2019年3月11日 更新

人材育成は全社の課題。OJT頼みはもう古い

今、人材育成は急務となっています。少子高齢化が進み、AIなどの新技術が発達する中、企業の成長には人材育成が必要不可欠なのです。なぜOJTだけではダメなのか、どのような人材をどうやって育てたらいいのか、現在の日本企業に必要な人材育成のあり方を掘り下げます。

Community group collecting ...

Community group collecting vegetables from their allotment

2019.3.11

「成果を出す人材」育成はOJTだけでは無理!

Girl holding basket of fres...

Girl holding basket of freshly picked strawberries

働き方改革と両輪をなす人材育成。御社はきちんとOJT(On-the-Job Training)以外の人材育成も行っているでしょうか。
従来の人材育成は終身雇用・年功序列制度が基準。現場で時間をかけて「みんなができることができる」という一律の能力を習得させるものでした。しかし現在求められているのは、よりプロフェッショナルな人材です。自分の役割を把握し、責任をもって遂行し、成果を出す社員が必要なのです。
なんとかOJTで乗り切ろうという企業もあるかもしれません。しかし、OJTの現場のノウハウを仕事を通して学べるという利点が、会社全体にとってはマイナスになることがあります。
企業には、経営理念やビジョン、長期計画などがあり、会社全体のルール「仕事の基本行動」があります。しかし、OJTでは基本から逸脱した独自ルールで仕事を行うケースが珍しくありません。会社全体のルールを無視する現場は、新人を混乱させます。現場に余裕がなければ育成は無視され、放置され続けた新人がさまよっていることすらあるのです。
人材の成長なくして組織の成長はありません。労働人口の減少、価値観の多様化、海外へのアウトソーシング、さらにAIの普及でビジネスモデルは変化しています。新しい社会や技術に対応できる人材は、OJT任せではなく全社をあげて育成しなければならないのです。

人材育成の基本、どんな人材をどうやって育てる?

Little Girl making Finger F...

Little Girl making Finger Frame

どのような人材を育成するかは理念や事業計画によって変化しますが、基本は以下の4点です。
・自ら考え、判断し、行動できる
・新しいことを提案し、チャレンジできる
・従来のやり方の問題点に気づき、改善案を提示、実行できる
・多様性を理解し、受け入れられる
問題は、こうした能力をどうやって育てるかということ。株式会社ミィロークコンサルティングの大野祥江氏によれば、次の観点から、育成の方向性を明確することが大切だと言います。

1)人材を育てる目的は?

37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

4月1日スタートの専門職大学で「実務家教員」になれるチャンス

4月1日スタートの専門職大学で「実務家教員」になれるチャンス

4月1日、「専門職大学・短大」の制度がスタートしました。職業に直結した「実務」に重きを置く新しい大学です。社会人のリカレント教育(学び直し)の場だけでなく、社会人が経験と知識を活かし「実務家教員」のキャリアを得られる可能性がひろがります。
海外で活躍するには日本の伝統文化は必須の教養

海外で活躍するには日本の伝統文化は必須の教養

海外で活躍する国際人になるために必要なのは、日本の伝統文化を説明できることであると、国際交流にたずさわる人がよく口にします。その理由や、どんな知識をどこで身につければ良いか解説します。
部下の指導・育成の悩みはプログラミングの勉強が役に立つ!?

部下の指導・育成の悩みはプログラミングの勉強が役に立つ!?

2020年度から小学校の授業でプログラミング教育が必須化されます。それでは、これまでプログラミングというものを学んでこなかった人は特に学ぶ必要がないのでしょうか。実はプログラミングを学ぶことで、部下の指導・教育における問題も解決できるようになります。
【君主論】優れたリーダーが避けるべき2つのこと

【君主論】優れたリーダーが避けるべき2つのこと

従来の道徳や倫理から切り離してリーダーシップを論じたマキァヴェリの「君主論」。君主論では、君主は愛されるよりも怖れられるほうが好ましいとするほか、怖れられる君主であっても、憎まれたり蔑まれてはならないと述べています。それはなぜなのでしょうか。
女性リーダーが部下との関係を良好に保つための4つのコツ

女性リーダーが部下との関係を良好に保つための4つのコツ

リーダーになれば、自分の仕事だけでなく、チームのマネジメントや人材育成に注力することが求められます。風通しのいい雰囲気のなか効率よく仕事を遂行するため、リーダーとして部下とうまくやっていく4つのコツについてご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座