2019年6月19日 更新

伝え方で意識するコツは3つだけ!勝負どころはスイッチONが大切

商談やプレゼンなど、ビジネスの場で伝えるという機会は山のようにあります。結果に結びつく伝え方は、どんな職種であっても最重要スキルであるといえるでしょう。 深沢真太郎著『少ない言葉+ていねい+正しそうでOK! 伝わるスイッチ』 より、相手の理解と納得を生む伝え方のコツをご紹介します。

gettyimages (40115)

2019.6.19

勝負どころではスイッチONで話す

つまり、いつもは「OFF」でいい。でも大事な「勝負どころ」では「ON」にする。この切り替えが臨機応変にできること。
10ページより引用
現在、ビジネス数学の専門家であり人材教育コンサルタントとして活動している著者ですが、国内でただ一人のビジネス数学エグゼクティブインストラクターです。
予備校講師や外資系企業での管理職を経験後に独立。数字や論理思考に苦手意識を持つビジネスパーソンを劇的に変えるという指導法が話題になっています。
伝え方のプロフェッショナルであり、決して高度なコミュニケーションスキルを持っているわけではないと自身について語る著者。いつもはOFFの状態であっても、勝負どころでONのスイッチを正しく切り替えることが大事であるといいます。
意識するべきことは、「少ない言葉」「ていねい」「正しそう」の3つだけ。
たしかに、朝礼やプレゼンの場などにおいて、あまり言葉の量が多いと内容がぼやけてしまうこともあります。そして、今の時代において雑な伝え方はNOという反応が出やすいものです。
そもそも、人は他人の話など聞きたくない。だからこそ、ていねいに伝えることは必須であるといえそうです。さらに、「正しい」ではなく、「正しそう」に伝えるということも大事なようです。
正解のないビジネスの世界において、完全に正しいことだけを伝えることは難しいもの。割り切って「正しそう」に伝えるということも、必要な考え方なのかもしれません。
gettyimages (40123)

冒頭に内容を伝えておく

私たちが普段から何気なくしている「分ける」という行為は、いわば整理して把握しやすい状態をつくる行為です。
64ページより引用
実際に話を始めると、予期せぬ質問が始まってしまい、最後まで伝えられないということがあります。そのような状況を避けるためには、本題に入る前に「今から説明する内容は大きく3つに分かれています」などと説明しておくことがコツであるといいます。
説明する要素がいくつあるのかをあらかじめ伝えておくことで、聞き手はその話の構成を把握することができ、わかりやすいと思ってもらえるのだといいます。
さらに、「今からする説明には、キーワードが2つあります」といったフレーズも有効であるのだとか。あらかじめキーワードを用意してあげることで、聞き手は何がポイントであるのかを理解できます。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

手にしたお金を幸せなものにする Happy Moneyの作り方

手にしたお金を幸せなものにする Happy Moneyの作り方

世の中には、いいお金とあまりよくないお金の二種類があるようです。自分が手にしたお金や出しているお金は、はたしてどちらであるといえるのでしょうか。 KenHonda著『一瞬で人生を変えるお金の秘密happy money』 より、過去を見つめ直してより良い未来に向かうHappy Moneyを作り出す考え方をご紹介します。
お金 |
なぜ働き、何を大切にするのか|元スターバックスCEOが教える働く理由

なぜ働き、何を大切にするのか|元スターバックスCEOが教える働く理由

昨今、働き方やスタイルに何かと注目が集まりがちです。しかし、自分が行なっているビジネスにはどんなミッションがあり、それを通じてどう生きていくのかといったことが置き去りになっているのかもしれません。 岩田松雄著『MISSION』 より、人は何のために働き、何を大切にすべきなのかという考え方をご紹介します。
思考を循環させていく

思考を循環させていく

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
「我」を磨けば個性に変わる

「我」を磨けば個性に変わる

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
自己確立 多数の成功体験から自分のかたちをつくっていく

自己確立 多数の成功体験から自分のかたちをつくっていく

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナカセコ エミコ ナカセコ エミコ