2019年3月19日 更新

人を惹きつける話し方でスピーチを成功させる7つのルール

「言葉の力」で人を率いるリーダーを目指すなら、「スピーチ」はとても大事です。信頼を勝ち取れるようなスピーチを行うためのヒントになる「1分間に300字がおさまるように話しなさい」などの「NHK式7つのルール」を紹介します。

2019.3.19
gettyimages (33970)

理想的なスピーチ速度は「1分間に300字」

gettyimages (33991)

ビジネスパーソンにとって「スピーチ」は大事です。会議やプレゼンテーションはもちろん、社内の会合でも、イベントでも、近隣の付き合いでも、趣味の集まりでも、挨拶に続いて軽いスピーチを行う機会はよくあります。「言葉の力」で組織を率いるリーダーを目指すなら、わかりやすく、人をひきつける良いスピーチができる能力が問われます。
スピーチの際の「スピード」を意識したことはありますか? 昔の人と比べると現代人はしゃべるスピードが早くなったとよく言われますが、話し言葉は、早すぎても遅すぎても内容が伝わりにくくなります。NHKではアナウンサーの研修で「1分間で300字の原稿がおさまるように話しなさい」と教えているそうです。それを念頭に、自分で原稿用紙に300字の文章を書き、それを何秒でしゃべるか時計で測って確かめてみるといいでしょう。50秒なら早すぎ、70秒なら遅すぎます。
アナウンサーのニュースでの話し方を観察してみると、時間内におさまりそうにない時でもスピードアップしたりせず、うまく端折って一定のスピードを維持しながら終わらせています。「あせって全部言おうとしない」ことが、大事なようです。
さかのぼればスピーチ原稿の段階で「あれも伝えたい」「これも伝えたい」と欲張りすぎず、心の余裕をもってスピーチに臨むことが求められている、とも言えそうです。

信頼される話し方「NHK式7つのルール」

gettyimages (33972)

『【NHK式+心理学】一分で一生の信頼を勝ち取る法~NHK式7つのルール』(ダイヤモンド社)を出版した矢野香氏は、NHKの報道番組のニュースキャスターを17年務めるかたわら大学院で心理学を学び、現在は大学で教鞭をとりながらスピーチコンサルタントとして活躍しています。
この本び大きな柱になっているのが、信頼される話し方をするための「NHK式7つのルール」で、次のようなものです。
・第1のルール 話す目的をハッキリさせる
・第2のルール 「13文字以内」でタイトルをつける
・第3のルール 結論は「最初の15秒」で言う
・第4のルール 「一文50文字以内」にする
・第5のルール 「4つの抑揚」で強調する
・第6のルール 「1分300文字」でゆっくり話す
・第7のルール 独り言から入る
このノウハウは、日本でラジオ放送が始まって以来、研究機関「NHK放送技術研究所」や研修機関「NHK放送研修センター・日本語センター」で長年にわたり、試行錯誤しながら築いてきた話し言葉のスタンダードがベースにあります。

うまくなりたければヒトラーでも手本にする

gettyimages (33993)

23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

キャッシュレス化で補助金も!?クレジットカード決済未導入は不利?

キャッシュレス化で補助金も!?クレジットカード決済未導入は不利?

キャッシュレス化社会を進めるために補助金を行政が用意している、というお話を耳にされた方は少なくないでしょう。既に起業された方も、これから起業を検討されている方も、クレジットカード決済を導入しない場合、ビジネスで損をする可能性が大きいことは知っておいた方が良いですね。
2020年に向けて働き方改革「テレワーク」のメリットとは

2020年に向けて働き方改革「テレワーク」のメリットとは

世紀の一大イベントである東京オリンピックが2020年に行われます。開催期間中の都内への出勤など、交通機関の混雑が予想されます。 森本登志男著『あなたのいるところが仕事場になる』 より、今知っておきたい、テレワークという働き方についてご紹介します。
成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いは、突き詰めればたった1つしかありません。一向に成長しない部下や後輩を眺めて、日々悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。仕事で成長する人・しない人の違いがどこから来るのかを解き明かし、どのように捉えれば良いのかを考えてみます。
近代日本の財政破綻の危機を救った蔵相・高橋是清は、転職魔だった

近代日本の財政破綻の危機を救った蔵相・高橋是清は、転職魔だった

江戸末期にアメリカ・オークランドで牧童をしていた高橋是清は、職業を転々とした三十年余の年月を経て、明治三十二年には日銀副総裁に栄進し、日露戦争や世界恐慌の勃発により日本が財政破綻の危機的状況に陥ったなか、戦費調達や金融・財政政策に辣腕を振るい国家の破綻を救いました。 この間の転職歴は十数回におよび、ときには遊びで身を持ち崩したり、事業の失敗で失業するなど人生の辛酸をなめましたが、その生き様の中でどのような軌跡を描き人生の成功者となっていったのでしょうか?
サーバントリーダーシップにはデメリットも?おすすめの使い方は?

サーバントリーダーシップにはデメリットも?おすすめの使い方は?

「サーバントリーダーシップ」にもデメリットはあります。旧来の「支配型リーダーシップ」のアンチテーゼとして、昨今注目を集める「サーバントリーダーシップ」ですが、使用方法を誤ると逆効果にもなります。「サーバントリーダーシップ」のメリット・デメリットを理解し、有効な使い方を考えます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部