2018年7月17日 更新

〈長谷川穂積〉 ボクシング世界チャンピオン3階級制覇! 強い相手、そして自分と戦い続けて身に付けた「人生の美学」とは

2016年9月16日。激闘を制しWBC世界スーパーバンタム級王者に。3階級制覇の偉業を達成しました。引退後の現在は、解説者としてボクシング界に貢献しながらタレント活動、さらにはタイ料理店のオーナーも務めている長谷川さん。

2018.3.24
長きに渡る王座防衛の後に陥落、そこからの劇的な返り咲きという唯一無二のボクシング人生の経験は、どのような形で今に活きているのでしょうか?

ボクシング人生。そのスタートは決して順調ではなかった。

STAGE編集部:プロ生活17年で築いた輝かしいキャリア。そのはじまりとは?
長谷川:父親がプロボクサーだったので、その影響もあり小学校2年生から教えてもらいました。でも中学校では卓球部に入ってボクシングを離れ…再開したのは高校を中退した時ですかね、都会に出たいからボクシングするという理由で(笑)。そこから自然と目標がプロになっていきました。
トレーニングの合間に靴屋・時計屋などのバイトもやっていましたけど、30万円くらい借金もしました。「これ永遠に返されへんわ!」と思っていましたね。
STAGE編集部:駆け出し時代。やはりボクシングの試合だけでは食べていけなかった。
長谷川:全然でしたね。チケットで10万円分ぐらいしかもらえないです。現金ではなくてチケットを自分で売って、売った分だけお金になって、それでマックス10万円。試合は3カ月に一回のペースだったので、バイトが時給850円、900円に上がったりするとめっちゃ喜んでいたのを今でも覚えていますね。
STAGE編集部:デビュー5戦の成績は3勝2敗。これは、世界チャンピオンとしては珍しいほど悪い成績。しかし、ボクシング人生を変える大事な一戦を経験することに…

一度負けた相手へのリベンジが転機に

STAGE編集部:ボクシング人生を変えた、ある試合とは?
長谷川:デビュー3戦目である相手に負けたんですけど、僕はその相手の「全日本アマチュア社会人チャンピオン」みたいな肩書きに委縮して負けてしまったんです。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/買って学ぶ

〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/買って学ぶ

5年前、原宿の美容業界のお洒落エリート一辺倒路線に反旗を翻し、ライバルスタイリストとともにサロンOCEANTOKYOを立ち上げた高木琢也さん。現在6店舗を展開する経営者であり、長らくカリスマ不在だったの台風の眼のような存在だ。そんな高木さんの「お金観」とは。
〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/聞いて学ぶ。

〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/聞いて学ぶ。

原宿1番の人気美容師が、ついに独立。サロン激戦区の原宿で、経営者として成功するために必要だったのは、「髪を切る」だけの才能だけではなかった。 今、若者に「兄貴」と慕われる存在となった、カリスマサロンOCEANTOKYO代表の高木琢也さんに迫るインタビュー第2回。
〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/「くだらねぇ」が出発点

〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/「くだらねぇ」が出発点

ド派手なレッドヘアにビッグマウス。NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」に登場し大きな話題をさらったOCEANTOKYOのヘアスタイリスト・高木琢也さんだ。人気NO,1美容師からカリスマ経営者へと変貌をとげた若き成功者にとって「お金とは?」を訊いた。
〈草刈民代〉「お金とは、エネルギーである」

〈草刈民代〉「お金とは、エネルギーである」

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?
〈加藤優子〉お金とは選択肢を増やすもの

〈加藤優子〉お金とは選択肢を増やすもの

お祭り好きが高じ、メーカー勤めからお祭りの企画会社を起業した元美大生の加藤優子さん。ツアー企画からスタッフ確保、補助金手配などお祭りのお助けマン、地方創生の火付け役として全国の自治体から注目を集めています。加藤さんに起業に至った経緯や今後の目標を聞きました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部