2017年12月7日 更新

〈佐渡島庸平〉〜宇宙に遊びが生まれ、遊びが信用を生む可能性〜「宇宙とお金」インタビュー[第2回]

「宇宙とお⾦」をテーマに、株式会社コルク代表の佐渡島庸平さんにお話を伺う第2弾です。

2017.11.30

■⼈はお⾦⾃体とは疎遠になっていくのではないかという仮説

STAGE 編集部:仮想通貨がポピュラーになり、お⾦も未来は形が変わるかもしれません。AI の登場による仕事の変化、⼈間は宇宙にどのように関わっていくのか。佐渡島さんが考える未来を教えてください。
佐渡島さん:お⾦は⼈間としての信⽤ポイントみたいなもので、信⽤があれば、みんな喜んで協⼒してくれます。ただ、お⾦は信⽤の可視化の部分だと⾔っても、信⽤がお⾦に替わるときに何かがものすごくロスされているんです。発電所から家庭に届く電⼒が相当ロスされるのと同じです。お⾦をもう⼀回信⽤に変える時はさらにそうです。信⽤がたくさんある⼈は、うさん臭く思われないのに、なぜかお⾦がたくさんあると、うさん臭く思われるっていうことがあって。すごいロスが起きているんです。
最近出てきた「タイムバンク」って、⾯⽩いですよね。そこで結果さえ出していけば、数時間しか働かなくても、もう⼗分⽣活できるみたいなことって起きてきちゃうわけです。それなら、そのための信⽤はどう貯めればいいのかっていうことを考えればいい。
今まではみんなお⾦をどうやって貯めればいいのかって考えていたのが、ほぼニアリーイコールで信⽤ってどうやって貯めればいいのかっていう本質的な問いだけ問えばいいという状況になりつつある。
今まで、やっぱり1回信⽤をお⾦に替えていたわけじゃないですか。これからは、信⽤を信⽤に替えて何かを⾏うっていうことがすごくやりやすくなってくるっていう状態かなとは思いますよね。変換するときのロスがないというか。
そういう意味で、⼈は「お⾦⾃体」から遠ざかると思います。
STAGE 編集部:インターネット上で仮想通貨として、個⼈トークンも出せる時代になりました。確かにお⾦の在り⽅は変わりそうです。
佐渡島さん:そうですね、ある種の信⽤をやり取りするルールが整備されるかどうかというところですね。上場みたいなルールがどう出てくるか。ルールの整備の仕⽅は、試⾏錯誤がいっぱい⾏われるはずだし、途中でこの前のバリューで起きたみたいなトラブル※が起きたりするでしょう。けれど、そもそものトラブルも最終的には収束する。トラブルによってその変化の速さが変わったりはするんだろうなぁって思っています。そちらへの流れは不可避なので。だから「お⾦⾃体」は遠くなってくると思うんですけど、宇宙は近くなってるなと思うんですよね。

■宇宙に遊びが⽣まれ、遊びが信⽤を⽣む可能性

佐渡島さん:今は宇宙に⾏くっていうのが、すごくお⾦がかかるから、とてつもない⼤義がないと無理なんです。例えば誰かが⽉⾯着陸しましょうと⾔うときの理由が、「みんながワクワクするために」じゃ⼤義にならなくて、科学的に何か進歩するじゃないとダメなんです。その⼤義が今⽤意できなくなっているんだけど、⼤義が必要ない状態になると、⾯⽩いものが出てくると思ってるんですよね。だって、本を書くときに、作家には⼤義が必要ないじゃないですか。みんなを楽しませたいから書いていいわけで。つまり⼤義が必要ないものの⽅が遊びは向いている。というか、遊びは⼤義があっちゃ逆にダメなんです。
堀江貴⽂さんの出資しているインターステラテクノロジズが⽬指しているように、ロケットも⼿軽に打ち上げられるようになるはずです。そのうち、宇宙に遊びが⽣まれてくるなと思いますね。
STAGE 編集部:宇宙に遊びが⽣まれるって、聞くだけでワクワクしますね。
佐渡島さん:で、お⾦っていうのはやっぱり、遊びが⼊り込む余地がすごくなかったわけですよね。これが、信⽤と信⽤の交換が起きてくるようになると、遊びが最も信⽤を満たす可能性があって。これからは遊びを考える⼈たち、エンターテイメントを考える⼈たちが強くなってくるんじゃないかなぁって思ってるんですよね。だからお⾦を⽣み出すだけのAI の価値ってすごい少なくて、エンターテイメントを⽣み出すAI の⽅の価値が⾼いんじゃないかなぁと思っています。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈佐渡島庸平〉〜「ワクワクする」を起点に企画する〜「宇宙とお金」インタビュー[第1回]

〈佐渡島庸平〉〜「ワクワクする」を起点に企画する〜「宇宙とお金」インタビュー[第1回]

「宇宙とお⾦」というテーマで、株式会社コルク代表の佐渡島庸平さんにお話を伺いました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?
〈佐渡島庸平〉〜信用を可視化する方法〜インタビュー「宇宙とお金」[第3回]

〈佐渡島庸平〉〜信用を可視化する方法〜インタビュー「宇宙とお金」[第3回]

佐渡島庸平さんに聞く「宇宙とお金」インタビュー最終回です。
「考えない仕組み化」で「考える時間」をつくりだす

「考えない仕組み化」で「考える時間」をつくりだす

気合いと根性だけでは、仕事は長続きしません。では、どうするか?——おすすめは「自分が働かなくてもいい仕事は、『仕組み』に働かせる」という考え方です。効率化に悩むビジネスパーソンへ、泉正人のベストセラー『「仕組み」仕事術』よりスペシャル版としてお届けします!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座