2018年6月18日 更新

DINKS夫婦が家を買ったら「ホテルに住む暮らし」が叶った話

人生で一番大きなお買い物、多くの人が「家」ではないでしょうか。自宅の購入が得か、それとも賃貸が得なのか、購入派と賃貸派によって数多くの議論がなされてきました。 私自身は購入派です。結婚と同時にマンションを買い、その結果、理想の暮らしに近い現在があります。

購入派の一例として、私たち夫婦がどのように家を探し、どんな点がよかったのかなど、実体験をふまえてご紹介させていただきます。
thinkstock (15471)

2018.05.31

あなたの理想の暮らしは?

thinkstock (15507)

想像してみてください。あなたの理想の暮らしはどのようなものですか?
「やりがいのある仕事をして、広い家に住んで、素敵なパートナーが隣にいる」など、多くの方はその理想の中に住居についての条件を挙げるのではないでしょうか。理想の暮らしは理想の家があってこそ成り立つといっても過言ではありません。
理想の家を購入しようと思ったときに、最終的に何人家族になるのかは大きな決め手のひとつです。子どもを望む夫婦は、子どもが生まれたら3人家族になり、4人家族になり、最終的に「○人家族」になります。
一方、DINKS(Double Income No Kids)は共働きで子どもなし、つまり家族が増えない前提です。間取りや場所を選ぶときに今の生活をベースに考えれば十分ですので、すぐにでも理想の物件選びが可能です。DINKSにこそ、いますぐ理想の家を購入することをおすすめします。

住宅購入はコンセプト設定からはじめよう

gettyimages (15501)

住宅購入は夫婦で取り組む大きなプロジェクトのようなもの。予算と期限を決め、目的やコンセプトをすり合わせ、ゴールである理想の生活を目指します。まずはブレストから開始したわが家はこのような感じです。
夫「かっこいいエントランスがいい、部屋で夜景を見ながらビールを飲みたい。」
私「住民専用ジムとかほしい、家から出なくても色々できるところに住みたい。」
39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

DINKS夫婦が家事なしライフでお金と時間を手に入れた話

DINKS夫婦が家事なしライフでお金と時間を手に入れた話

平日はフルタイムで働いて、休日にまとめて家事を片付けたら半日が終わってしまう。そんな生活を送っている方が案外多いのではないでしょうか?働きながらの家事はなにかと負担が大きく、家庭においては家事分担が喧嘩の原因になることも多いようです。
夫婦ふたりきり仲良く暮らす3つの約束

夫婦ふたりきり仲良く暮らす3つの約束

DINKS(ディンクス)という生き方を知っていますか?Double Income No Kidsの頭文字などを並べたもので、「共働きで意識的に子どもを持たない夫婦」のことです。子どもを持たないということは、長い時間を夫婦ふたりきりで生きていくということ。DINKSで幸せに暮らすために大切なことは何なのか、実体験をもとに考えてみたいと思います。
70万PVブログ記事「子育てを大変だと感じる本当の理由」のLICOさんに聞く身近な人と良い関係を築く方法

70万PVブログ記事「子育てを大変だと感じる本当の理由」のLICOさんに聞く身近な人と良い関係を築く方法

記事が70万超えでシェアされる人気ママブロガーのLICOさん。3人の子育てをしながら、ブログ更新、本の執筆、講演と多忙な日々を送ります。そんなLICOさんの子どもとの付き合い方は、それは私たちビジネスパーソンの人間関係作りにも大切なことだと気づかされます。子育てと仕事をしなやかに両立させているママからのメッセージをお届けします。
言葉を武器に発信力を高める!「明日のライターゼミ」西島知宏氏インタビュー

言葉を武器に発信力を高める!「明日のライターゼミ」西島知宏氏インタビュー

「言葉」をうまく使えたらビジネスでの発信力も上げられる―。今最も活躍するウェブライターやコピーライターが講師を務めるオンラインサロン「明日のライターゼミ」は、現役ライターやその卵だけでなく、企業のPR担当者や一般の会社員など、幅広い層から注目を集めています。自身も輝かしいクリエイティブの実績を持つゼミ主催者 西島知宏氏がオンラインサロンを開いたのはなぜか。ビジネスとクリエイティブの境界が重なりつつある今、ビジネスパーソンにも注目のライター論をお届けします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フクチメグミ フクチメグミ