2018年5月24日 更新

〈奥田修史〉「お金とは、向き合わなければならないもの。」

かつて「偏差値がつかないほど」落ちぶれ、経営的にも破綻寸前にまで追い込まれていた長崎県諫早市の創成館高等学校。窮地から奇跡の復活劇を見せ、教育業界のみならず広く世間を驚かせた、3代目理事長でもある奥田修史校長。

「お金とは、向き合わなければならないもの。(奥田修史)」
ハワイ州立大学卒業。帰国した後に、祖父の代から続く学校法人奥田学園に就職。32歳で奥田学園理事長、34歳で創成館高等学校校長に就任。大胆な行動力とユニークなアイデアで破綻寸前の学校法人を7年間で蘇らせ、さらに前回入試で募集人数に対して4.7倍の志願者数を集めるなど人気校へステージを押し上げた。著書に『ヤンチャ校長、学校を変える』(宝島社)がある。
3 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?
〈藤本真衣〉「お金とは、私の価値を貴方に、貴方の価値を私に…。」

〈藤本真衣〉「お金とは、私の価値を貴方に、貴方の価値を私に…。」

「未来のお金のつくり方」をテーマとして2018年2月17日に開催された、「お金の教養フェスティバル」。そこで"ミス・ビットコイン"藤本真衣さんが1,000人を前に語った、ブロックチェーンやビットコインの未来とは。
〈澤田秀雄〉「お金とは、可能性」

〈澤田秀雄〉「お金とは、可能性」

「株式会社エイチ・アイ・エス」「現・スカイマーク株式会社」の創業、テーマパーク「ハウステンボス」の再建、 「変なホテル」の開業など、次々に新しい事業を立ち上げ成功を収めてきた澤田秀雄さん。 澤田社長の新しい発想力や行動力はどこから来るのでしょうか。 生き方や考え方 についてお話をお聞きしました。
〈長谷川穂積〉「お金とは、ただのチケットである」

〈長谷川穂積〉「お金とは、ただのチケットである」

2016年9月16日。激闘を制しWBC世界スーパーバンタム級王者に。3階級制覇の偉業を達成しました。引退後の現在は、解説者としてボクシング界に貢献しながらタレント活動、さらにはタイ料理店のオーナーも務めている長谷川さん。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座