2018年5月29日 更新

誰でも働き方は変えられる!?「自分の時間を取り戻す方法」

全ての人と組織に共通する「忙しすぎることの本質」を見極め、その解決方法を提案するのがテーマとのこと。忙しすぎる生活を「避けられないもの」「自分が頑張って乗り切るべき問題」だと受け入れてしまっている人にとって新たな発見がありそうです。

gettyimages (11908)

2018.3.18
「仕事よりも自分優先で生きる方法を教えます!」
『自分の時間を取り戻そう』の帯に書いてあった紹介文です。
・残業ばかりで限界の管理職
・家庭と仕事の両立に悩む母親
・働きづめのフリーランス
・会社が伸び悩んできた起業家
著者は元証券マンでアメリカの大学院留学、外資系企業勤務を経て現在は作家とブロガーをしているちきりん氏。作家歴は数年ながら、累計23万部のベストセラーシリーズ『自分のアタマで考えてみよう』や『マーケット感覚を身につけよう』などの著書があり、ビジネスマンからの支持が厚い方です。
今回は本書の中でも、より実践的な「時間の取り戻し方」を紹介している6章と7章を中心にその内容に迫ってみたいと思います。

はたらく時間の減らし方!「1日の総労働時間を制限する」

thinkstock (11955)

単身者の中には「自分は何時まで働いても大丈夫」と思っている人が多いですが、この考えは要注意!生産性が上がらないまま年をとり、気がつけば子育てしながら働いている人と、将来のスキルに大きな差を付けられてしまうこともあるのだそうです。
まさに私も単身フリーランスの仕事をしているので、まさに当てはまる一人。「たくさん働けるのが長所」とまで思っていました。これまでは時間に制限なく働いてしまっていましたが、たしかに生産性の低下につながる可能性も意識しなければいけませんね。作者曰く、より生産性を高めるには、まず今の仕事を特定の時間に終わらせると決めてしまう。そして、そのためにはどのようにすればいいか考えるのが第一歩だといいます。

「仕事以外のことをスケジュールに書き込む」

thinkstock (11917)

フリーランスはサラリーマンよりも自由度の高い働き方だと言われ、実際に自由な部分も多いですが、裏を返せば「自由になるのではなく、時間の管理がより難しくなる=時間管理により高いスキルが必要になる」とのこと。この考えは目からウロコでした。

ダラダラと仕事をしてしまい、なんとなく仕事の切れ目を休日や自由時間にするのではいつまでたっても生産性は上がりませんよね?そんな人には、スケジュールに「仕事以外のスケジュール」を積極的に書き込み、仕事の終了時間を割り出す訓練をするのが有効なのだとか。この時、レストランや美術館に行きたい、録画していた映画を見たいといった「やりたい事」でもOK。最も大切なポイントは「時間が全く足りない」ことを可視化することだといいます。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部