2019年8月15日 更新

感情をコントロールできない人へ。怒りを抑える方法5つ

何かとストレスを感じる毎日、気がつけば腹を立てることが多くなっていませんか。怒りを発散させると一時的に気分は晴れますが、実は自身の評価を下げるなどデメリットが多いものです。そこでマスターしたいのが、怒りの感情をコントロールする方法です。

gettyimages (44823)

2019.8.15

1 なぜ感情がコントロールできないのか

gettyimages (44825)

まず自分の感情をコントロールするのが難しいのはなぜかを説明します。

1-1 心の知能指数

試験によって客観的に評価する知能指数のほかに、第三者では評価できない”心の知能指数”(=EQ)というものがあります。(※1)

この心の知能指数にはいくつかの要素がありますが、そのなかのひとつが”自己制御”です。感情をコントロールできるかどうかは、この自己制御ができるかどうかに左右されます。

自分が置かれた状況が自分で管理できるのかどうかを判断できれば、感情のコントロールも可能になります。しかしそのような判断よりも感情で行動してしまう人は、自己制御がうまく働いていない状態と言えます。

1-2 怒っている人は傷ついている

感情をコントロール方法がわからずに、常に怒っている人は、自分が傷ついていると認識していることが多いようです。(※2)

つまり自分を傷つける対象に対して攻撃的になることで、自身を防御しようという本能が働いているのです。いわゆるトラウマを抱えているために、本能的に感情をぶつける行為をしているにすぎません。

もし自分で自分が傷ついていることを認識しているのであれば、理論理屈ではなくシステマティックに感情をコントロールする方法を試す必要があります。

2 瞬間的な怒りをコントロールする(アンガーマネジメント)

理屈では制御できない怒りの感情をコントロールする方法はいくつかあります。

2-1 6秒待つ…怒りの最大値は6秒で収まる

→方法①

怒りの感情をコントロールする簡単な方法として、”6秒ルール”があります。

これは、瞬間的に生じた怒りの感情は、6秒間我慢すれば自然消滅する可能性が高いことを利用する方法です。(※3)

怒りの感情とともに生じた脳内の興奮物質は、6秒以上経過すると自然と減少します。ただし、あくまでも瞬間的に感じる怒りの感情に対して有効な方法であって、たとえば長時間説教をされることに対して持続性のある怒りを感じる時には効果は薄いかもしれません。

2-2 深呼吸する…副交感神経を活発化

37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

手にしたお金を幸せなものにする Happy Moneyの作り方

手にしたお金を幸せなものにする Happy Moneyの作り方

世の中には、いいお金とあまりよくないお金の二種類があるようです。自分が手にしたお金や出しているお金は、はたしてどちらであるといえるのでしょうか。 KenHonda著『一瞬で人生を変えるお金の秘密happy money』 より、過去を見つめ直してより良い未来に向かうHappy Moneyを作り出す考え方をご紹介します。
お金 |
健康的に食べて痩せる!ケトジェニックダイエットで効率よく痩せるコツ

健康的に食べて痩せる!ケトジェニックダイエットで効率よく痩せるコツ

カロリー制限をせず、しっかり食べて痩せる方法に「ケトジェニックダイエット」があります。しかし、間違った方法でリバウンドしている人も少なくありません。今回は、 ケトジェニックダイエットの正しい方法や効率的に痩せるコツについて解説していきます。
ラグビー日本代表が悲願のベスト8入で得たものは

ラグビー日本代表が悲願のベスト8入で得たものは

2019年10月20日という日は、日本ラグビー界にとって間違いなく記憶される日になるでしょう。そうです、この日は、9回目のW杯出場で初の準々決勝。しかも、前回大会で勝利をしている南アフリカ戦。日本中の期待が高まりましたが、結果は善戦したものの3−26で敗れました。しかし、今回のベスト8入りで日本代表BRAVE BLOSSOMSは大きな財産を得ました。その財産とは。
秋旅は京都&小京都で紅葉狩り!一度は行きたい観光スポット5選

秋旅は京都&小京都で紅葉狩り!一度は行きたい観光スポット5選

秋になったら見逃せないのが紅葉狩り。紅葉の美しいところは数ありますが、今年は小京都と呼ばれる京都に似た佇まいを持つ所を訪ね、紅葉を楽しんでみるのはどうでしょう。日本全国から選んだ小京都紅葉スポットと本場京都の紅葉をご紹介します。
欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

9月12日に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が発表した総合的な金融緩和策では、欧州の低成長と低インフレの長期化を阻止するのに不十分であると市場の評価は冷ややかです。いかなる金融政策を講じても経済回復に至らない「低成長」「低インフレ」「デフレスパイラル」という日本化が本当に欧州圏で進んでいるのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座