通信)」など、新技術がどんどん現れています。「テクノロジーを知らずして、企業の経営はできない」と思って、プログラミングのようなITの基礎から学びたいというニーズが生まれているようです。
その人たちが若手だった頃は「技術屋さんに任せればいい」という風潮がありましたが、企業内で地位が上がると「わからないことがわからないままではいけない」となってきます。ましてや、今は最新テクノロジーの活用次第で企業の業績が左右され、将来が決まるとまで言われる時代です。
ということは、企業のトップクラスに出世したいと考えているビジネスパーソンが、若くて頭が柔軟なうちに一般教養としてプログラミングを学び、ITの基礎力を身につけることは、将来プラスになるはずです。

プログラミングで身につくのはこんなスキル

「テクノロジーを理解し、それをビジネスに役立てる」だけが、プログラミングを学ぶメリットではありません。ビジネスパーソンに不可欠とも言える「論理的な思考力」「プロジェクト管理の能力」「問題解決能力」を養うのに、その知識や実践は役に立ちます。
部下を持った時、「これとあれをやれ」と指示し、理由を問われたらいらついて「とにかくやれ」と言うだけでは部下は育ちません。「こんな理由で、こんな必要があるから、これとあれをやれ。やればこんな結果が生まれる」と筋道の立った説明をすれば部下は納得し、「やらされ感」も消えてモチベーションもアップ。部下から良い提案が出ることもあります。そうやって部下は成長し、「人材を育てたね」とあなたに良い評価がつきます。
プログラミングは、筋道の立った合理的な説明ができる「論理的な思考力(ロジカルシンキング)」を鍛えます。なぜなら、プログラムで仕事をやらせる相手は人間ではなくコンピュータだからです。あいまいな命令を出してもコンピュータは動きません。人間の部下なら「言いたいのはたぶんこうだろう」と推測して動くこともできるでしょうが、コンピュータは「こんな時は、こうする」と条件を一つひとつきちんと設定しておかないと、立ち往生します。「融通をきかせろ」と怒鳴ってもムダです。あいまいな命令、筋道が通らない矛盾した命令を出す自分が悪いのです。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

今年2月、日本とEUの間のEPA協定が発効しました。ワインが安くなりましたが「天然塩」の関税も撤廃されました。岩塩、海水塩など欧州産高級天然塩の輸入が増えそうですが、海外で日本食が定着しているので、日本産の天然塩にも輸出拡大のチャンスです。
経済 |
本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本物のセレブのお金の使い方、気になりませんか?セレブと呼ばれるお金持ち層が一体どういったことにお金をかけ、どういったお金の使い方を避けるのか。実例を紹介しながら解説していきます。
米国ハイテク株の動向に注目

米国ハイテク株の動向に注目

サマーバケーションに入り世界の株価と為替相場が乱高下を繰り返しています。乱高下を繰り返しながら徐々に株安、ドル安に水準を切り下げる中、未だ強気派と弱気派の数は拮抗しているようにみえます。私達はどのように考えるべきなのでしょうか。
日本伝統の井戸掘り技術「上総掘り」がアフリカの水問題を救う

日本伝統の井戸掘り技術「上総掘り」がアフリカの水問題を救う

国連も問題視する途上国の「水」問題の解決は「井戸」の建設に託されています。日本の伝統の井戸掘り技術「上総掘り」は、機械を使わないので途上国向き。アジアで、アフリカで、上総掘りで掘った井戸が現地の人たちの生活や社会を変えようとしています。
経済 |
20~30代で早期リタイアする“FIRE”族の暮らし方・人生観とは

20~30代で早期リタイアする“FIRE”族の暮らし方・人生観とは

アメリカでは、20代、30代の若さで職業生活を早期リタイアし、働くことに縛られずに生きる「FIRE」のムーブメントが起きています。貯金があり支出を抑えれば「4%ルール」で生活していけるといいますが、彼らはどんな暮らし方をしているのでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部