2019年8月15日 更新

感情をコントロールできない人へ。怒りを抑える方法5つ

何かとストレスを感じる毎日、気がつけば腹を立てることが多くなっていませんか。怒りを発散させると一時的に気分は晴れますが、実は自身の評価を下げるなどデメリットが多いものです。そこでマスターしたいのが、怒りの感情をコントロールする方法です。

gettyimages (44823)

2019.8.15

1 なぜ感情がコントロールできないのか

gettyimages (44825)

まず自分の感情をコントロールするのが難しいのはなぜかを説明します。

1-1 心の知能指数

試験によって客観的に評価する知能指数のほかに、第三者では評価できない”心の知能指数”(=EQ)というものがあります。(※1)

この心の知能指数にはいくつかの要素がありますが、そのなかのひとつが”自己制御”です。感情をコントロールできるかどうかは、この自己制御ができるかどうかに左右されます。

自分が置かれた状況が自分で管理できるのかどうかを判断できれば、感情のコントロールも可能になります。しかしそのような判断よりも感情で行動してしまう人は、自己制御がうまく働いていない状態と言えます。

1-2 怒っている人は傷ついている

感情をコントロール方法がわからずに、常に怒っている人は、自分が傷ついていると認識していることが多いようです。(※2)

つまり自分を傷つける対象に対して攻撃的になることで、自身を防御しようという本能が働いているのです。いわゆるトラウマを抱えているために、本能的に感情をぶつける行為をしているにすぎません。

もし自分で自分が傷ついていることを認識しているのであれば、理論理屈ではなくシステマティックに感情をコントロールする方法を試す必要があります。

2 瞬間的な怒りをコントロールする(アンガーマネジメント)

理屈では制御できない怒りの感情をコントロールする方法はいくつかあります。

2-1 6秒待つ…怒りの最大値は6秒で収まる

→方法①

怒りの感情をコントロールする簡単な方法として、”6秒ルール”があります。

これは、瞬間的に生じた怒りの感情は、6秒間我慢すれば自然消滅する可能性が高いことを利用する方法です。(※3)

怒りの感情とともに生じた脳内の興奮物質は、6秒以上経過すると自然と減少します。ただし、あくまでも瞬間的に感じる怒りの感情に対して有効な方法であって、たとえば長時間説教をされることに対して持続性のある怒りを感じる時には効果は薄いかもしれません。

2-2 深呼吸する…副交感神経を活発化

37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈龜石太夏匡〉お金とは、道具になって欲しい。

〈龜石太夏匡〉お金とは、道具になって欲しい。

社会的事業を多く手がけるリバースプロジェクトは、株式会社として利潤も追求します。そこに存在するジレンマとは? そして、同社代表である龜石太夏匡氏の波乱万丈な人生から導き出した「お金」とは?を問います。価値観が揺さぶられるインタビュー後半。
〈DaiGo〉 お金とは、自由と交換するための引換券。

〈DaiGo〉 お金とは、自由と交換するための引換券。

動画サイトやブログで圧倒的なフォロワーを集め、書店では山積みにされた著書が 次々に売れていく── 若くして多くの人が 知る存在となったDaiGoさん。しかし、その生業を正確に知る人は多くないのではないでしょうか。
幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

億万長者というと、自分とは関係がないような気がしてしまいます。さらに、幸せとは言い難い人生を送っている印象が強いものです。しかし、世の中には、知名度は高くなくても、幸せな生き方をしている億万長者もいるようです。 岡崎太郎著『億万長者のすごい習慣』 より、上品で素敵な人生を送る億万長者の習慣をご紹介します。
キャリアアップか?チェンジか?「チェンジ」して「アップ」した渋沢栄一

キャリアアップか?チェンジか?「チェンジ」して「アップ」した渋沢栄一

「キャリアアップ」「キャリアチェンジ」の違いがわかりますか? 専門性を磨くキャリアアップと比べると、専門性をご破算にして一から出直すキャリアチェンジは覚悟とエネルギーが必要ですが、幕末、明治の激動の時代、両方やってのけたのが渋沢栄一でした。
英会話勉強法:本気で上達したい人のための海外ドラマ・映画6選

英会話勉強法:本気で上達したい人のための海外ドラマ・映画6選

海外からの観光客や外国人労働者が増え、東京2020も控える日本。そろそろ本気で英会話を何とかしたいと考えていても、なかなかスクールでは上達しなかった人もいるかもしれません。そこで、自宅でできる海外ドラマや映画を用いた勉強法とレベル別おすすめ作品を紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座