2018年7月26日 更新

日本の良さが残る古民家の宿、騒音を逃れて泊まってみたい!

最近よく耳にするようになった「古民家の宿」。古民家という言葉からは、その家人が囲炉裏端(いろりばた)に座ってやさしい笑顔で迎えてくれるようなあたたかいイメージが湧いてきますね。そんな古民家がなぜ宿になったのか、実際にどんな古民家の宿があるのかお伝えしたいと思います。

2018.7.1

古民家とは

古民家とは、主に地方にある日本昔ながらの家屋です。古民家に共通した特徴は「囲炉裏」と「土間」。そして屋根はたいてい茅葺の屋根になっていますが、中には元々囲炉裏がなかったり、改築されて瓦の屋根を敷いた家もあります。典型的な古民家には広い居間があり、その中央には囲炉裏が掘ってあります。囲炉裏端は家族や訪ねてきた人が集まり、共に語らい共に食事をするところです。ところが若い人たちが都会に住むようになり、残された家には住む人がいなくなったため、無人のまま放っておかれていたのです。

徳島県祖谷の古民家を宿としてリニューアル

©Nicky Kandiah

この古民家に注目したのがアメリカ出身の東洋文化研究者のアレックス・カーさんです。放っておけば、やがては取り壊されて消えてしまう古民家の良さを何とか維持したいと考えたのが古民家を改築して宿泊施設にすることでした。まず最初に手掛けたのが吊り橋「からずの橋」で有名な徳島県の祖谷(いや)にある古民家。アレックスさんはこの古民家を購入し西洋的なキッチンやバスルームを取り付け宿として作り直したのです。祖谷にある古民家の宿の数は山のロッジを入れると今では9軒。1軒丸ごと貸切りができます。このようにして作られた古民家の宿は海外からの旅行者にも人気です。なにしろ古民家の宿の宿泊は日本でしかできない体験なのです。

■基本情報

公式サイト:http://tougenkyo-iya.jp/
住所:〒778-0202 徳島県三好市東祖谷落合403(事務所)
アクセス:大歩危駅前から車で約1時間
宿泊料金:8,000円~15,000円。時期・人数・古民家のタイプにより異なる。
     2018年度の宿泊料金の詳細は「桃源郷祖谷の山里 お部屋一覧」参照。

長崎県の「小値賀島(おぢかじま)古民家ステイ」

©おぢかアイランドツーリズム

アレックス・カーさんが手がけた古民家改築プロジェクトには、小値賀島(おぢかじま)古民家ステイもあります。小値賀島は、長崎県の五島列島にある島です。「観光するところは無いが、のんびりとした時間だけが十分にある―そんな島が小値賀です」そう語るのはおぢかアイランドツーリズムの木寺さん。

©おぢかアイランドツーリズム

35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今こそ投資家がすべき単純なこと

今こそ投資家がすべき単純なこと

3月4日〜8日の米国ダウ工業平均、S&P500、ナスダックの3指数が1週間で2%を超える下落となり昨年末から継続してきた楽観ムードが一転しました。久しぶりに投資家心理が冷え込んだかなぁと思いましたが、11日〜15日の1週間で前週の下げ幅を上回る上昇し悲観ムードは一転。ボーイング問題など悪材料をよそに年初来高値を更新し市場には再び楽観ムードに戻りました。このような楽観相場で改めて意識したい極上の名言をご紹介したいと思います。
おとな女性の「女カースト」実像と虚像

おとな女性の「女カースト」実像と虚像

遠い昔に授業で習った「カースト」。その言葉を再び聞いたのは、同僚の娘さんが通う女子高での話。
チームの問題解決力を高めるゲーム研修コンセンサスゲームとは

チームの問題解決力を高めるゲーム研修コンセンサスゲームとは

大手企業で導入しているビジネスゲーム研修を知っていますか。その1fつであるコンセンサスゲームは、月や無人島での極限状態を想定し、チーム全員のコンセンサス(意見の一致)を得て、困難を乗越えるゲームです。この研修で強化できるビジネススキルは様々です。
 思考を深め人間力を高めるための読書方法とは

思考を深め人間力を高めるための読書方法とは

ネットで情報が溢れる時代に、本を読む意義はどこにあるのでしょうか。思考力を深めつつ、豊かに人生観を身につけることができる読書の仕方を知りたいものです。
人を惹きつける話し方でスピーチを成功させる7つのルール

人を惹きつける話し方でスピーチを成功させる7つのルール

「言葉の力」で人を率いるリーダーを目指すなら、「スピーチ」はとても大事です。信頼を勝ち取れるようなスピーチを行うためのヒントになる「1分間に300字がおさまるように話しなさい」などの「NHK式7つのルール」を紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

setsukoT setsukoT