2018年11月21日 更新

世界経済界に君臨する女性トップの理想型 ラガルドIMF専務理事とは

フォーブスが選ぶ「世界で最も影響力のある女性100人」で常に上位に名前を連ねる国際通貨基金トップのクリスティーヌ・ラガルド女史は、世界経済のリーダーとしてだけでなく、女性視点からも常に注目を浴びる存在です。理想的な女性トップの秘密を探ってまいりましょう。

2018.11.21

数々の「女性初」という栄冠をつかんだ華麗な経歴

フランス、パリ生まれのクリスティーヌ・ラガルド氏はカトリックの教育を受け、若い頃はシンクロナイズドスイミングの選手として、フランスのオリンピックチームに所属するスポーツ万能選手でした。フランスの東大にあたるENAの受験に2度失敗するも後悔せず、他のグランゼコールで政治学を学んだ後、米国のベーカー&マッケーンジーで弁護士として活躍し、2006年には同社で女性初となる所長に就任しています。
この「女性初」という栄冠が彼女に与えられるのはこれだけに留まりません。フランスのラファラン内閣では農業・漁業相、フィヨン内閣ではフランスで女性初の財務大臣に就任し、G8に参列した女性初の大臣となりました。2011年には世界経済の中枢機関である国際通貨基金(IMF)の専務理事に就任し、女性初のトップとして世界中の注目を集めました。

モード界も注目する一流のファッションセンス

女性初という冠が至る場面で繰り返されるラガルド氏は、経済界だけでなくファッション界からも熱い目が注がれています。水泳選手として鍛えられた長身のボディは、還暦が近い今も昔とほとんど変わらぬスリーサイズを保ち、美しい銀髪と整った目鼻立ちと共に美しい中年女性のお手本にもなっています。
既に「元」が完璧な彼女に、さらに魅力をアップさせているのが、フランス女性らしいエスプリの効いたファッションセンスです。経済トップリーダーの顔と、女性の顔を切り離すことなくうまく調和させるそのテクニックには、世界の女性リーダー達も指標とするヒントが無数に隠れているのです。
職場では洗練されたスーツ、パーテイではエレガントなドレスなどTPOをうまく使い分けて着こなし、彼女のシンボルアイテムとも言えるスカーフやストール使いは、まるでプロのスタイリスト並みと評判で、アクセントとしてのバッグやアクセサリー使いもモード各誌から絶賛されています。エルメス、ヴィトンといった一流ブランドを長年丁寧に使いこなす技は、まさにフランスの上流マダムの品格さえ漂い、一流のキャリアと女性のバランスを最高次元に保っているのです。

女性リーダーの魅力とは

仕事場は戦場でもありますが、「最大の敵は自分の弱さ」であると自認するラガルド氏は、戦闘的な政治経済の舞台においても笑顔を見せることをモットーにし、暗い話題や困難な状況でもユーモアで周りを明るく照らすよう心がけているそうです。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部