2018年8月10日 更新

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。

クロさん:もう、本当にそれは、個人の考えなので。難しいところなんですけど、ちょっとは、抑止力にはなりますね。もう絶対、報告しなきゃいけないと思うと。どう思われるかなと考えますし。
STAGE 編集部:漫然と使うより、ずっといいですね。
クロさん:そうですね。なので、LINE で報告を夫婦でやってみることにしました。そうすると、お互い、あれ何か計上していなくない? そうだった、忘れていたとか、記憶を補えることがわかって。お互い楽しみながら、報告しあっています。結構、お互いマメなので。
STAGE 編集部:彼は嫌がらなかったですか?
クロさん:それが、逆で。本当に良かったです。今まで、使ったお金は、自分でアプリとかにつけていたりはしていたんですが、より詳しく2 人の気持ちをそろえて意識的にできるのはすごくいいですね。
STAGE 編集部:今までは、家計の分担はどうしていたんですか?
クロさん:うーん、やっちん(夫の呼び名)はこっちの家賃負担してね、ですかね。今まで、私は「養われたい願望」が強かったので、だいぶ負担を強いていたかも。今回、家計をお互い見える化したことで、向こうにちょっと負担をかけすぎているのが分かったんですよね。
STAGE 編集部:そうなんですね。
クロさん:何が家計を圧迫しているかとかもわかって。毎日どんどん過ぎて行っちゃうので、普段、なかなか、振り返るタイミングが無いと思うのですけれども。
STAGE 編集部:ファイナンスジムへ通い始めたことが良い機会になった。
クロさん:そう。お互いのポジションや、支出が明確になりますし。私は、彼が色々と無駄遣いをしていると思っていたんですよ。昼も、ウーバーイーツを頼んで、タクシーも乗り回してみたいな。だけど、LINE に書いているのを見ていると、意外にも、全然無駄遣いをしてないんだって気付けたりしました。それは、夫婦間にとって、何かとても大事だと思いました。
STAGE 編集部:夫婦も意外とお互いをわかっていないんですね。
クロさん:そうなんです。思ったよりも、この人は、使ってなかったんだと思ったら、何
かもう「ごめんね」みたいな気持ちに。無駄に使っていると思うから、家事の分担も、求
めちゃっていたんですけど。
STAGE 編集部:優しくなれる。
クロさん:そう。初めてよかったです、本当に。
81 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オリパラ登用の「分身ロボット」にみる人間とロボットの未来

オリパラ登用の「分身ロボット」にみる人間とロボットの未来

日本の最新AIロボットは知能に加えて生活をサポートできる「体」を持ったものが増えています。2019年に実証実験が始まったAIロボットや東京オリパラで活躍予定のロボット、重度障がい者の働きがいにつながる「分身ロボットカフェ」に注目が集まっています。
堀江貴文×西野亮廣の痛烈アドバイス!「バカと付き合うな」

堀江貴文×西野亮廣の痛烈アドバイス!「バカと付き合うな」

実業家・堀江貴文氏と芸人・西野亮廣氏の共著『バカと付き合うな』。2人とも日頃からいろんな発言が議論を呼び、もはや日本の炎上ツートップなのでは? と個人的に思っているのですが、彼らの炎上発言の特徴は「必ず賛否両論になる」こと。突飛なことを言い過ぎても興味を持たれないし、ただ悪口を言ったのでは叩かれるだけ。その炎上商法はいずれ通用しなくなるでしょう。
廃校スペースが起業オフィスに生まれ変わる!メリットや事例は?

廃校スペースが起業オフィスに生まれ変わる!メリットや事例は?

全国でいま年間約500校のペースで「廃校」が生まれています。それを利用し、起業家やスタートアップ企業にシェアオフィスを格安で貸す施設が増えています。その最大のメリットは月々1万円台から安く借りられ、起業の初期費用を抑えられることでしょう。
「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

ブータンは、北は中国・南はインドに挟まれる南アジアの国家で、「世界一幸福度が高い国」とも言われています。独特の仏教文化を色濃く残しており、他の国にはない魅力で溢れています。
未来創造 「自分がどうなりたいか」のイメージを明確にする

未来創造 「自分がどうなりたいか」のイメージを明確にする

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部