2019年11月23日 更新

ダイアナ妃が愛した日本の芸術家、世界の視線を集める吉田博の作品世界を体験。

SNS上の一般美術愛好家コミュニティ。世界中から投稿される作品の中によく登場する日本の作品・・・まずはHokusai(北斎)やHiroshige(広重)の浮世絵。そして、同じくらいよく出てくるのが、“Hiroshi Yoshida”・・・誰??

「劔山の朝」日本アルプス十二題  大正15(1926)年
「光る海」瀬戸内海集 大正15(1926)年
2019.11.23

Yoshida Hiroshiを知っていますか?

仕事柄、みんながどんなアートに興味が高いのかは気になるところです。日本語のページはもちろん(主に展覧会の感想投稿を拝見。SNS用写真撮影OKの展覧会も増えていますね)、海外のコミュニティもよく覗きにいくのですが、これが実に楽しい!
全世界数万人が参加する大きなコミュニティでは、「私この作品が好き、見て」という各国からの投稿が続々とあげられていて、まさに24時間無休の活気に溢れています。
自分ではそこそこ学習したつもりの、19~20世紀前半の作品に特化したコミュニティでも、知らない芸術家、作品がたくさん・・・ネット=まさに知の集積だ!と感動したり、自分の無知にへこんでみたりと、とても刺激的な時間です。
そんなワールドワイドな画面に、本当によく登場し、熱烈な「いいね」を集める日本人芸術家がいます。
“Yoshida Hiroshi”。
初めて聞いた、という人もいるのでは?実はあのダイアナ妃の執務室にも、その作品が飾られていたという、日本ではどちらかというとマイナー、海外でのほうが有名な芸術家代表、といった人物です。
「亀井戸」 東京拾二題 昭和2(1927)年
「神樂坂通 雨後の夜」 東京拾二題 昭和4(1929)年

世界の視線の先にいる芸術家、吉田博

吉田博(1876~1950年)。
日本の時代で言えば明治時代、まず風景画家として登場し、その後、当時はまだ珍しい幾度かの海外体験を経つつ、新しい木版画の創造をめざした芸術家です。
冒頭の作品は、北アルプス劔岳、瀬戸内海、そして東京の亀井戸と雨上がりの神楽坂の風景。尾根に射す桃色の光のグラデーション、水面の眩しいきらめきと藤の花の季節の空気、人々のざわめき。次に見たときには変化していそうな臨場感と繊細な線と色彩。
思わず見とれてしまう作品群・・・これ木版画なのです。
“仙人に憧れた山男”・・・「自然を尻に敷いている」西洋絵画の姿勢に対し、「けれども、私は自然を崇拝する側に立ちたい」と、各地を歩き画材を求めた吉田博。
彼は同時に本格的な登山家でもありました。
人物歴を見ると・・・
とにかく登る!登って登って、刻々と変化する光や雲を、納得がいくまで自分の眼で捉え、描く。そしてとにかく歩く!日本のみならず、アジア、アメリカ、ヨーロッパ・・・世界各国を訪れ、体感したその時の土地の空気と光を記録する。その驚くべき移動距離と活動量。
吉田博作品は、文字通り彼自身の自分の足と五感で捉えた「人の力を超えた、大きな自然の時間の流れの中のこの一瞬」なのです。
それを形にする、木版画の制作手法がまた精力的でした。版元の下、絵師・彫師・摺師による分業制が基本の浮世絵時代からの制作体制から独立し、彫師・摺師を抱え、自らも彫る、そして摺る! “摺る”とは、ぴったりとずれなく色を重ねていく、という慎重な、技術を要する作業。通常、浮世絵では10~20数度のところ、吉田作品の摺数は平均で30数度、作品によっては90度超え。どれだけの技術と労力を要したことか・・・想像するだけで身が細りそうな数です。

世界の熱気を日本で体験しよう

「妥協を許さない」吉田博の制作姿勢だけが到達できた表現の結晶。
完成した作品の美しさはもちろんですが、そんな制作背景が、単なる異国情緒趣味やノスタルジーに終わらない吉田博作品の引力となっている気がします。
あまたある風景画や浮世絵版画の中で、世界の人々の熱い視線を集める吉田博。
今年から、日本全国を巡る展覧会が行われます。日本の芸術家の作品体験であり、そして世界の視点を知る、パスポートなしでできるグローバル体験。
日本に住むみなさまにおすすめします!
18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

真夏のクリスマス観光ができるオーストラリアで特別な一日を!

真夏のクリスマス観光ができるオーストラリアで特別な一日を!

南半球のオーストラリアではクリスマスはいつも真夏。「白いクリスマスを夢に見る」という歌詞で始まる「ホワイト・クリスマス」の歌はオーストラリア人の心情にぴったり!今度の冬の休暇には、そんなオーストラリアでいつもと違う真夏のクリスマスを迎えてみるのはどうでしょう。
変わる世界のワイン生産、ヨーロッパ以外の「ワイン新興国」は?日本も急追中

変わる世界のワイン生産、ヨーロッパ以外の「ワイン新興国」は?日本も急追中

11月21日は「ボジョレー・ヌーボー」解禁日ですが、いま、世界のワイン生産地図は塗り変わりつつあります。ヨーロッパ勢は相変わらずの強さですが、南米勢が躍進し、地球温暖化の影響で新産地も続々旗揚げ。中国の存在もありますが、日本も健闘しています。
アメリカで大人気の「代替肉」はアノ味だった!注目される理由とは

アメリカで大人気の「代替肉」はアノ味だった!注目される理由とは

アメリカの「ビヨンド・ミート社」、「インポッシブル・フーズ社」というベンチャー企業2社が開発した植物由来の限りなく肉に近い代替肉が人気を集めています。いったいどんな味なのでしょう。健康面や注目される理由など、筆者の試食体験も合わせて紹介します。
なぜ、世界のビジネスエリートは「禅(Zen)」に知的な関心を寄せるのか?

なぜ、世界のビジネスエリートは「禅(Zen)」に知的な関心を寄せるのか?

「禅」に強い関心を持つ世界のビジネスリーダーは少なくありません。世界中で多くの人が座禅を組み瞑想をしています。なぜなのでしょうか? 鈴木大拙という優れた紹介者の存在、60年代のヒッピー、昨今のマインドフルネスの隆盛などがからみあっています。
くびれを作る!初心者向け脇腹集中トレーニングメニュー3選

くびれを作る!初心者向け脇腹集中トレーニングメニュー3選

「腹筋運動をしても脇腹だけお肉がついている」「ダイエットしてもくびれができない」このような脇腹のぜい肉で悩んでいる人は少なくありません。そこで今回は、自宅でできる初心者向け脇腹トレーニングメニューや効果を高める方法について解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部