2018年5月29日 更新

誰でも働き方は変えられる!?「自分の時間を取り戻す方法」

全ての人と組織に共通する「忙しすぎることの本質」を見極め、その解決方法を提案するのがテーマとのこと。忙しすぎる生活を「避けられないもの」「自分が頑張って乗り切るべき問題」だと受け入れてしまっている人にとって新たな発見がありそうです。

gettyimages (11908)

2018.3.18
「仕事よりも自分優先で生きる方法を教えます!」
『自分の時間を取り戻そう』の帯に書いてあった紹介文です。
・残業ばかりで限界の管理職
・家庭と仕事の両立に悩む母親
・働きづめのフリーランス
・会社が伸び悩んできた起業家
著者は元証券マンでアメリカの大学院留学、外資系企業勤務を経て現在は作家とブロガーをしているちきりん氏。作家歴は数年ながら、累計23万部のベストセラーシリーズ『自分のアタマで考えてみよう』や『マーケット感覚を身につけよう』などの著書があり、ビジネスマンからの支持が厚い方です。
今回は本書の中でも、より実践的な「時間の取り戻し方」を紹介している6章と7章を中心にその内容に迫ってみたいと思います。

はたらく時間の減らし方!「1日の総労働時間を制限する」

thinkstock (11955)

単身者の中には「自分は何時まで働いても大丈夫」と思っている人が多いですが、この考えは要注意!生産性が上がらないまま年をとり、気がつけば子育てしながら働いている人と、将来のスキルに大きな差を付けられてしまうこともあるのだそうです。
まさに私も単身フリーランスの仕事をしているので、まさに当てはまる一人。「たくさん働けるのが長所」とまで思っていました。これまでは時間に制限なく働いてしまっていましたが、たしかに生産性の低下につながる可能性も意識しなければいけませんね。作者曰く、より生産性を高めるには、まず今の仕事を特定の時間に終わらせると決めてしまう。そして、そのためにはどのようにすればいいか考えるのが第一歩だといいます。

「仕事以外のことをスケジュールに書き込む」

thinkstock (11917)

フリーランスはサラリーマンよりも自由度の高い働き方だと言われ、実際に自由な部分も多いですが、裏を返せば「自由になるのではなく、時間の管理がより難しくなる=時間管理により高いスキルが必要になる」とのこと。この考えは目からウロコでした。

ダラダラと仕事をしてしまい、なんとなく仕事の切れ目を休日や自由時間にするのではいつまでたっても生産性は上がりませんよね?そんな人には、スケジュールに「仕事以外のスケジュール」を積極的に書き込み、仕事の終了時間を割り出す訓練をするのが有効なのだとか。この時、レストランや美術館に行きたい、録画していた映画を見たいといった「やりたい事」でもOK。最も大切なポイントは「時間が全く足りない」ことを可視化することだといいます。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

パラレルキャリアとは?第二の名刺を持ち「生きがい」を見つける

パラレルキャリアとは?第二の名刺を持ち「生きがい」を見つける

「パラレルキャリア」をご存知ですか?働き方改革の推進に伴い、政府は副業・兼業の普及を促進する動きを見せています。政府が作成するモデル就業規則を、2018年1月に副業禁止から容認する規定へと改定しました。 今回は、パラレルキャリアにスポットを当てて「働く喜び・生きがい」について考えます。
パフォーマンスマネジメントとは?最高のパフォーマンスを引き出す方法

パフォーマンスマネジメントとは?最高のパフォーマンスを引き出す方法

パフォーマンスマネジメントという言葉をご存知でしょうか。従来の目標管理や年次評価に代わり、メンバーの能力やモチベーションを高めて組織の目標を達成するというものです。そのマネジメント手法を個人で行ってパフォーマンスを高める方法をご紹介します。
ブレインストーミング(ブレスト)失敗しないルールと楽しみ方

ブレインストーミング(ブレスト)失敗しないルールと楽しみ方

近年、ブレインストーミングの時間が設けられている会議は珍しくありません。その会議の中で、目が覚めるほど斬新なアイデアが生まれたことはありますか?ブレインストーミングを進行する人と参加する人、それぞれの立場ごとに、うまくいくコツをお伝えします。
リベラルアーツとは?ビジネスで必要な「本質をつかむ力」

リベラルアーツとは?ビジネスで必要な「本質をつかむ力」

「リベラルアーツ」という言葉をご存知ですか?日本語では「教養」と表記されることが多いものの、その本質は少し異なります。近年ではリベラルアーツが、ビジネスシーンで重要なスキルだと注目を集める存在に。今回はリベラルアーツの意味や重要性、活用方法などをご紹介します。
ロボットAIと人間が一体化する「自在化身体」で未来はどうなる?

ロボットAIと人間が一体化する「自在化身体」で未来はどうなる?

「人間拡張工学」という分野で研究されている「自在化身体」は、装置を装着すれば人間の能力を拡張して「超人」になれる技術です。それは未来の産業、ビジネスをどう変えるのでしょうか? 人間と技術の進歩との関係には、光の部分もあれば闇の部分もあります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部