2018年7月14日 更新

イタリアの成人男性は71%親と同居している!マザコンを助長する強い母性とは

イタリア男といえば、典型的な女たらしであると同時にマザコンとしても世界的に有名です。お料理が上手でふっくらとした体型のイタリアンマンマ像と、そのマンマに頭が上がらないイタリア男、という構図は定番化しています。 実際の親子関係とは、どんなものなのでしょうか。

gettyimages (17482)

2018.7.14

長友選手が発した「アモーレ」は夫婦げんかの時にも使われる

gettyimages (17410)

インテルで活躍していたサッカーの長友選手が、婚約者のことを「アモーレ」と呼んだのは記憶に新しいところです。
イタリアではこの「アモーレ」という言葉は、家族や恋愛関係にある相手に頻々と使われており、大げさに言えば夫婦げんかの最中にも飛び出す言葉なのです。
「アモーレ」と並んで愛する相手を呼ぶ言葉には、「テゾーロ」があります。これは、「宝物」のこと。「愛する人」だの「宝物」だのと呼ばれて有頂天になっていると、けんかの最中にもこの呼び方をされて、結局のところ「君」とか「おまえ」あたりと同じ使われ方をしていると気づくのです。
しかし、生まれた時からこうした愛の言葉で呼ばれ続けることは、あまり愛の言葉をあからさまにしない日本と比べると心理的に何らかの相違が生まれるのは当然のことかもしれません。
「母」であることはなににも勝る免罪符であり、それこそ路上で息子を抱擁しキスをしようが、頬を撫でて愛しげに見つめようが、周囲の人も気にも留めません。
もともと、イタリアは人間同士の肉体的接触が多い国でもあり、日本人から見ると奇異に見えるほど老若男女問わず体を触れ合う習慣があることも確かです。
しかし、自分のパートナーがここまで母親に密着していることは、女性であれば誰でも不快になるのが当然。よってイタリアは、「嫁vs姑」のバトルも激しいことで知られているのです。

聖母信仰さかんなイタリアにおける「母」

gettyimages (17418)

キリスト教が国教のイタリアは、特に聖母信仰が強い国でもあります。プロテスタントの教えには聖母信仰がありませんが、バチカンを総本山とするカトリックにはイエス・キリストだけではなく、その母マリアも信仰の対象になるのです。
この聖母信仰は、歴史の中でしばしば「カルト」扱いされるほど熱く盛り上がることもありました。ミケランジェロが制作した「ピエタ」を思い出してください。
死せるイエス・キリストが、美しい母マリアに抱かれているあの姿を。あれは、イタリアだからこそ生まれた芸術なのかもしれません。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈DaiGo〉 お金とは、自由と交換するための引換券。

〈DaiGo〉 お金とは、自由と交換するための引換券。

動画サイトやブログで圧倒的なフォロワーを集め、書店では山積みにされた著書が 次々に売れていく── 若くして多くの人が 知る存在となったDaiGoさん。しかし、その生業を正確に知る人は多くないのではないでしょうか。
幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

億万長者というと、自分とは関係がないような気がしてしまいます。さらに、幸せとは言い難い人生を送っている印象が強いものです。しかし、世の中には、知名度は高くなくても、幸せな生き方をしている億万長者もいるようです。 岡崎太郎著『億万長者のすごい習慣』 より、上品で素敵な人生を送る億万長者の習慣をご紹介します。
キャリアアップか?チェンジか?「チェンジ」して「アップ」した渋沢栄一

キャリアアップか?チェンジか?「チェンジ」して「アップ」した渋沢栄一

「キャリアアップ」「キャリアチェンジ」の違いがわかりますか? 専門性を磨くキャリアアップと比べると、専門性をご破算にして一から出直すキャリアチェンジは覚悟とエネルギーが必要ですが、幕末、明治の激動の時代、両方やってのけたのが渋沢栄一でした。
英会話勉強法:本気で上達したい人のための海外ドラマ・映画6選

英会話勉強法:本気で上達したい人のための海外ドラマ・映画6選

海外からの観光客や外国人労働者が増え、東京2020も控える日本。そろそろ本気で英会話を何とかしたいと考えていても、なかなかスクールでは上達しなかった人もいるかもしれません。そこで、自宅でできる海外ドラマや映画を用いた勉強法とレベル別おすすめ作品を紹介します。
日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

11月11日は「電池の日」。10月9日、「リチウムイオン電池」開発の功績で吉野彰博士がノーベル化学賞を受賞しました。「全樹脂電池」「リチウム空気電池」「全固体電池」など次世代電池の開発競争もますます盛んで、最前線では日本人科学者も活躍しています。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

井澤 佐知子 井澤 佐知子