2019年7月19日 更新

キャッシュレス決済の種類は3×3通り?メリット・デメリット比較

「最近キャッシュレス決済の種類が多くて、よく分からない。」このような方も少なくないでしょう。それでも、消費税増税に伴って、キャッシュレス決済でのポイント還元制度の発表などもあり、否が応でも気にせざるを得ませんね。キャッシュレス決済の種類と、その特徴を整理しました。

gettyimages (42930)

2019.7.19

キャッシュレス決済の種類は3×3?

gettyimages (42926)

まず、キャッシュレス決済の種類ですが、「決済方式3種類」×「清算方式3種類」の組み合わせで整理・理解が可能です。

決済方式3種類

㈰国際ブランドマーク付カード方式、㈪ICチップ読み取り方式、㈫QRコード/バーコード読み取り方式

清算方式3種類

㈰前払い(プリペイド)方式、㈪即時払い(リアルタイムペイド)方式、㈫後払い(ポストペイド)方式
以下、「決済方式3種類」を軸にして解説してみましょう。

キャッシュレス決済の種類その1:国際ブランドマーク付カード方式

国際ブランドの決済システムを採用したキャッシュレス決済方式で、従来からあるクレジットカードが典型です。カード上には、VISAやMaster、AMEX、Diners、JCBなどの国際ブランドマークが表示されています。昨今では、信用力が低い方でも保有できるデビットカードや、プリペイド方式クレジットカードも急速に普及中です。紛失・盗難の際には、すぐに気付いて速やかに届け出れば、損害補償されるケースも少なくありません。

クレジットカード

最も一般的なキャッシュレス決済ですね。後払い(ポストペイド)方式で、後日(月1回)、指定銀行口座からの引き落としです。加入のための審査があり、分割払い・リボ払いなども可能なカードが主流です。銀行口座に残金がなくても決済できますので、使いすぎのリスクがあります。
43 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

手にしたお金を幸せなものにする Happy Moneyの作り方

手にしたお金を幸せなものにする Happy Moneyの作り方

世の中には、いいお金とあまりよくないお金の二種類があるようです。自分が手にしたお金や出しているお金は、はたしてどちらであるといえるのでしょうか。 KenHonda著『一瞬で人生を変えるお金の秘密happy money』 より、過去を見つめ直してより良い未来に向かうHappy Moneyを作り出す考え方をご紹介します。
お金 |
富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層が欲しいものと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。都心部の高級マンションやクルーザー、節税対策にもなる高級リゾートホテルの会員権でしょうか。ところが、実際の富裕層が欲しいものは、「目に見えないもの」が大半なのですね。一般層とは発想から異なっています。
お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちほど寄付行為に熱心なのは、昨今広く知られるようになってきました。とりわけ、アメリカ(米国)などキリスト教文化圏では、成功したお金持ちがDonation(寄付・献金)を行うことは当然と看做されてもいますね。お金持ちがなぜ寄付行為を積極的に行うのかを考えます。
お金持ちは財布持たない?気になるあの人のお金の管理方法を紹介

お金持ちは財布持たない?気になるあの人のお金の管理方法を紹介

お金持ちの人の財布事情を知りたいと人は多いのではないでしょうか? 高級ブランドの財布や長財布に紙幣やカードがたくさん入っているのを想像してしまいますよね。 実は、お金持ちの人は財布を持たないことがあります・ 財布を持たないってどうやってお金を管理してるの?と疑問に思う人もいると思います。 そこで、今回はお金持ちの人の財布を持たない理由や共通点、管理方法をご紹介します。
なぜキャッシュレス化を進めるのか。日本の狙いとは

なぜキャッシュレス化を進めるのか。日本の狙いとは

日本では政府主導でキャッシュレス化を推進しています。なぜそこまでキャッシュレスを普及させる必要があるのでしょうか。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部