2018年6月11日 更新

仕事の質は食事で決まる!IT企業のイットな社食に行ってみたい

昔、スタートアップデーティングというIT系ピッチ(プレゼン)の週1イベントがありました。1,000円で手作り晩御飯付きでした。「ITの人は美味しい御飯食べてるな」と思ったものです。聞けば、IT企業の社食はヘルシーで高レベルが続出とのこと!私もいつかは行ってみたいものです。

gettyimages (15867)

2018.6.11

無料提供も魅力。豊富なメニューが活力あふれるGoogle

gettyimages (15864)

「フリーソフトを提供している会社で、社員からお金をとることはできません」
Google本社(米国)が、食事の無料提供を行う理由についてこう回答しています。Googleの社員は、月に何回か知人を社食に招待可能だそうです。呼んでくれるGoogle社員の友達がいないのが非常に残念です!
Google社員はビュッフェスタイルの食事を、朝昼晩楽しめます。日本では六本木ヒルズの「江戸カフェ」が有名ですが、他にも2つ社食があるようです。
江戸カフェは和食が中心なのですね。週1回「お寿司の日」もあるようです。
お刺身はレギュラーメニューなのでしょうか、職人さんが切り分けてくれるようです。刺身といえば、Appleの社食でスティーブ・ジョブズが蕎麦に刺身をのせたものをよく食べていたという逸話も有名ですね。そういうメニューがあるのか、スティーブが勝手に刺身のせ蕎麦にしているのか不明ですが、刺身のランチはいいですね。満足感が高いので午後からのモチベーションが上がりそうです。
余談ですがAppleの社食情報は、社風を反映してかあまり出回っていません。Googleの方は、社員に招待された人の食レポがブログなどで多く出回っています。海外のGoogle社食の食レポも簡単にググれます。楽しいですよ。Googleの社食は企業のイメージアップに貢献していますね。
43階のほうの社食では、ラムチョップなどの洋風メニューが並びます。日替わりで提供される世界各国の料理もあるのです。サラダバー、フルーツやスイーツのバイキングも品数豊富で美味しそう。
こんな食事を毎回提供されたら、人格まで変わりそうです。超ポジティブ人間になれるかも!
参考:
「MITCHIE M」http://mitchie-m.com/blog/others/google-cafeteria/
「はらぺこグリズリーの料理ブログ」
http://www.cheap-delicious.com/entry/2017/04/21/174441

Amazon社食「a2z」も社員の同伴者なら利用可能

gettyimages (15868)

昨年の世界長者番付1位はAmazonのジェフ・べソスでした。であるならば、Amazonの
社食はどんな感じなのか興味がわきます。Amazonの社食は無料提供ではありません。しかし、無料提供の社食には給与課税が課されるといいます。会社側には、社食の経費を福利厚生費で計上して節税を図れるメリットがあるのですが、税金の件は気になるところです。
Amazon社食メニューは安いです。そして美味しそう。
目黒にあるAmazon本社の社食は「A2z」といいます。社員の同伴者なら利用可能ですが、またしても私には社員の知り合いはいない…。
ここのレポを見て驚くのは、どのメニューもリーズナブルなこと。メニューはそれぞれ日替わりで、この安さです。
肉料理、魚料理:いずれも300円~
麺類、カレーライス:いずれも280円~
サンドイッチ:400円
ハンバーガー:540円
「ハンバーガーが高い」と思われるでしょうが、このハンバーガーは社員の要望で生まれたメニュー。素材にこだわった本格派らしいです。
動画も見つけました。食レポYoutuberはいじいがAmazon社食を食レポし、540円のビーフバーガーを社員さんに勧められ食しています。見るからに肉の質も良さそうで一度食べてみたくなります。動画には揚げたて天ぷらやパニーニも映っていました。
小鉢の種類も豊富で、メニューにこだわりがある社食ですね。
本格派のパンケーキの食レポも発見しました。ちょっとしたレストランであること間違いなしです。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

言葉を武器に発信力を高める!「明日のライターゼミ」西島知宏氏インタビュー

言葉を武器に発信力を高める!「明日のライターゼミ」西島知宏氏インタビュー

「言葉」をうまく使えたらビジネスでの発信力も上げられる―。今最も活躍するウェブライターやコピーライターが講師を務めるオンラインサロン「明日のライターゼミ」は、現役ライターやその卵だけでなく、企業のPR担当者や一般の会社員など、幅広い層から注目を集めています。自身も輝かしいクリエイティブの実績を持つゼミ主催者 西島知宏氏がオンラインサロンを開いたのはなぜか。ビジネスとクリエイティブの境界が重なりつつある今、ビジネスパーソンにも注目のライター論をお届けします。
〈藤原美智子〉「お金とは、生き方である」

〈藤原美智子〉「お金とは、生き方である」

さまざまなモデルの新たな魅力を引き出し、常に最前線で活躍するヘア・メイクアップアーティスト藤原美智子さん。自らも美しく歳を重ねていく様を体現されていて、そのライフスタイルは世の女性たちの憧れとなっています。人生を美しく、幸せに生きるために必要なこととは。藤原さんに伺いしました。
〈藤田雄大〉「お金とは、気球のために使うもの」

〈藤田雄大〉「お金とは、気球のために使うもの」

バルーンニストの藤田雄大さん。18歳で熱気球パイロットライセンスを取得。2007年、立教大学在学時に挑んだ日本選手権では、初挑戦ながら2位を獲得。その後も飛躍的な成長を遂げ、そして2014年ブラジルで開催された世界選手権で日本人初となる優勝を果たしました。
人生100年時代に注目される農業✕テクノロジー「アグリテック」とは?

人生100年時代に注目される農業✕テクノロジー「アグリテック」とは?

田舎暮らしに憧れ、いつかリタイアしたら家庭菜園をやってみよう…と思っている人も少なくないようです。 その一方で、既存の農家は存亡の危機です。重労働に加え、収入の不安定さなどの理由から後継者がいなくなり、外国人の労働力に頼る農家が増えています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座