2018年5月1日 更新

「目先のお金を稼ぐ」という考え方は通用しなくなっていく 〜ミスビットコインが語る「未来のお金のつくり方」後編〜

「お金とは、私の価値を貴方に、貴方の価値を私に…。」(藤本真衣)

2018.4.27
ブロックチェーンやビットコインの登場がもたらす変化のは、世の中の仕組みだけにとどまりません。仕組みとともに大きな変革がもたらされるのが、考え方。「お金の教養フェスティバル」で"ミス・ビットコイン"藤本真衣さんが語った、これからの時代に必要な考え方とは。

ビットコインの“非常識”な概念

ビットコインの本当に非常識な、かつ、革新的な概念。それは、発行主体がない、非中央集権、トラストレスということです。トラストレスと言うのは、トラスト、つまり第三者を信用する必要がない、ということです。
この発行主体がなくて、それでも信じられるというのは、ブロックチェーンという技術があってこそ成り立っています。
ブロックチェーンには、消せない、改ざんできない、透明性がある、ゼロダウンタイムである、というような特徴があります。ブロックチェーンは、非中央集権なので、世界中のバラバラなネットワーク上で全部接続されています。
ビットコインは消そうと思っても消せません。なぜ消せないかと言うと、1カ所爆撃して潰したくても、世界中で一緒に通信を取り合っているからです。「私からAさんに何ビットコイン送ったよ」という履歴が全員の台帳に共有されるわけです。誰かがビットコイン をこの世から消したかったとしても、他の人も私の履歴を持っているわけなので、ノードが1つでも残る限り生き残るんですよね。世界中のインターネットを一斉に遮断をする程の事がないと厳しいですよね。それがブロックチェーン上に乗っているお金である、ビットコインが消せない理由になっています。

キーワードは「共感型資本主義」

未来のお金をつくるために覚えておくべきキーワードとして、私は「共感型資本主義」という言葉にすごく注目しています。
シェアリングエコノミー、今、大注目されていますよね。これって本当に人と人の繋がりができてこそだと思うんですけども、これによって今まで1つに束なっていたものが分散化されてきています。
たとえば、UberやAirbnb。あれは、タクシー会社がタクシーを所有していない、ある意味、世界一のホテル会社だけども、ホテルを所有していない、社員も所有していない。これが今のUber とAirbnbのビジネスモデルになります。しかも、日本で唯一のユニコーン企業、ユニコーン企業というのは上場していなくて1,000億円以上のバリエーションがある企業のことですけれども、この日本で唯一のユニコーン企業がメルカリですよね。メルカリもCtoCのビジネスなわけです。CtoCは今とても注目度が高いんです。
ただ、ブロックチェーンはPtoP(ピア・ツー・ピア)なんです。これからCtoCからPtoPに必ず移り変わっていきます。Uber、Airbnb、メルカリに続きまして、Breadっていうウォレットの会社が、実はウォレットの機能だけじゃなくて、分散型銀行を作ろうとしています。彼らが何を持たないのか、想像できますか?彼らは、お金を、顧客の資産を預からない銀行を目指しています。これも、すごく非常識的な概念ですよね。最初聞いたときに私も「え?」と思いました。
38 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ミスビットコインがそっと教える、仮想通貨の“ぞっとした話”3つ

ミスビットコインがそっと教える、仮想通貨の“ぞっとした話”3つ

ビットコインをはじめとする仮想通貨についてわかりやすく伝えるポジションとして“ミス・ビットコイン”と呼ばれている藤本真衣さん。ビットコインや仮想通貨について相談を受けることも多いという藤本さんが知り合いから言われて“ぞっとした話”を教えてもらいました。皆さんは心当たり、ありませんか?
ブロックチェーンやビットコインは世界をどう変えるのか 〜ミスビットコインが語る「未来のお金のつくり方」前編〜

ブロックチェーンやビットコインは世界をどう変えるのか 〜ミスビットコインが語る「未来のお金のつくり方」前編〜

「未来のお金のつくり方」をテーマとして2018年2月17日に開催された、「お金の教養フェスティバル」。そこで"ミス・ビットコイン"藤本真衣さんが1,000人を前に語った、ブロックチェーンやビットコインの未来とは。
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座