2018年3月24日 更新

〈長谷川穂積〉 ボクシング世界チャンピオン3階級制覇! 強い相手、そして自分と戦い続けて身に付けた「人生の美学」とは

2016年9月16日。激闘を制しWBC世界スーパーバンタム級王者に。3階級制覇の偉業を達成しました。引退後の現在は、解説者としてボクシング界に貢献しながらタレント活動、さらにはタイ料理店のオーナーも務めている長谷川さん。

 (10785)

2018.3.24
長きに渡る王座防衛の後に陥落、そこからの劇的な返り咲きという唯一無二のボクシング人生の経験は、どのような形で今に活きているのでしょうか?

ボクシング人生。そのスタートは決して順調ではなかった。

 (10789)

STAGE編集部:プロ生活17年で築いた輝かしいキャリア。そのはじまりとは?
長谷川:父親がプロボクサーだったので、その影響もあり小学校2年生から教えてもらいました。でも中学校では卓球部に入ってボクシングを離れ…再開したのは高校を中退した時ですかね、都会に出たいからボクシングするという理由で(笑)。そこから自然と目標がプロになっていきました。
トレーニングの合間に靴屋・時計屋などのバイトもやっていましたけど、30万円くらい借金もしました。「これ永遠に返されへんわ!」と思っていましたね。
STAGE編集部:駆け出し時代。やはりボクシングの試合だけでは食べていけなかった。
長谷川:全然でしたね。チケットで10万円分ぐらいしかもらえないです。現金ではなくてチケットを自分で売って、売った分だけお金になって、それでマックス10万円。試合は3カ月に一回のペースだったので、バイトが時給850円、900円に上がったりするとめっちゃ喜んでいたのを今でも覚えていますね。
STAGE編集部:デビュー5戦の成績は3勝2敗。これは、世界チャンピオンとしては珍しいほど悪い成績。しかし、ボクシング人生を変える大事な一戦を経験することに…

一度負けた相手へのリベンジが転機に

 (10797)

STAGE編集部:ボクシング人生を変えた、ある試合とは?
長谷川:デビュー3戦目である相手に負けたんですけど、僕はその相手の「全日本アマチュア社会人チャンピオン」みたいな肩書きに委縮して負けてしまったんです。
34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「天下が取れるお金のケチり方」を稀代のケチ男!? 徳川家康に学ぶ

「天下が取れるお金のケチり方」を稀代のケチ男!? 徳川家康に学ぶ

あなたは徳川家康という人物を知っているでしょうか? 江戸幕府を開いたとして授業で習いましたが、近年それだけではなくその経済政策やお金に対する考え方などが、話題になっているのです。
自由席出張を好んでする人は一生プアかもしれない

自由席出張を好んでする人は一生プアかもしれない

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんのこづかいは減らすな』より特別編集編をお届けします。
〈グローバー〉東大を中退してミュージシャンに。少し遠回りをして見えた新たな生きる道とは?

〈グローバー〉東大を中退してミュージシャンに。少し遠回りをして見えた新たな生きる道とは?

東大卒ミュージシャンとして音楽活動の他、クイズタレント・コメンテーターとしても活躍するグローバーさん。実は彼は苦労して入った東大を中退し、ミュージシャンの道を選んだという過去が…。その後、再び大学に戻り無事卒業。時を同じくして、立ちはだかっていた壁が崩れ、新たな道が開けたと言います。少し遠回りをしたことで見えたグローバーさんの人生観とは?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座