2018年9月13日 更新

史上最大級の面積を誇る帝国皇帝チンギス・ハンの不動産0という選択

史上最大級の領土面積を有したモンゴル帝国。しかし、初代皇帝チンギス・ハンは、壮大な建物の不動産を持っていませんでした。豪華絢爛な建造物を残した、数々の王侯貴族とは一線を画すお金の使い方。その功績や財産、富の分配戦略を紹介します。

gettyimages (21079)

2018.9.13

史上最大級の面積を有するモンゴル帝国の成り立ち

モンゴル帝国は、1206年にモンゴルの部族を統一したチンギス・ハンが皇帝に推戴されてできた帝国です。
1634年に後金に滅ぼされるまで続きます。

「太陽の沈まない国」スペイン帝国最盛期と並ぶ領土面積

戦国時代のごとく、争いが絶えなかったモンゴルの数々の遊牧民部族。
一部族の首長の息子で不遇な生活を送ったチンギス・ハンは、それをたった一代で統一します。
その上、ロシア南部や中国北部、中央アジアまで遠征して領土を広げました。
「太陽の沈まない国」と言われる16世紀のスペイン帝国最盛期の領土面積は史上5番目。
モンゴル帝国はそれとほぼ同じ領土面積を、チンギス・ハンが没した1227年時点で有していました。
その後、史上第2位にまで拡大した時期もあります。

無血開城が基本!そのまま即交流・開発へ

チンギス・ハンが遠征先で求めたのは、無血開城です。
張り巡らした情報網を駆使して、相手国が弱っている時に出陣。
抵抗された場合は、容赦無い流血の戦いを繰り広げるので、チンギス・ハンには残忍なイメージもつきまとっています。
ですが、基本は戦わずに、平和的な方法で帝国領土に取り込みます。
そのまますぐに「新たな仲間」として交流し、道路の整備などを始め、より無傷でより多い戦利品を手に入れるためでした。
こうして、モンゴル帝国は拡大していったのです。

宮・寺・墓なし!チンギス・ハンの不動産は0

34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

一流の人に学ぶ ボジティブなセルフイメージを作る思考法

一流の人に学ぶ ボジティブなセルフイメージを作る思考法

人は知らず知らずのうちに、「自分には無理だ」と諦めてしまっていることがあるものです。世の成功者は、どんな考え方を心がけているのでしょうか。 ロバート・グリスウォルド著『一流の人に学ぶお金の引き寄せ方』より、ボジティブなセルフイメージを作るための思考と行動をご紹介します。
金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」は国連の「SDGs(持続可能な開発目標)」を達成するための投融資で、第1号は日本で行われました。金融企業もファイナンスを受ける企業もイメージアップし、中・長期的な企業価値の向上につながるといわれています。
経済 |
この秋のマーケットにおけるリスクの芽

この秋のマーケットにおけるリスクの芽

多くの投資家はとても直感的な判断を行うことがあります。株価が連騰していると異常に強気になり、一方で連日の下げを受ければただただ意気消沈するばかり。そうならないためにも日頃から今はさほど大きく取り上げられていないけれどいずれマーケットで話題の中心になるようなマーケットの芽を事前に把握しておく習慣を身に付けていれば不足の事態でもしっかりとした判断ができます。
ゴールドコーストで豪華旅行を満喫!絶景ビーチ&世界遺産の森を散策

ゴールドコーストで豪華旅行を満喫!絶景ビーチ&世界遺産の森を散策

オーストラリアの東海岸にあるゴールドコースト。白い砂浜が57kmも続く長く美しいビーチで有名な所です。10月はこれから夏に向かうため気温も上がり、からっとした天気が続くベストシーズン。そんなゴールドコーストで豪華バケーションを満喫してみるのはどうでしょう。
人前であがってしまうのはなぜ?大事な場面で緊張しないためのメソッド

人前であがってしまうのはなぜ?大事な場面で緊張しないためのメソッド

人前で話す機会というものは、ビジネスの場で数多くあるものです。大勢の前で、緊張して声が震えてしまったりすると、それがちょっとしたトラウマになってしまうこともあり得ます。うまく緊張の糸を解いて、いいパフォーマンスをしていきたいものです。 伊藤丈恭著『人前で変に緊張しなくなるすごい方法』 より、大事な局面で起こる緊張状態を上手に切り替える考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部