2018年10月11日 更新

「いつかは住みたい」北京・上海での生活費

中国の首都であり数々の歴史的建造物が存在する北京。摩天楼が立ち並ぶ美しい都市・上海。いずれも中国の代表的な経済都市で、日本の企業から派遣された駐在員も数多く存在します。

gettyimages (23178)

2018.10.11
日本から飛行機で3~4時間と比較的近く、気軽に往復できるので、旅行先としても手軽。何度も通いつめているうちに、その魅力にとりつかれ、いっそのこと移住してみたいと思う方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回は、将来的に北京・上海など中国の大都市へ移住したいという方のために、北京・上海移住にかかる費用を試算し、一か月あたりの生活費を項目ごとに紹介します。
※1 中国人民元=16円、1ドル=113円で計算しています(2018年9月のレート)

北京・上海の住宅費は都心と同程度かやや低め

gettyimages (23212)

世界の都市の生活費を調査しているサイト「Expatistan」によると、1ルーム(約45㎡)の平均家賃は上海で約5,205元(約8.3万円)、北京で5,055元(約8.1万円)。同じ条件の東京の平均家賃が8.4万円となっているので、東京・北京・上海の家賃はさほど変わらないと考えてよいでしょう。

ただし、「高級エリア」の平均家賃は上海がダントツで高くなっています。先ほどと同じ1ルーム(約45㎡)の平均家賃が1万5,046元(約24万円)。北京の高級エリア8,990元(約14.4万円)、東京の高級エリア20.5万円と比較しても、上海中心部の家賃はとても高いことがわかります。
なお、北京・上海いずれも日本人向けの物件を扱う不動産屋は、小さめの間取りでも1万元(約16万円)ほどのものを案内することが多いようです。中国人相手の物件で5,000元(約8万円)程度。中心部ではなく、松江区、青浦区、嘉定区、金山区、宝山区等へ出れば、月々2~3,000元で借りることも可能で、中国人とのシェアならさらに安くあげることができるということですが、それには語学力が必要です。中国移住経験者の多くが「水漏れ、設備不良などのトラブルを経験した」と話していることを考えると、日本語で対応してくれる不動産業者を通した方が安心かもしれません。
このように、住む場所や条件によって賃料は様々なのですが、今回の試算では、市内中心部の家具付きワンルームに1人で住むと仮定し、中国語を話せる友人知人を頼りつつローカル向け不動産屋でリーズナブルな物件を見つけることができたとして、月々約8万円とします。

食費節約のカギはローカルフード

gettyimages (23220)

上海・北京の食費は、市場の食材や屋台飯などを利用すれば節約も可能です。
例えば、上海のローカルフード店では、肉まん1元(約16円)、ラーメン10元(約160円)、チャーハン6元(約100円)、串焼き20元(約320円)など実にリーズナブル。上海料理や火鍋なども複数で行けば1人50元(約800円)ほどで十分に楽しめます。

33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」コペンハーゲンでの生活費

「いつかは住みたい」コペンハーゲンでの生活費

デンマークは、バルト海に突き出すユトランド半島とその周りを囲む島々からなる、世界有数の海運国家です。例えば、世界最大の海運会社と言われるマークスラインもデンマークに本社を置いています。皆さんが手にしている輸入製品にも、デンマークを通じて運ばれたものが少なからずあることでしょう。
「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

アフリカ大陸最南端に位置する南アフリカは“虹の国”と称され、多彩な魅力に溢れています。「アフリカ」と聞くと野生動物や大自然を想像する方も多いと思いますが、それだけでなく、華やかな街並みや近代都市が共存していることが大きな特徴です。
「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

マルタ共和国は、佐渡島の半分の面積しかない地中海に浮かぶ小さな島国です。マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3つの島からなるこの国は、透き通るような美しい海、様々な文化が入り組んだ風光明媚な街並み、街を闊歩する猫など、フォトジェニックなスポットが数多くあり、知る人ぞ知る観光国として人気になっています。
「いつかは住みたい」デリーでの生活費

「いつかは住みたい」デリーでの生活費

インドは、世界2位の13億の人口を抱える国家で、様々な民族・言語・宗教で溢れています。公用語はヒンディー語の他に約20もあり、それを表すものとして「15マイルごとに方言が変わり、25マイルごとにカレーの味が変わる。100マイル行けば言葉が変わる。」ということわざもあります。
「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

ブータンは、北は中国・南はインドに挟まれる南アジアの国家で、「世界一幸福度が高い国」とも言われています。独特の仏教文化を色濃く残しており、他の国にはない魅力で溢れています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部