2019年4月11日 更新

仕事で成功するために「デザイン思考」が大きく関係する理由

ビジネスの場でよく目にする「デザイン思考」。しかし、ビジネスにおいてどのように役立つのか、いまいちわからないという方も少なくないでしょう。今回は仕事に取り組む姿勢そのものを変える、デザイン思考について説明します。

そもそも、そのような資料やデータがなぜ必要なのかを理解する必要があります。もしかすると、その目的のためには指示が適切ではない可能性があるからです。
その目的の確認にはふたつのアプローチがあります。まずヒアリングによって目的を確認し、とりあえず試作品とも言える成果物を提出して確認してもらいます。これはデザインにおいても行う行為ですが、顧客の潜在的なニーズを引き出すことにつながります。
デザインの専門家ではない顧客は、どんなデザインが必要なのかはわかりません。あるいはシステム開発の専門家ではない顧客は、自身が求めるシステムにはどのような機能が必要なのかが理解しにくいでしょう。それをいかに引き出すかがデザイナーの仕事であり、それこそがデザイン思考となります。
まずヒアリングによって、何のために求める成果物が必要なのかを確認します。そのうえで自分なりに必要と思える作業を行い、とりあえず試作の段階で確認してもらいます。
するとこんな情報が足りない、あるいはこのような分析も必要になるという、当初の指示にはなかったあらたな要望が生まれます、それを元にふたたび作業を行い、同じようにフィードバックを受けて完成形に近づけていきます。
デザイン思考では、常に相手のニーズを自分から導き出すという考え方が必要です。顧客やほかの部署、上司は常に的確な指示を出せるわけではありません。その指示を鵜呑みにするのではなく、その目的を明確にしなければならないのです。そしてその目的とは、究極的には世の中をより良いものにするということです。そこから逆算して顧客が必要とするもの、会社が提供すべきもの、そのために社内でどのように連携を取るのかを考えれば、自分がすべきことがわかります。
デザイナーは顧客自身も把握できないニーズを掘り起こして成果物を提供することで、その価値に見合う対価を得ます。
その考え方はビジネスパーソンにも必要です。デザイン思考を身につければ、収入というものは与えられた仕事をこなして会社から貰うものではなく、世の中をより良いものとする対価であることに気づくでしょう。
つまり自分が提供する成果物の価値によって、自分の収入はいくらでも増やせることに気づくと思います。
gettyimages (35870)

まとめ

デザイン思考のためには、究極的には世界経済やコンプライアンスといったことも勉強する必要があるとわかります。顧客の利益を確保するためには必要な情報だからです。そのうえで、自分が何をすべきかが明確になりますし、その価値を認められることで、結果的にその対価としての収入を増やすことにもつながります。

future_captain

仕事の中で発見した“変動”のリズムから投資に目覚め、株式のうねり取りを得意とする。またポーカーの腕はかなりのもの。トーナメントに勝ち進むスキルは身に付けたが、その先のプレイ時間を確保できないのが悩み
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和という新時代を迎え、働き方の変化を少しずつ肌で感じる昨今です。取り残されないためにも、私たちはもっと意識的に自身をアップデートしていかなくてはなりません。 小山龍介著『仕事のスピードを上げながら質を高める 最強のライフハック100』 より、今すぐにでもできそうなライフハックをご紹介します。
音楽の力で仕事を効率化する!その効果と実例とは

音楽の力で仕事を効率化する!その効果と実例とは

音楽を利用することで、仕事を効率化させようという取り組みがあります。これは音楽が心理的に作用することで、集中力が高まりミスが減るといった効果があるからです。実際にどのような音楽を流すと仕事を効率化できるのかをご紹介します。
問題を正しく速く解決できる人の4つのステップとは

問題を正しく速く解決できる人の4つのステップとは

変化の激しいスピード感あるビジネスの現場において、さまざまな問題を正しく適切に解決していくということは簡単ではありません。 寺下薫著『世界一速い問題解決』 より、どんな問題であってもスピーディーに実行できるメソッドをご紹介します。
時間管理のコツ〜時間の使い方を見直して生産性を高めよう

時間管理のコツ〜時間の使い方を見直して生産性を高めよう

仕事ができる人は時間の使い方も上手です。どんなに忙しくてもプライベートの時間を削ることなく、きちんとスケジュール管理して仕事を終わらせています。時間管理のコツをつかんで効率よく日々の業務をこなしましょう。
上司と部下の関係性でカギとなるのは「ほどよい距離感」

上司と部下の関係性でカギとなるのは「ほどよい距離感」

上司が部下との関係を良好なものにしたいと思うあまり、距離が近づきすぎるケースもあります。距離が近いことは、メリットになる場面もあれば、一方でさまざまな弊害を生み出すことも。今回は、上司と部下の関係で重要ないくつかのポイントをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部