2019年12月2日 更新

ゲノム編集、人工肉、昆虫食:食の未来はどうなる?

日本で人口減少が問題視されている一方、世界規模では人口が増加中。人口の増加で懸念されるのが食糧難です。食糧難問題だけでなく、環境問題の観点からも、さまざまな解決法が模索されています。その代表例であるゲノム編集食品や人工肉、昆虫食の現在をお伝えします。

Charcoal grilled pike and f...

Charcoal grilled pike and five kind cereal grain mixed rice healthy lunch meal

秋刀魚塩焼き

秋刀魚塩焼き

2019.12.2

日本は人口減でも世界は人口増、食糧難の問題が迫る

gettyimages (50329)

日本で人口減少が続く一方、世界の人口は増加を続け、現在約75億という数値は2050年には100億に迫る勢い。人口増加で浮上するのが、食糧難問題です。
農地や牧場をつくるための森林伐採や水産資源の乱獲は生態系を壊し、気候変動による生態系の変化も私たちの食糧生産に悪影響を及ぼします。

食糧難は、従来の対処法では解決できない問題なのです。

ゲノム編集で効率的な食糧生産が可能に

gettyimages (50333)

ゲノム編集は遺伝子を改変する技術のひとつ。狙った遺伝子を切断して特定の遺伝子を機能させなくする方法と、狙った部分に新しい遺伝子を加える方法があります。
日本では、2019年10月1日からゲノム編集食品の流通・販売に関する新しい届出制度が始まりました。厚労省との事前相談は必要ですが、特定の遺伝子を切断するだけなら安全性審査も表示義務もなし。別の遺伝子を新たに組み入れる場合は、従来の遺伝子組み換え食品と同様、安全性審査が行われるというものです。
ゲノム編集のメリットは、従来の品種改良や遺伝子組み換えよりも低コストかつ短時間で食品の品種改良が可能なことです。効率的に時代のニーズに合った食品をつくれると期待されています。

実際に日本で開発されているのは、特定の栄養が多いトマト、収穫量の多いイネ、可食部の多いマダイなど。新制度が始まったことで、早ければ2019年内にも販売される見通しです。

植物原材料や細胞培養による「人工肉」が健康志向と環境問題に対応

gettyimages (50335)

「人工肉」の取り組みは米国が中心です。人工肉を支持する主な人々は「フレキシタリアン」。完全な菜食主義ではなく肉の摂取量を減らし健康に良い肉を食べたいと考える人々です。

日本も含め、世界では魚介類の乱獲によって水産資源が9割も減少。このままでは人間は魚を食べられなくなるかもしれません。養殖をするにしても水質汚染が問題です。人工肉なら、そのほとんどが生態系を破壊せずに製造可能と考えられています。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

世界で注目されるサーキュラー・エコノミーとは? SDGsと循環型経済

世界で注目されるサーキュラー・エコノミーとは? SDGsと循環型経済

世界で進むサーキュラーエコノミー(循環型経済)。使い捨てを前提とした経済から、使い続けることを前提とした経済へ移行することが、今後は重要になると言われています。サーキュラー・エコノミーの基本と5つのビジネスモデルを解説します。
映像・音楽だけじゃない、モノのサブスク拡大中

映像・音楽だけじゃない、モノのサブスク拡大中

サブスクリプションとは、前払いすることで一定の期間サービスを受けられるサービス。Netflixの動画配信やApple Musicの音楽配信が有名です。今、サブスクは服や家具などのモノにまで拡大中。サブスク最前線はどうなっているのでしょうか。
企業と個人の新しい関係と「ギグエコノミー」

企業と個人の新しい関係と「ギグエコノミー」

優秀な人材が応募してこないのは、求人広告で嘘をついているからかもしれません。個人が情報を得やすくなった今、広告の嘘はクチコミでバレてしまいます。会社員になることを望まず「ギグエコノミー」で働く人々も増加中。企業と個人の関係が変わりつつある現状をお伝えします。
飲み会にアルコールは要らない。新潮流「ソーバーキュリアス」とは?

飲み会にアルコールは要らない。新潮流「ソーバーキュリアス」とは?

飲み会といえばアルコール。日本企業のコミュニケーションにお酒は必要不可欠とされてきました。しかし若い世代ほどお酒を飲まなくなっています。ノンアルコール市場は徐々に拡大中で、お酒を飲まない「ソーバーキュリアス」も登場しました。ノンアルコール市場は今どうなっているのでしょうか。
なぜ勤務時間外メールで生産性が低下するのか

なぜ勤務時間外メールで生産性が低下するのか

働き方改革が進められるも勤務時間外メールへの対応を迫られる人はまだ多く、健康被害に至るケースも見られます。勤務時間外メールには「つながらない権利」の侵害や生産性低下という問題があります。メールで疲弊しないために、適切な仕事メールの扱い方を確認しましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者 管理者
お金の教養講座