2019年8月26日 更新

チームワーク力=協調性ではない?団結力を高めるためにすべきこと

チームワーク力と協調性は決してイコールではありません。メンバーが同じ目標に向かって力を合わせることが求められます。チームワーク力を高めるための理想のチームとは、リーダーやメンバーの心構え、企業の取り組みなどを解説します。

gettyimages (45586)

2019.8.26

チームワーク力とは どんなチームが理想?

gettyimages (45588)

チームワーク力とは具体的にどのようなものでしょうか。
チームとは同じ目的を持つメンバーが協力して活動する組織を意味します。単純にメンバーが独自の能力を提供する以外に、お互いが協力し合うことで個人の力以上の能力を生み出すことがチームワーク力と言えます。(※1)
次に、どんなチームであれば、生産性のあるプロジェクトを円滑に進められるかについて紹介します。

理想のチーム1:得意分野が違う同士が集まったチーム

チームワークとは、属するメンバー全員の能力をひとつのものとして考えます。つまり、メンバーそれぞれの得意分野が異なれば、それだけチームワーク力の幅が広がるということです。

もしメンバーが得意とする分野がみな同じであれば、その能力では解決できない問題や課題を解決するのに時間がかかります。しかし誰かひとりでもその課題解決に必要な能力を持っていれば、メンバー同士でその能力を共有できます。

結果としてメンバー同士のスキルも向上し、お互いが不得手とする分野をカバーし合うことになります。

理想のチーム2:能力レベルが揃っている

また、チームワーク力とは、それぞれが協力し得意とするスキルを共有して向上する能力です。

つまりチームのメンバーが協力し合ってスキルを提供し共有することで、それぞれの能力が高まりレベルも揃うようになります。このような状態で活動できるチームが理想と言えます。

理想のチーム3:意見交換がしやすい

チームワーク力の高いメンバーは問題や課題を解決するために、誰のスキルを生かせるのかを的確に情報交換します。そしてそのスキルを共有しお互いが習得することで迅速に問題や課題を解決できます。

つまり理想のチームはメンバー同士が自由に意見交換し、目的のために何をすべきかを共有できる状態であると言えます。自発的に意見交換し相互理解できるチームこそが、高いチームワーク力を発揮すると言えるでしょう。(※2)

理想のチーム4:プロジェクトのために時に意見を戦わせられる

組織はメンバーの数が増えるほどに多様な価値観が衝突しやすくなります。チーム内では価値観が違う者同士が意見をぶつけ合うこともあるでしょう。

しかしここで身を引くメンバーがいるのは、良いチームとは言えません。その場の空気が悪くなるかもしれませんが、自分の意見をきちんと伝えることは大事です。そこに他のメンバーが気づかない視点があるかもしれないからです。

ただし対立する意見を出し合った後で、目指すべきゴールに向かう最良の方法は何かをメンバー同士で話し合い、その決定に従うことが重要です。そのように自分の意見に固執せず、お互いを尊重し信頼して柔軟に自分の考えを修正できるメンバーで構成されたチームこそ、理想の形と言えます。(※3)
38 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

デザイン思考とは?今知っておくべきスタンフォード式マインドセット

デザイン思考とは?今知っておくべきスタンフォード式マインドセット

顧客が求めているサービスとは何なのか知りたい。あるいは、新商品のいいアイデアを見つけたい。どんな職業・職種でも、真のニーズや問題を適切に見つけ出し、解決に導く方法を知っておくことは大事であるといえるでしょう。 ジャスパー・ウ著『実践スタンフォード式デザイン思考』 より、これからの時代を生き抜くために必要なデザイン思考という考え方をご紹介します。
クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

どんな業界であっても、新しい物事が常に求められています。そうはいっても、あらかたの題材は出尽くしている現代社会。多くのクリエイターは、どんなスキルを発揮して、日々新鮮なクリエイティブを生み出しているのでしょうか。 松永光弘著『「アタマのやわらかさ」の原理。』 より、編集という視点で新しい物事を見つけ出す考え方をご紹介します。
テレワーク導入の強い味方:日経OFFICE PASS(オフィスパス)を試してみた

テレワーク導入の強い味方:日経OFFICE PASS(オフィスパス)を試してみた

毎月定額で全国のシェアオフィスを利用できる日経の「OFFICE PASS(オフィスパス)」。東京2020に向けて政府主導でテレワークが推奨される中、経費としても扱いやすい仕組みになっています。興味はあるけど評判が気になるーー今回は実際に利用したメリット・デメリットをレビューします。
セルフリーダーシップで生き延びる|正解のない時代で自分の価値を信じる

セルフリーダーシップで生き延びる|正解のない時代で自分の価値を信じる

AIに仕事を奪われるとか、人生100年時代であるとか。この世は、今まで聞いたことがない前例のない世界になりつつあります。スピーディーに意思決定をしていかなければ、ますます時代に取り残されてしまうでしょう。 南章行著『好きなことしか本気になれない。』 より、確固たる正解のない現代を生き延びるための考え方をご紹介します。
「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

かつて「仕事がデキる人」といえば、自分の仕事を一人でこなす「完璧超人」のようなイメージだったかと思います。しかし、最近は働き方の変化により、仕事がデキる人の定義が少しずつ変わってきているのです。 今回は今の時代にこそ必要とされる「仕事の巻き込み力」について紹介していきたいと思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部