2020年2月6日 更新

冬のかくれ脱水症状に注意!水分代謝をアップして予防する方法

冬は、寒さや発汗量の低下から水を飲む量が減る傾向にあります。そのため、かくれ脱水症状に陥り、むくんだり太ったりする人は少なくありません。そこで今回は、水分代謝をアップさせて冬のかくれ脱水症状を予防する方法について解説していきます。

gettyimages (52180)

2020.2.6

かくれ脱水症状予防のポイント

gettyimages (52179)

かくれ脱水症状を防ぐためには、基本となる「水分」をしっかり摂取することが大切です。しかし、寒い季節に水を飲むことで体調不良を起こしてしまう人もいます。そのため、できるだけ体に害を及ぼさない水分補給を行わなければいけません。さらに「体温の維持」と「血流アップ」を行うことがポイントです。これらは冬の時期に特に重要で、かくれ脱水症状の予防効果を高めることが期待できます。
次からは、具体的な対策について説明していきます。

効率的に水分を補給する

gettyimages (52178)

体内の水分量を確保するためには、こまめに水分補給するようにしましょう。その際、コーヒーやお茶などではなく、余計な成分や原料が入っていないものがよいです。できるだけ純水に近いものを選んでください。摂取した水分が効率的に体内に吸収されるためです。よく飲まれるものに、ミネラルウォーターがあります。このミネラルウォーターはミネラル成分が多く含まれているため、水分補給が目的の場合はミネラルが邪魔になることがあります。しかし、通常は特に気にする必要はないでしょう。
水を飲む際は、温めて摂取することをおすすめします。温かい飲み物は、血行促進や老廃物の排出を促進する効果も期待できます。そのため、冬の水分補給は白湯のような温かい飲み物を摂取するようにしましょう。なお、ミネラルウォーターを温めてもミネラル成分が失われることはありません。また十分な量を飲めない場合は、水分の多い食事をとったりゼリー状の水分補給剤を活用したりしましょう。

体温を維持する

gettyimages (52176)

体温を維持することも、水分代謝アップのためには重要です。人体の約6~7割は水分で構成されているため、冬の体温は気温に左右されやすくなります。そのため、意図的に体を温めるようにしましょう。室温を高く設定することはもちろん、保温効果の高い材質を使った腹巻を着用すると、体の中心から保温効果が広がるためおすすめです。またデスクワークの場合、フットヒーターやパネルヒーターの使用も有効です。それにひざ掛けを組み合わせることで、足元からの冷えを解消し体全体の保温に役立つでしょう。

運動で保温と血流アップ

gettyimages (52175)

26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビジネスエリートの良習慣「体を鍛えること」はスキルの一つ

ビジネスエリートの良習慣「体を鍛えること」はスキルの一つ

近年、貴重な時間を削ってまでもジムに通い自らの身体と徹底的に向き合うエリートビジネスマンが増えています。ニューヨークの高級ジムでは、土曜の朝8時には体を鍛える人で混み合うのだとか。できる人はなぜ体を鍛えるのでしょうか。
モチベーションを高める!ジム通いを続けるためのマインドセット8選

モチベーションを高める!ジム通いを続けるためのマインドセット8選

ダイエットやボディメイクのためにジムを活用することはたいへん効果的です。しかし、当初のやる気が徐々になくなり、次第に行かなくなってしまうことも少なくありません。そこで今回は、ジムに通い続けるためのマインドセットについて解説していきます。
運動が苦手でも簡単!自宅でできる太もも引き締め集中エクササイズ

運動が苦手でも簡単!自宅でできる太もも引き締め集中エクササイズ

「脚をスッキリさせたいけど運動する時間がとれない」「筋力がなくてスクワットが辛い」など、太もものことで悩んでいる人は少なくありません。今回は、運動が苦手な人でも自宅で短時間でできる、太もも引き締め集中エクササイズについて解説していきます。
日経ヘルス編集長に聞く!健康で美しく働き続けるための2020年健康トレンド

日経ヘルス編集長に聞く!健康で美しく働き続けるための2020年健康トレンド

医学の進歩により人生100年時代がやってくるなか、ビジネスパーソンにとって、ただ寿命を伸ばすだけでなく、ベストパフォーマンスを出し続ける健康な体づくりの方法を知っておきたいものです。今から取り入れるべき健康法や2020年の健康トレンドについて、日経ヘルス編集長の白澤淳子さんにうかがいました。
通勤時にできる筋トレ法とは?日常のながら運動を徹底解説!

通勤時にできる筋トレ法とは?日常のながら運動を徹底解説!

「時間がなくてジムに通えない」「忙しい時期はぜんぜん筋トレできない」など、運動する時間が取れないことに悩んでいるビジネスパーソンは少なくありません。そこで今回は、時間がなくてもできる通勤時のながら筋トレ法を解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ
お金の教養講座