2018年5月29日 更新

セレブに学んで幸せをつかむ! 正しく「見た目」にお金をかけよう!

最近、ビジネスマンの思考をポジティブな方向にもっていく「モチベーター」の方の本を読んだからでしょうか?様々な分野で成功した方の習慣やアドバイスの本を手に取る機会が増えています。今回選んだのもそんな中の一冊。タイトルは『幸せをつかむ人ほど「見た目」にお金を使う』。

「娘と姉妹に見える」は美しい?

gettyimages (11430)

著者がアメリカから日本に帰国したとき、違和感を感じたものが「美魔女ブーム」なのだそうです。中でもファッション誌上で「娘と姉妹に見える」ことを賛辞として紹介していることにはかなり驚いたとのこと。日本では若く見えることが価値のある事とみなされがちですが、「若さは美しいけれど、美しいことが若さでは決してない」のです。
誰もが納得する美しい大人の女性とは、知性や品位があって物事のとらえ方に奥行きのある人。自分のスタイルを持っている女性のことだという意見には、男性の私も激しく同意してしまいました。

自分へのご褒美「ホテルスイーツ」のすすめ

istockphoto (11442)

自分を変えたいと頑張っている人ほど、現在の生活は厳しいはず。そんな人にとっては「息抜きが一番の投資」になる場合も。中でも著者は高級ホテルでスイーツを食べることをオススメしています。もちろん、豪華な食事や宿泊をしても良いのですが、よりリーズナブルに非日常の雰囲気を体感できるのがいいところ。
そしてもう一つ「大きなメリット」があるのだそうです。それは高級ホテルには洗練されたお客さんがたくさんいるという点。自分が「素敵だ」と思う人をさりげなくウォッチングして、ファッションやメイク、身のこなしなどの参考にすれば自分磨きまでできてしまう!いいこと尽くしなのです。ただし、あんまりジロジロ見過ぎると不審がられるので注意も忘れずにしたいですね。
競争の激しいニューヨークで成功するためには合理的に考える能力を身に付ける必要がある。そして、その合理的な彼らは「見た目」にお金を使うことは費用対効果が高いと考えている。これほど説得力のある事はあるでしょうか?
もちろん、故スティーブ・ジョブズのように毎日同じ服を着て脳を余計な判断に使わない、という極端なケースも存在しますが…彼はすでに別領域。何より自分のスタイルを確立していました。「見た目は内面の一番外側」。この言葉を忘れないようにしなければと感じました。

横山ケン太

趣味は財テクとアウトドア。フリーの作家として活動中。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部