2018年7月17日 更新

〈長谷川穂積〉 ボクシング世界チャンピオン3階級制覇! 強い相手、そして自分と戦い続けて身に付けた「人生の美学」とは

2016年9月16日。激闘を制しWBC世界スーパーバンタム級王者に。3階級制覇の偉業を達成しました。引退後の現在は、解説者としてボクシング界に貢献しながらタレント活動、さらにはタイ料理店のオーナーも務めている長谷川さん。

2018.3.24
長きに渡る王座防衛の後に陥落、そこからの劇的な返り咲きという唯一無二のボクシング人生の経験は、どのような形で今に活きているのでしょうか?

ボクシング人生。そのスタートは決して順調ではなかった。

STAGE編集部:プロ生活17年で築いた輝かしいキャリア。そのはじまりとは?
長谷川:父親がプロボクサーだったので、その影響もあり小学校2年生から教えてもらいました。でも中学校では卓球部に入ってボクシングを離れ…再開したのは高校を中退した時ですかね、都会に出たいからボクシングするという理由で(笑)。そこから自然と目標がプロになっていきました。
トレーニングの合間に靴屋・時計屋などのバイトもやっていましたけど、30万円くらい借金もしました。「これ永遠に返されへんわ!」と思っていましたね。
STAGE編集部:駆け出し時代。やはりボクシングの試合だけでは食べていけなかった。
長谷川:全然でしたね。チケットで10万円分ぐらいしかもらえないです。現金ではなくてチケットを自分で売って、売った分だけお金になって、それでマックス10万円。試合は3カ月に一回のペースだったので、バイトが時給850円、900円に上がったりするとめっちゃ喜んでいたのを今でも覚えていますね。
STAGE編集部:デビュー5戦の成績は3勝2敗。これは、世界チャンピオンとしては珍しいほど悪い成績。しかし、ボクシング人生を変える大事な一戦を経験することに…

一度負けた相手へのリベンジが転機に

STAGE編集部:ボクシング人生を変えた、ある試合とは?
長谷川:デビュー3戦目である相手に負けたんですけど、僕はその相手の「全日本アマチュア社会人チャンピオン」みたいな肩書きに委縮して負けてしまったんです。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【リバースプロジェクト龜石太夏匡】未来づくりとお金のジレンマを抱えて進む

【リバースプロジェクト龜石太夏匡】未来づくりとお金のジレンマを抱えて進む

社会的事業を多く手がけるリバースプロジェクトは、株式会社として利潤も追求します。そこに存在するジレンマとは? そして、同社代表である龜石太夏匡氏の波乱万丈な人生から導き出した「お金」とは?を問います。価値観が揺さぶられるインタビュー後半。
【リバースプロジェクト龜石太夏匡】社会的課題への取り組みは、まじめに楽しい

【リバースプロジェクト龜石太夏匡】社会的課題への取り組みは、まじめに楽しい

リバースプロジェクトは、俳優の伊勢谷友介氏が代表を務める株式会社です。アーティストを中心に、2009年に設立されました。テーマは「人類が地球に生き残るためにはどうするべきか?」という壮大なもの。同社の共同代表である龜石太夏匡氏にインタビューをしました。
〈DaiGo〉 「お金とは、自由と交換するための引換券。」

〈DaiGo〉 「お金とは、自由と交換するための引換券。」

動画サイトやブログで圧倒的なフォロワーを集め、書店では山積みにされた著書が 次々に売れていく── 若くして多くの人が 知る存在となったDaiGoさん。しかし、その生業を正確に知る人は多くないのではないでしょうか。
〈村上佳菜子〉ソチオリンピック後、浅田真央と「引退」について語った日

〈村上佳菜子〉ソチオリンピック後、浅田真央と「引退」について語った日

2010年「世界ジュニア選手権」に優勝して頭角を現すと、「ソチオリンピック」シーズンには序盤の不調を覆す大逆転劇を演じて代表切符を獲得。輝かしい成績を残して2017年にフィギュアスケート競技生活からの引退を表明しました。現在はプロとしてアイスショーに出演しながら、その笑顔をバラエティ番組で見る機会も日に日に増えている村上佳菜子さんの人生の軌跡とは?支えてくれた家族との絆、そして同じリンクで育った浅田真央さん、宇野昌磨選手とのエピソードも明かしてくれました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部