2018年8月10日 更新

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。

「お金」との付き合い方は、収入や状況によって変えていく必要があります。
ただ、お金のことはなかなか人に相談しづらいもの。加えて、正しく情報をとりいれないと、差が出てしまう領域でもあります。
誰かに相談したい、お金を増やすちょっとしたコツを教えてほしい……そんなニーズから「ファイナンスジム」は生まれたようです。
「ファイナンスジム」では、ジムに通ってフィジカルトレーニングやダイエットメニューをこなすように、パーソナルコンサルタントがつき、お金の使い方について日々改善トレーニングを行います。最終的には、目標額が貯めることができ、お金を増やせるライフスタイルを獲得することを目的としています。NY ではかなりポピュラーな存在です。
保険や住宅購入の際にFP が相談に乗ってくれることはありますが、あくまでも商品ありき。本当に自分にとって正しい知識なのかは疑問ですよね。
いま、本場NY さながらの、ファイナンスジム「bookee(ブーキー)」が日本に登場とのことで、実際に体験している人に詳しく聞いてみました。

結婚して1 年、大事なお金のことをきちんと知る機会だと思った

STAGE 編集部:元あいのりのクロちゃんが、「ファイナンスジム」なるものに通い始めたという噂をキャッチしましたので、詳しく聞かせていただけますか。
まずは、どうしてファイナンスジム「bookee(ブーキー)」の存在を知ったのですか?
クロさん:はじめは、友達に紹介してもらったんです。実は、結婚して、昨日で1 年だったんです。
STAGE 編集部:おめでとうございます!
クロさん:ありがとうございます。それで、自分たちなりに、一応、家計というか、貯金のことも考えていたところだったので。すごくいい機会だと思って、始めてみました。最初は、独断というか自分で決めたんですけど。
STAGE 編集部:しっかりされてますね。もとからお金について、興味があったのですか。
クロさん:結構ケチというか、しっかりはしているほうだと思います。でも、結婚しても完全に専業という感じでもないし、家計もバラバラで、やりくりの仕方とかが、あまりよく分からなかったので。夫婦2 人だけの独自のやり方でいいのかな、って。
STAGE 編集部:すごいですね(笑)。ところで、パートナーは、ファイナンスジムに通うことをすぐ賛成してくれたんですか?
クロさん:旦那のほうが、もう既に不動産を持っていたりとか、私より、結構しっかりしていて、相談していたら、「えっ、そういうのあるんだ、いいじゃん」という感じでした。
81 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈DaiGo〉 お金とは、自由と交換するための引換券。

〈DaiGo〉 お金とは、自由と交換するための引換券。

動画サイトやブログで圧倒的なフォロワーを集め、書店では山積みにされた著書が 次々に売れていく── 若くして多くの人が 知る存在となったDaiGoさん。しかし、その生業を正確に知る人は多くないのではないでしょうか。
幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

億万長者というと、自分とは関係がないような気がしてしまいます。さらに、幸せとは言い難い人生を送っている印象が強いものです。しかし、世の中には、知名度は高くなくても、幸せな生き方をしている億万長者もいるようです。 岡崎太郎著『億万長者のすごい習慣』 より、上品で素敵な人生を送る億万長者の習慣をご紹介します。
キャリアアップか?チェンジか?「チェンジ」して「アップ」した渋沢栄一

キャリアアップか?チェンジか?「チェンジ」して「アップ」した渋沢栄一

「キャリアアップ」「キャリアチェンジ」の違いがわかりますか? 専門性を磨くキャリアアップと比べると、専門性をご破算にして一から出直すキャリアチェンジは覚悟とエネルギーが必要ですが、幕末、明治の激動の時代、両方やってのけたのが渋沢栄一でした。
英会話勉強法:本気で上達したい人のための海外ドラマ・映画6選

英会話勉強法:本気で上達したい人のための海外ドラマ・映画6選

海外からの観光客や外国人労働者が増え、東京2020も控える日本。そろそろ本気で英会話を何とかしたいと考えていても、なかなかスクールでは上達しなかった人もいるかもしれません。そこで、自宅でできる海外ドラマや映画を用いた勉強法とレベル別おすすめ作品を紹介します。
日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

11月11日は「電池の日」。10月9日、「リチウムイオン電池」開発の功績で吉野彰博士がノーベル化学賞を受賞しました。「全樹脂電池」「リチウム空気電池」「全固体電池」など次世代電池の開発競争もますます盛んで、最前線では日本人科学者も活躍しています。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部