2017年12月7日 更新

〈佐渡島庸平〉〜宇宙に遊びが生まれ、遊びが信用を生む可能性〜「宇宙とお金」インタビュー[第2回]

「宇宙とお⾦」をテーマに、株式会社コルク代表の佐渡島庸平さんにお話を伺う第2弾です。

2017.11.30

■⼈はお⾦⾃体とは疎遠になっていくのではないかという仮説

STAGE 編集部:仮想通貨がポピュラーになり、お⾦も未来は形が変わるかもしれません。AI の登場による仕事の変化、⼈間は宇宙にどのように関わっていくのか。佐渡島さんが考える未来を教えてください。
佐渡島さん:お⾦は⼈間としての信⽤ポイントみたいなもので、信⽤があれば、みんな喜んで協⼒してくれます。ただ、お⾦は信⽤の可視化の部分だと⾔っても、信⽤がお⾦に替わるときに何かがものすごくロスされているんです。発電所から家庭に届く電⼒が相当ロスされるのと同じです。お⾦をもう⼀回信⽤に変える時はさらにそうです。信⽤がたくさんある⼈は、うさん臭く思われないのに、なぜかお⾦がたくさんあると、うさん臭く思われるっていうことがあって。すごいロスが起きているんです。
最近出てきた「タイムバンク」って、⾯⽩いですよね。そこで結果さえ出していけば、数時間しか働かなくても、もう⼗分⽣活できるみたいなことって起きてきちゃうわけです。それなら、そのための信⽤はどう貯めればいいのかっていうことを考えればいい。
今まではみんなお⾦をどうやって貯めればいいのかって考えていたのが、ほぼニアリーイコールで信⽤ってどうやって貯めればいいのかっていう本質的な問いだけ問えばいいという状況になりつつある。
今まで、やっぱり1回信⽤をお⾦に替えていたわけじゃないですか。これからは、信⽤を信⽤に替えて何かを⾏うっていうことがすごくやりやすくなってくるっていう状態かなとは思いますよね。変換するときのロスがないというか。
そういう意味で、⼈は「お⾦⾃体」から遠ざかると思います。
STAGE 編集部:インターネット上で仮想通貨として、個⼈トークンも出せる時代になりました。確かにお⾦の在り⽅は変わりそうです。
佐渡島さん:そうですね、ある種の信⽤をやり取りするルールが整備されるかどうかというところですね。上場みたいなルールがどう出てくるか。ルールの整備の仕⽅は、試⾏錯誤がいっぱい⾏われるはずだし、途中でこの前のバリューで起きたみたいなトラブル※が起きたりするでしょう。けれど、そもそものトラブルも最終的には収束する。トラブルによってその変化の速さが変わったりはするんだろうなぁって思っています。そちらへの流れは不可避なので。だから「お⾦⾃体」は遠くなってくると思うんですけど、宇宙は近くなってるなと思うんですよね。

■宇宙に遊びが⽣まれ、遊びが信⽤を⽣む可能性

佐渡島さん:今は宇宙に⾏くっていうのが、すごくお⾦がかかるから、とてつもない⼤義がないと無理なんです。例えば誰かが⽉⾯着陸しましょうと⾔うときの理由が、「みんながワクワクするために」じゃ⼤義にならなくて、科学的に何か進歩するじゃないとダメなんです。その⼤義が今⽤意できなくなっているんだけど、⼤義が必要ない状態になると、⾯⽩いものが出てくると思ってるんですよね。だって、本を書くときに、作家には⼤義が必要ないじゃないですか。みんなを楽しませたいから書いていいわけで。つまり⼤義が必要ないものの⽅が遊びは向いている。というか、遊びは⼤義があっちゃ逆にダメなんです。
堀江貴⽂さんの出資しているインターステラテクノロジズが⽬指しているように、ロケットも⼿軽に打ち上げられるようになるはずです。そのうち、宇宙に遊びが⽣まれてくるなと思いますね。
STAGE 編集部:宇宙に遊びが⽣まれるって、聞くだけでワクワクしますね。
佐渡島さん:で、お⾦っていうのはやっぱり、遊びが⼊り込む余地がすごくなかったわけですよね。これが、信⽤と信⽤の交換が起きてくるようになると、遊びが最も信⽤を満たす可能性があって。これからは遊びを考える⼈たち、エンターテイメントを考える⼈たちが強くなってくるんじゃないかなぁって思ってるんですよね。だからお⾦を⽣み出すだけのAI の価値ってすごい少なくて、エンターテイメントを⽣み出すAI の⽅の価値が⾼いんじゃないかなぁと思っています。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
Life is Tech!でIT教育を受ける中高生がいますごい

Life is Tech!でIT教育を受ける中高生がいますごい

小学校での必修化決定後、キッズプログラミングスクールは雨後の筍のように乱立状態。どこが良いのか判断も難しいですよね。そんな折、長男の友人が遊びに来てLife is Tech!(以下LIT)を紹介していきました。LITパーカーを普段着する彼はあまりにも嬉々としていたので、調べてみました。
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部