2018年10月11日 更新

「いつかは住みたい」北京・上海での生活費

中国の首都であり数々の歴史的建造物が存在する北京。摩天楼が立ち並ぶ美しい都市・上海。いずれも中国の代表的な経済都市で、日本の企業から派遣された駐在員も数多く存在します。

gettyimages (23178)

2018.10.11
日本から飛行機で3~4時間と比較的近く、気軽に往復できるので、旅行先としても手軽。何度も通いつめているうちに、その魅力にとりつかれ、いっそのこと移住してみたいと思う方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回は、将来的に北京・上海など中国の大都市へ移住したいという方のために、北京・上海移住にかかる費用を試算し、一か月あたりの生活費を項目ごとに紹介します。
※1 中国人民元=16円、1ドル=113円で計算しています(2018年9月のレート)

北京・上海の住宅費は都心と同程度かやや低め

gettyimages (23212)

世界の都市の生活費を調査しているサイト「Expatistan」によると、1ルーム(約45㎡)の平均家賃は上海で約5,205元(約8.3万円)、北京で5,055元(約8.1万円)。同じ条件の東京の平均家賃が8.4万円となっているので、東京・北京・上海の家賃はさほど変わらないと考えてよいでしょう。

ただし、「高級エリア」の平均家賃は上海がダントツで高くなっています。先ほどと同じ1ルーム(約45㎡)の平均家賃が1万5,046元(約24万円)。北京の高級エリア8,990元(約14.4万円)、東京の高級エリア20.5万円と比較しても、上海中心部の家賃はとても高いことがわかります。
なお、北京・上海いずれも日本人向けの物件を扱う不動産屋は、小さめの間取りでも1万元(約16万円)ほどのものを案内することが多いようです。中国人相手の物件で5,000元(約8万円)程度。中心部ではなく、松江区、青浦区、嘉定区、金山区、宝山区等へ出れば、月々2~3,000元で借りることも可能で、中国人とのシェアならさらに安くあげることができるということですが、それには語学力が必要です。中国移住経験者の多くが「水漏れ、設備不良などのトラブルを経験した」と話していることを考えると、日本語で対応してくれる不動産業者を通した方が安心かもしれません。
このように、住む場所や条件によって賃料は様々なのですが、今回の試算では、市内中心部の家具付きワンルームに1人で住むと仮定し、中国語を話せる友人知人を頼りつつローカル向け不動産屋でリーズナブルな物件を見つけることができたとして、月々約8万円とします。

食費節約のカギはローカルフード

gettyimages (23220)

上海・北京の食費は、市場の食材や屋台飯などを利用すれば節約も可能です。
例えば、上海のローカルフード店では、肉まん1元(約16円)、ラーメン10元(約160円)、チャーハン6元(約100円)、串焼き20元(約320円)など実にリーズナブル。上海料理や火鍋なども複数で行けば1人50元(約800円)ほどで十分に楽しめます。

33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」ベルリンでの生活費

「いつかは住みたい」ベルリンでの生活費

ドイツは、長らくヨーロッパの政治・経済を牽引し続けている大国として知られています。美味しいビールやソーセージ、サッカーや高級車などで、われわれ日本人にとっても馴染みの深い国です。
「いつかは住みたい」ニュージーランドでの生活費

「いつかは住みたい」ニュージーランドでの生活費

日本から飛行機で11時間、広大な自然に恵まれたニュージーランドには、毎年多くの人々が足を運んでいます。教育が充実していることから留学先としても人気があり、学生時代に訪れた経験がある人もいるのではないでしょうか。
「いつかは住みたい」ホーチミンでの生活費

「いつかは住みたい」ホーチミンでの生活費

日本からアクセスの良い東南アジア諸国の中でも、新興国として注目を浴びているのがベトナムです。特に、東南部に位置するホーチミンは、経済を牽引する国内最大の都市として、アジアでも有数の賑わいを見せています。
「いつかは住みたい」サンフランシスコでの生活費

「いつかは住みたい」サンフランシスコでの生活費

アメリカ西海岸の港湾都市として有名なサンフランシスコ。半島に連なる摩天楼、オーシャンビューの高級住宅街、人でにぎわうフィッシャーマンズワーフなど、海と都市が融合した明るい街並みは多くの人に愛されています。
「いつかは住みたい」バンコクでの生活費

「いつかは住みたい」バンコクでの生活費

東南アジアを代表する常夏の国・タイは、日本からの直行便も多く、6時間程度のフライトで到着できることから、常に定番の海外渡航先として知られています。中でも首都・バンコクは、異国情緒に溢れる街並みを残しつつ、東南アジアのハブとしても急成長しており、伝統と近代化が融合した独自の魅力を形成しています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座