2019年8月7日 更新

潮目が変わったか?いよいよ動き出す為替相場

7月30日〜31日のFOMCで為替が動き出すかと思いきや、8月1日のトランプ大統領の中国への追加関税といういうツイート砲で為替市場が大きく動き始めました。トランプリスクによる動きなのか、それとも別要因なのか。8月以降の相場はについて考えます。

2019.8.6

米国FOMCで政策金利が0.25%引き下げ

gettyimages (44134)

2019年7月30日、31日に開かれたFOMCで政策金利が0.25%引き下げられました。この結果を受け多くのコメントは以下のような感じでした。
・パウエル議長が会議後の会見で「長期的な利下げ局面の始まりではない」と発言したために継続的な利下げ期待が後退した。

・今回のFOMCの声明文からわかるようにパウエル議長はややタカ派である。市場参加者とパウエル議長の認識に隔たりがあり次回以降の利下げが確実ではなくなった。

・トランプ大統領はパウエル議長に不満を持っている。しかし、中立的な立場を守りたいFRBはこれからも大統領の介入を上手に避けながら利下げを回避するのではないか。
このような意見が多数を占めました。結果、政策金利の先行きが不透明になったことで米ドルは買い戻しされ一時109.31円まで上昇しました。これまでの1カ月の間、米ドルのマイナス要因であった過度な利下げ見通しに修正が入り、利下げは長期化しないであろうという思惑からドル高に向かっていきました。しかし、翌日の1日深夜にトランプ大統領が中国への制裁関税第4弾をツイッターでコメントすると相場は一転。米中対立の深刻化でFOMCは追加利下げに追い込まれるとの見方からドル円は下落に転じ8月5日には105円台まで急落しました。
さて、この流れだけを見ていると、「パウエル議長はハト派でなかったが、トランプ大統領の発言をきつかけに貿易戦争が悪化しそうでドルが安くなった」と解釈されそうですが本当でしょうか。これだけをみているとトランプ発言が今後修正されたり閣僚級会談が始まればドル安が止まるとも言えるわけです。これではあまりにもゴシップ的な投資になります。実はこれ以外に今回のFOMCにはドル安の要因がありました。
さかのぼること今から約20日前。パウエル議長は7月10日に下院金融サービス委員会で議会証言しています。そこでは、貿易摩擦などにより先行き不安や世界経済の弱体化が米景気見通しの重しになるという認識を示していました。また、その際は、景気拡大下支えに向けて適切に行動する用意があるとコメントしていました。この議会証言を受け、政策金利の引き下げが行われることは広くコンセンサスとなりましたが、一部のコメントではFRBは現在進めているバランスシートの縮小を7月末の会合で停止する可能性があると指摘していましたが、あまり注目度や確度は高くありませんでした。ただし、これが実現すれば、経済的な効果としては、今まで買い入れた長期債券の償還分は再投資されることになり、市場から再び米国債を買うことを通じて長期金利の一段と低下する。その結果、徐々に日米長期金利格差が縮小することによるドルの価値が減価する可能性が高まっていました。
このようにバランスシートの縮小についてはあまり話題性が低いままFOMCを迎え、実際のFOMCでは9月末に終了を予定していたバランスシートの縮小を、2カ月前倒しして8月1日で終了することを決定しました。これを受けた市場の反応を振り返ると、発表後は米国債市場では政策金利の動向を反映する傾向が強いとされる2年など短期の利回りが上昇しました。一方で、長期は、バランスシートの縮小停止を意識して利回りが低下。短期金利と長期金利はかなり対称的な動きとなりました。その結果、発表直後は短期金利の動きに追随し、しばらく経過してから冷静に長期金利に追随したと見ることが正しいように思います。

為替や株価の変動要因をトランプ大統領の発言に求める限界

gettyimages (44137)

ここ数年、株価や為替の大幅な変動要因をトランプ発言に理由を求める傾向があまりにも強まっているように感じます。当然、米国大統領の発言は、世界の要人発言の中で最重要視されるものであり無視できません。市場関係者も大いに注目していることから、それ自体に間違いはありませんが、しかし、あまりゴシップ的にトランプ大統領の発言のみを捉えているとその裏に隠れている大きな相場の転換点を見逃す可能性があります。
先日、過去の米利下げ局面におけるドル円相場のレポートをみかけました。米国では、1989年以降、1989年6月5日、1995年7月6日、1998年9月29日、2001年1月3日、2007年9月18日と過去5回利下げが行われました。しかし、その後のドル円の動きに法則性はありませんでした。つまり、ドル安とドル高が混在していたのです。そこに一番の影響があったのはその時の経済情勢。つまり、私たちは過去30年でたった6回目になる米国の利下げを目の当たりにして、あらためてやるべきことは経済状況を見極めることなのです。
今回のドル円の動きは、さもトランプ発言に誘発されたように捉えられています。しかし、その裏で、1)先日発表された米国の貿易収支統計における貿易額や赤字額には米中の貿易戦争の影響はさほど見えない、2)雇用者数が前年比ベースで見ても若干下落しているものの大幅に悪化している状況ではない、などがここ数日間で発表されています。この内容だけを見ていると決して9月に利下げが確実とは言えない状況です。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

9月12日に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が発表した総合的な金融緩和策では、欧州の低成長と低インフレの長期化を阻止するのに不十分であると市場の評価は冷ややかです。いかなる金融政策を講じても経済回復に至らない「低成長」「低インフレ」「デフレスパイラル」という日本化が本当に欧州圏で進んでいるのでしょうか。
今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

最近では、トランプ大統領の中央銀行への圧力や世界的に広がる貿易戦争などのトピックスに対して反応が鈍くなっているように感じます。一方で、景気の弱さと企業業績の不透明感が徐々に台頭していることについてはニュースとしてあまり取り上げられてないので知られていません。
ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

マインドフルネスをはじめとした、ウェルネス(健康を維持、増進させようとする生活活動)に興味を持つ人が増えつつあります。ウェルネスツーリズム、アプリなど新たな商品が出回り、今やウェルネス産業の市場規模は4.2兆ドル以上。このブームの実態や背景、昨今のトレンドについて解説します。
経済 |
米中貿易摩擦は来年まで引っ張れば、中国のほうが有利になる

米中貿易摩擦は来年まで引っ張れば、中国のほうが有利になる

アメリカ大統領選の歴史を振り返ってみると、勝利の方程式はやはり経済が好調であるということです。2020年11月の大統領選までのスケジュールから判断すれば、トランプ大統領は遅くとも直前の2020年7-9月期のGDP(速報値は10月末頃の発表予定)で3.0%以上の成長を達成し、経済が好調であることをアピールしたいところです。そこから逆算すると、6月がタイムリミットになります。
金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」は国連の「SDGs(持続可能な開発目標)」を達成するための投融資で、第1号は日本で行われました。金融企業もファイナンスを受ける企業もイメージアップし、中・長期的な企業価値の向上につながるといわれています。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊