2019年3月29日 更新

AIが普及しても人間の力が必要になる仕事とは?

近年、すさまじい勢いでAIの普及が加速しています。ビジネスシーンにおいても、AIが人間にとって代わるシーンも増えていくと想定されるのが現状です。そんな状況でも、AIではなく人の力が必要になる仕事とはどういったものなのか、ご紹介していきます。

gettyimages (34802)

2019.3.29
今やっている仕事は、これからも人間を必要するものなのでしょうか? 近年AIの普及に伴って心配されるのが「人間の役目がAIに代わられること」。今回は、AIの普及にも流されない仕事とはどういったものなのか、考えていきます。

AIは単純明快な仕事・応対に適正あり

AIは何事も素早く処理できて、万能であるというイメージがあるのではないでしょうか?しかし、AIは単純明快な業務に適正があります。いわゆる「1+1=2」といった、わかりやすい答えに対応する場合、膨大なデータを分析する場合などに優れた能力を発揮します。

たとえばソフトバンクショップなどで見かける「ペッパー」。基本的な疑問解決・応対などをしてくれる存在で、「受付」の役割を担っているともいえます。一問一答式の回答などにはスムーズに対応可能なのが特徴です。

またAIは、答えを覚えて学習することで、どんどんパワーアップしていきます。人間が学習させたりロジックを提示したりすることで、力をつけていくのがAIの特徴です。

AIは「合理的ではない判断」が苦手

gettyimages (34805)

AIは、たとえば一般事務などのルーティンワークや接客・販売などの答えがはっきりとした応対には適正があります。一方で、AIが苦手なものが「合理的ではない判断」。たとえば人が不安に思うことなど、状況に応じて柔軟に対応することは、AIには難しいことでしょう。

AIは、記憶・分析・学習・明快なルーティンワークなどは人間より優れている部分が多いものの、理屈では説明できないような対応や判断は、人間の力に及びません。今後はAIもより多様化・能力アップしていくことが想定されますが、臨機応変力では人間に軍配が上がるといえるでしょう。

人との多様なコミュニケーションは人でしか対応できない

gettyimages (34808)

柔軟な対応といえば、人とのコミュニケーションにおいても同様です。たとえば相手の様子を見ながら、状況に応じて少し雑談をしてみたり、別方向の提案をしてみたり。こういった対応は、人間だからこそできる能力ともいえるでしょう。

相手の心を読み、ベストな判断をする必要がある仕事は多岐にわたります。
AIよりも人間のほうが能力も高く適正があるため、今後も人の力が必要です。

「知覚」は人だからこそ得られる感覚

gettyimages (34396)

そもそもAIは人間が作り出したものであり、人間のような体を持ってはいません。そのため、人間が感じる味・肌ざわり・におい・痛みなどといった感覚を体験することはできないのがポイントです。

こうした知覚は人間の脳が感知することであり、AIには不可能なため、人間の力が必要な分野だといえるでしょう。

22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

キャッシュレス化で補助金も!?クレジットカード決済未導入は不利?

キャッシュレス化で補助金も!?クレジットカード決済未導入は不利?

キャッシュレス化社会を進めるために補助金を行政が用意している、というお話を耳にされた方は少なくないでしょう。既に起業された方も、これから起業を検討されている方も、クレジットカード決済を導入しない場合、ビジネスで損をする可能性が大きいことは知っておいた方が良いですね。
2020年に向けて働き方改革「テレワーク」のメリットとは

2020年に向けて働き方改革「テレワーク」のメリットとは

世紀の一大イベントである東京オリンピックが2020年に行われます。開催期間中の都内への出勤など、交通機関の混雑が予想されます。 森本登志男著『あなたのいるところが仕事場になる』 より、今知っておきたい、テレワークという働き方についてご紹介します。
成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いは、突き詰めればたった1つしかありません。一向に成長しない部下や後輩を眺めて、日々悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。仕事で成長する人・しない人の違いがどこから来るのかを解き明かし、どのように捉えれば良いのかを考えてみます。
近代日本の財政破綻の危機を救った蔵相・高橋是清は、転職魔だった

近代日本の財政破綻の危機を救った蔵相・高橋是清は、転職魔だった

江戸末期にアメリカ・オークランドで牧童をしていた高橋是清は、職業を転々とした三十年余の年月を経て、明治三十二年には日銀副総裁に栄進し、日露戦争や世界恐慌の勃発により日本が財政破綻の危機的状況に陥ったなか、戦費調達や金融・財政政策に辣腕を振るい国家の破綻を救いました。 この間の転職歴は十数回におよび、ときには遊びで身を持ち崩したり、事業の失敗で失業するなど人生の辛酸をなめましたが、その生き様の中でどのような軌跡を描き人生の成功者となっていったのでしょうか?
サーバントリーダーシップにはデメリットも?おすすめの使い方は?

サーバントリーダーシップにはデメリットも?おすすめの使い方は?

「サーバントリーダーシップ」にもデメリットはあります。旧来の「支配型リーダーシップ」のアンチテーゼとして、昨今注目を集める「サーバントリーダーシップ」ですが、使用方法を誤ると逆効果にもなります。「サーバントリーダーシップ」のメリット・デメリットを理解し、有効な使い方を考えます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

湊音 湊音