2018年5月29日 更新

究極の電気代節約!?アフロの稲垣さん流「寂しい生活」に学ぶ!

皆さんは「月々の電気代を150円減らして下さい。」と言われたら、一体どんな行動をとりますか? 帰ってすぐにテレビをつける癖を止める。エアコンの設定温度を変更する。これくらいで達成できそうな気がします。では、もしも「月々の電気代を150円にして下さい!」と言われたら?ちょっと何をしていいか分からない…いや、ちょっと何を言っているのか分からないレベルの話です。でも、そんな生活を実際に送っている女性がいるんです。それも大都会・東京に。

gettyimages (13437)

2018.4.19
名前は、稲垣えみ子さん。名前を聞いてもピンとこない人も多いかもしれませんが、テレビ朝日の番組『報道ステーション』で解説員として出演したアフロの女性と言えばイメージできる人もいるのではないでしょうか? 一部では有名な話だそうですが、あの彼女がなんと月々200円以下の電気代でマンション暮らしをしているというのです。一体なぜ? どうやって? 疑問は尽きないので、彼女が自身の生活について綴った『寂しい生活』を手に取った次第です。
その内容を読んでみると、タイトルの「寂しい」とは裏腹に電気代の節約を楽しみ、逆にこれまで失われていた感性を取り戻す様子が克明に描かれていました。ものを持たないミニマリストとも若干異なる、超節約生活を覗いてみましょう!

きっかけは「原発事故」!節電にハマる!

gettyimages (13446)

一橋大学を卒業後、新聞記者となった稲垣さん。報道に携わる中で2011年3月11日を迎えます。当時は大阪に勤務していたそうですが、そこで福島第一原発の衝撃的な事故映像を目の当たりにします。こんな時、マスコミは必ず次のトラブルを防ぐ意味でも「責任者は誰だ?」と追求しますが、その中で「もしかして原発のことを知らなかった自分に責任があるのでは?」という言い知れぬ感情が芽生えたのです。

そして、自分の価値観をリセットする意味で決意したのが「個人的脱原発」。月々の電気代を現在の半分に減らす努力をしてみたのです。家電の待機電力をカットしたり、お風呂場の換気扇を回す時間を大幅に減らしてみたり。しかし、元々の電気代も2,000円程度とかなり低めだったこともあり、削れる部分がそれほどない…。作戦は早々に頓挫してしまいます。

松下幸之助流の発想の転換!暗闇生活のスタート!

gettyimages (13452)

まるで乾いた雑巾を絞るような「努力の節電」をしていた稲垣さん。しかし限界がありました。そんな時に思い出したのが「経営の神様」松下幸之助氏のエピソード。
実は松下電器が経営不振に陥った際「電気代を1割減らす」という目標を立てたものの上手くいかなかったことがあったのだそうです。その時、悩む幹部たちを前に幸之助氏が伝えた一言。それは「それでは目標を変えて、1割減ではなく半減を目標にしましょう」というものだったのです。
普通なら目標を小さく設定してみようと考えるところ、幸之助氏は真逆の提案。しかも、半減という途方もないレベルの提案です。しかし、これには1割を減らすために思いつくことはたかが知れている。もっと根本的な発想の転換が必要だというメッセージが込められていたのです。

このエピソードに感化された稲垣さん。なんと「電気代を半減」という目標から「電気代の全滅」を目指すことに!それからというもの、電気はないものと頭を切り替えます。マンションのエレベーターも使わず、夜仕事から帰ってまずすることは「目を暗闇に慣らす」。その徹底ぶりに思わず笑ってしまいましたが、この大胆な生活の切り替えが思わぬ恩恵をもたらしてくれることになるのです。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座