2019年3月29日 更新

AIが普及しても人間の力が必要になる仕事とは?

近年、すさまじい勢いでAIの普及が加速しています。ビジネスシーンにおいても、AIが人間にとって代わるシーンも増えていくと想定されるのが現状です。そんな状況でも、AIではなく人の力が必要になる仕事とはどういったものなのか、ご紹介していきます。

gettyimages (34802)

2019.3.29
今やっている仕事は、これからも人間を必要するものなのでしょうか? 近年AIの普及に伴って心配されるのが「人間の役目がAIに代わられること」。今回は、AIの普及にも流されない仕事とはどういったものなのか、考えていきます。

AIは単純明快な仕事・応対に適正あり

AIは何事も素早く処理できて、万能であるというイメージがあるのではないでしょうか?しかし、AIは単純明快な業務に適正があります。いわゆる「1+1=2」といった、わかりやすい答えに対応する場合、膨大なデータを分析する場合などに優れた能力を発揮します。

たとえばソフトバンクショップなどで見かける「ペッパー」。基本的な疑問解決・応対などをしてくれる存在で、「受付」の役割を担っているともいえます。一問一答式の回答などにはスムーズに対応可能なのが特徴です。

またAIは、答えを覚えて学習することで、どんどんパワーアップしていきます。人間が学習させたりロジックを提示したりすることで、力をつけていくのがAIの特徴です。

AIは「合理的ではない判断」が苦手

gettyimages (34805)

AIは、たとえば一般事務などのルーティンワークや接客・販売などの答えがはっきりとした応対には適正があります。一方で、AIが苦手なものが「合理的ではない判断」。たとえば人が不安に思うことなど、状況に応じて柔軟に対応することは、AIには難しいことでしょう。

AIは、記憶・分析・学習・明快なルーティンワークなどは人間より優れている部分が多いものの、理屈では説明できないような対応や判断は、人間の力に及びません。今後はAIもより多様化・能力アップしていくことが想定されますが、臨機応変力では人間に軍配が上がるといえるでしょう。

人との多様なコミュニケーションは人でしか対応できない

gettyimages (34808)

柔軟な対応といえば、人とのコミュニケーションにおいても同様です。たとえば相手の様子を見ながら、状況に応じて少し雑談をしてみたり、別方向の提案をしてみたり。こういった対応は、人間だからこそできる能力ともいえるでしょう。

相手の心を読み、ベストな判断をする必要がある仕事は多岐にわたります。
AIよりも人間のほうが能力も高く適正があるため、今後も人の力が必要です。

「知覚」は人だからこそ得られる感覚

gettyimages (34396)

そもそもAIは人間が作り出したものであり、人間のような体を持ってはいません。そのため、人間が感じる味・肌ざわり・におい・痛みなどといった感覚を体験することはできないのがポイントです。

こうした知覚は人間の脳が感知することであり、AIには不可能なため、人間の力が必要な分野だといえるでしょう。

22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アフリカで働く私が、長期的に「安定」した収入を得ている理由

アフリカで働く私が、長期的に「安定」した収入を得ている理由

収入源を多様化させることによって、長期的な視点での「安定」を築くことができる-。フリーランス国際協力師として日本・アフリカで働く筆者が、これからの時代に必要な「収入源」の話をします。
サラリーマンでも経営者としてのキャリアが手に入る「事業承継婚活」とは

サラリーマンでも経営者としてのキャリアが手に入る「事業承継婚活」とは

日本の企業の3分の2は後継者不在に悩んでいます。それを「娘婿=準同族」を探してきて解決しようとするのが「事業承継婚活」で、マッチングを手がける企業が現れています。独身で、経営者になりたい、起業したい男性にとっては選択肢の一つになりそうです。
常識を覆す!自由な発想が生み出すシェアリングビジネス事例

常識を覆す!自由な発想が生み出すシェアリングビジネス事例

シェアリング・エコノミーは無駄を省き、限られた資源や空間を効率的に活用し、個人的、社会的利益を生む、と言う点では経済学の原点にもとづいたアイデアではないでしょうか。今回は常識を変えることで生まれた空間を利用した面白いシェアリングビジネスについて迫ります。
会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

定時で帰るということがテーマになったドラマが話題になっています。しかし、会社を休みたいのに休めないという人は、まだまだ多くいるのではないでしょうか。 志村和久著『頑張りすぎるあなたのための 会社を休む練習』 より、「休めない」を解決するための考え方をご紹介します。
自宅で仕事がはかどる!在宅ワークを快適にする家具の選び方

自宅で仕事がはかどる!在宅ワークを快適にする家具の選び方

働き方改革で在宅勤務を命じられたら、あなたは自宅の中のどこで仕事をしますか? その環境は、自分の健康を守るためにも大事です。「在宅勤務用」の机やいすが売られていますが、仕事をするための家具はどんな点に気をつけて選べばいいのでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

湊音 湊音