2019年3月11日 更新

人材育成は全社の課題。OJT頼みはもう古い

今、人材育成は急務となっています。少子高齢化が進み、AIなどの新技術が発達する中、企業の成長には人材育成が必要不可欠なのです。なぜOJTだけではダメなのか、どのような人材をどうやって育てたらいいのか、現在の日本企業に必要な人材育成のあり方を掘り下げます。

人材育成は、セミナーや研修だけで完結するものではありません。「採用→開発→定着」という大きな流れがあります。もし社員を大切にせず「使い捨て」にしてしまえば、せっかく育てた人材が定着せず、採用や人材育成のコストばかりかさみます。社員がきちんと自分の成長を感じられるよう、頑張りを評価し、給与面にも反映させるようにしましょう。

4)人材育成自体は目的ではない

人材育成ばかり見ていると、目的を見失うケースがあります。もし経営戦略や計画に大きな変更があった場合は、人材育成の方向性も見直さなければなりません。
求められる人材の基本要件4つ、人材育成に必要な観点4つ、そして人材育成で忘れてはいけない4つ。全社で取り組まなければできないのが、今の人材育成なのです。
【参考URL】
大野祥江、「企業の成長になぜ人材育成が必要か?」、マイベストプロ東京、2017年3月11日、https://mbp-japan.com/tokyo/work-pj/column/1359437/
中小企業金融公庫、「人材育成の必要性/方向性」、株式会社経営ソフトリサーチ・レファレンス事業部、http://www.jrs.ne.jp/sample/pdf/17111401.pdf

Anshi

より充実した素敵な生き方に——一過性のブームに流されない「選ぶ生き方」を掲げ、世の中に氾濫する雑多な情報から本当に役立つものをご紹介しています。
37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

4月1日スタートの専門職大学で「実務家教員」になれるチャンス

4月1日スタートの専門職大学で「実務家教員」になれるチャンス

4月1日、「専門職大学・短大」の制度がスタートしました。職業に直結した「実務」に重きを置く新しい大学です。社会人のリカレント教育(学び直し)の場だけでなく、社会人が経験と知識を活かし「実務家教員」のキャリアを得られる可能性がひろがります。
海外で活躍するには日本の伝統文化は必須の教養

海外で活躍するには日本の伝統文化は必須の教養

海外で活躍する国際人になるために必要なのは、日本の伝統文化を説明できることであると、国際交流にたずさわる人がよく口にします。その理由や、どんな知識をどこで身につければ良いか解説します。
部下の指導・育成の悩みはプログラミングの勉強が役に立つ!?

部下の指導・育成の悩みはプログラミングの勉強が役に立つ!?

2020年度から小学校の授業でプログラミング教育が必須化されます。それでは、これまでプログラミングというものを学んでこなかった人は特に学ぶ必要がないのでしょうか。実はプログラミングを学ぶことで、部下の指導・教育における問題も解決できるようになります。
【君主論】優れたリーダーが避けるべき2つのこと

【君主論】優れたリーダーが避けるべき2つのこと

従来の道徳や倫理から切り離してリーダーシップを論じたマキァヴェリの「君主論」。君主論では、君主は愛されるよりも怖れられるほうが好ましいとするほか、怖れられる君主であっても、憎まれたり蔑まれてはならないと述べています。それはなぜなのでしょうか。
女性リーダーが部下との関係を良好に保つための4つのコツ

女性リーダーが部下との関係を良好に保つための4つのコツ

リーダーになれば、自分の仕事だけでなく、チームのマネジメントや人材育成に注力することが求められます。風通しのいい雰囲気のなか効率よく仕事を遂行するため、リーダーとして部下とうまくやっていく4つのコツについてご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座