2019年7月30日 更新

AI社員が人間関係の悩みを改善する?日本の働き方改革につながるか

総務省の調査によると、日本のビジネスパーソンはアメリカに比べてAI(人工知能)の導入が「働き方改革」につながるか、やや懐疑的な見方です。それでもAIの活用で職場の人間関係の改善、働き方改革に役立つように考えられたツールが登場しています。

2019.7.30

日本人はAIによる働き方改善にやや懐疑的

gettyimages (43531)

2019年4月から、働き方改革関連法の適用が順次始まっています。残業時間の「罰則付き上限規制」(原則月45時間、年360時間以内)、5日間の「有給休暇取得」の取得義務化、心身を休める「勤務間インターバル制度」の努力義務(10~11時間)、残業の「割増賃金率50%」の中小企業猶予措置の廃止、「産業医」の機能の強化、「同一労働・同一賃金の原則」の法制化、年収1,075万円以上の「高度プロフェッショナル制度」の創設、「2カ月、3カ月単位のフレックスタイム制導入」などが、その主な内容です。
そんな「ワークライフバランス」を目指す働き方改革で、情報通信技術(ICT)はどんな役割を果たせるのでしょうか?
総務省が日米のビジネスパーソンを対象に調査し2016年3月に発表した「ICTの進化が雇用と働き方に及ぼす影響に関する調査研究」によると、AI(人工知能)の導入で「業務効率・生産性が改善する」と答えた割合(「大きく改善する」「ある程度改善する」「少し改善する」の合計)はアメリカが69.0%、日本が60.0%です。「仕事の意欲が湧く」と答えた割合(「大きく湧く」「ある程度湧く」「少し湧く」の合計)はアメリカが43.4%、日本が29.1%でした。日本人はアメリカ人に比べ、AIの導入で自分の働き方が改善するかどうかにはやや懐疑的という結果でした。
それでも日本のビジネスパーソンにAIの導入・普及が雇用にもたらす影響に選択肢から選ばせると、「少子高齢化の進展に伴う労働力供給の減少を補完できる」「業務効率・生産性が高まり、労働時間の短縮につながる」が上位を占め、「雇用のミスマッチを招く」「人がAIに依存して創意工夫をしなくなる」「AIに雇用を奪われ失業率が上昇する」など否定的な意見は少数にとどまりました。
自由回答欄も「AIは万能ではなく、それで解決できることは限定的」「AIの利活用に適した業務とそうでない業務がある」といったクールな意見はあっても、「仕事がなくなるからAI導入に反対」といった意見はありませんでした。一部のメディアは「AIでこんな職種は捨てられる」などとあおりますが、当のビジネスパーソンは冷静なようです。

AIで働く人の心理状態を判断するツール

gettyimages (43533)

働き方改革に対応して、AIがそれを支援するツールもいろいろ登場しています。
オリックスグループのIT企業ユビテック(本社・東京)は2018年6月、リストバンド型端末を活用して職場環境を可視化し、働き方改革を支援するツール「Next Work」を発売しました。工場、オフィス、店舗などあらゆる業種、職場に対応しています。
働く人がリストバンド型端末を手首に装着すると、脈拍数やストレスなど自分の健康状態のデータをWeb上で確認できます。管理者は全員の健康状態をリアルタイムで把握でき、変調の兆しに気づきやすくなります。
位置情報や作業動線も可視化できるので、業務効率化のための検討データも得られます。経営者は部門ごとの労働時間などの労働状況のデータ、健康状態のデータを職場環境の改善やコンプライアンスの強化に活用できます。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

デザイン思考とは?今知っておくべきスタンフォード式マインドセット

デザイン思考とは?今知っておくべきスタンフォード式マインドセット

顧客が求めているサービスとは何なのか知りたい。あるいは、新商品のいいアイデアを見つけたい。どんな職業・職種でも、真のニーズや問題を適切に見つけ出し、解決に導く方法を知っておくことは大事であるといえるでしょう。 ジャスパー・ウ著『実践スタンフォード式デザイン思考』 より、これからの時代を生き抜くために必要なデザイン思考という考え方をご紹介します。
クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

どんな業界であっても、新しい物事が常に求められています。そうはいっても、あらかたの題材は出尽くしている現代社会。多くのクリエイターは、どんなスキルを発揮して、日々新鮮なクリエイティブを生み出しているのでしょうか。 松永光弘著『「アタマのやわらかさ」の原理。』 より、編集という視点で新しい物事を見つけ出す考え方をご紹介します。
テレワーク導入の強い味方:日経OFFICE PASS(オフィスパス)を試してみた

テレワーク導入の強い味方:日経OFFICE PASS(オフィスパス)を試してみた

毎月定額で全国のシェアオフィスを利用できる日経の「OFFICE PASS(オフィスパス)」。東京2020に向けて政府主導でテレワークが推奨される中、経費としても扱いやすい仕組みになっています。興味はあるけど評判が気になるーー今回は実際に利用したメリット・デメリットをレビューします。
セルフリーダーシップで生き延びる|正解のない時代で自分の価値を信じる

セルフリーダーシップで生き延びる|正解のない時代で自分の価値を信じる

AIに仕事を奪われるとか、人生100年時代であるとか。この世は、今まで聞いたことがない前例のない世界になりつつあります。スピーディーに意思決定をしていかなければ、ますます時代に取り残されてしまうでしょう。 南章行著『好きなことしか本気になれない。』 より、確固たる正解のない現代を生き延びるための考え方をご紹介します。
「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

かつて「仕事がデキる人」といえば、自分の仕事を一人でこなす「完璧超人」のようなイメージだったかと思います。しかし、最近は働き方の変化により、仕事がデキる人の定義が少しずつ変わってきているのです。 今回は今の時代にこそ必要とされる「仕事の巻き込み力」について紹介していきたいと思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座

ファイナンシャルアカデミー公式SNS