2019年7月8日 更新

世界経済界に君臨する女性トップの理想型 ラガルドIMF専務理事とは

フォーブスが選ぶ「世界で最も影響力のある女性100人」で常に上位に名前を連ねる国際通貨基金トップのクリスティーヌ・ラガルド女史は、世界経済のリーダーとしてだけでなく、女性視点からも常に注目を浴びる存在です。理想的な女性トップの秘密を探ってまいりましょう。

2018.11.21

数々の「女性初」という栄冠をつかんだ華麗な経歴

フランス、パリ生まれのクリスティーヌ・ラガルド氏はカトリックの教育を受け、若い頃はシンクロナイズドスイミングの選手として、フランスのオリンピックチームに所属するスポーツ万能選手でした。フランスの東大にあたるENAの受験に2度失敗するも後悔せず、他のグランゼコールで政治学を学んだ後、米国のベーカー&マッケーンジーで弁護士として活躍し、2006年には同社で女性初となる所長に就任しています。
この「女性初」という栄冠が彼女に与えられるのはこれだけに留まりません。フランスのラファラン内閣では農業・漁業相、フィヨン内閣ではフランスで女性初の財務大臣に就任し、G8に参列した女性初の大臣となりました。2011年には世界経済の中枢機関である国際通貨基金(IMF)の専務理事に就任し、女性初のトップとして世界中の注目を集めました。

モード界も注目する一流のファッションセンス

女性初という冠が至る場面で繰り返されるラガルド氏は、経済界だけでなくファッション界からも熱い目が注がれています。水泳選手として鍛えられた長身のボディは、還暦が近い今も昔とほとんど変わらぬスリーサイズを保ち、美しい銀髪と整った目鼻立ちと共に美しい中年女性のお手本にもなっています。
既に「元」が完璧な彼女に、さらに魅力をアップさせているのが、フランス女性らしいエスプリの効いたファッションセンスです。経済トップリーダーの顔と、女性の顔を切り離すことなくうまく調和させるそのテクニックには、世界の女性リーダー達も指標とするヒントが無数に隠れているのです。
職場では洗練されたスーツ、パーテイではエレガントなドレスなどTPOをうまく使い分けて着こなし、彼女のシンボルアイテムとも言えるスカーフやストール使いは、まるでプロのスタイリスト並みと評判で、アクセントとしてのバッグやアクセサリー使いもモード各誌から絶賛されています。エルメス、ヴィトンといった一流ブランドを長年丁寧に使いこなす技は、まさにフランスの上流マダムの品格さえ漂い、一流のキャリアと女性のバランスを最高次元に保っているのです。

女性リーダーの魅力とは

仕事場は戦場でもありますが、「最大の敵は自分の弱さ」であると自認するラガルド氏は、戦闘的な政治経済の舞台においても笑顔を見せることをモットーにし、暗い話題や困難な状況でもユーモアで周りを明るく照らすよう心がけているそうです。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

11月11日は「電池の日」。10月9日、「リチウムイオン電池」開発の功績で吉野彰博士がノーベル化学賞を受賞しました。「全樹脂電池」「リチウム空気電池」「全固体電池」など次世代電池の開発競争もますます盛んで、最前線では日本人科学者も活躍しています。
経済 |
プチプラの次は?フォーエバー21の破綻に見るファッション業界の行方

プチプラの次は?フォーエバー21の破綻に見るファッション業界の行方

断捨離した後の服の行方を考えたことがありますか。経済的な成長の裏にはほとんど犠牲が伴い、堅調な成長を見せるファストファッション市場もその一例です。しかし今、利益追求を優先しすぎたファストファッション業者のモラルと、消費者の良識が問われる時期がきたようです。
経済 |
欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

9月12日に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が発表した総合的な金融緩和策では、欧州の低成長と低インフレの長期化を阻止するのに不十分であると市場の評価は冷ややかです。いかなる金融政策を講じても経済回復に至らない「低成長」「低インフレ」「デフレスパイラル」という日本化が本当に欧州圏で進んでいるのでしょうか。
今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

最近では、トランプ大統領の中央銀行への圧力や世界的に広がる貿易戦争などのトピックスに対して反応が鈍くなっているように感じます。一方で、景気の弱さと企業業績の不透明感が徐々に台頭していることについてはニュースとしてあまり取り上げられてないので知られていません。
ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

マインドフルネスをはじめとした、ウェルネス(健康を維持、増進させようとする生活活動)に興味を持つ人が増えつつあります。ウェルネスツーリズム、アプリなど新たな商品が出回り、今やウェルネス産業の市場規模は4.2兆ドル以上。このブームの実態や背景、昨今のトレンドについて解説します。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部