2018年7月26日 更新

経済発展目まぐるしいシンガポール、在住富豪のライフスタイル解説

シンガポールは建国してからまだ53年。それに国土面積は東京23区の面積より少し大きだけなのに、その積極的な経済政策のおかげで今では世界の富豪が集まる国に発展しました。 そんなシンガポールに住む富豪たちのライフスタイルはどんなものなのでしょうか。

2018.7.7

シンガポールのお国事情

シンガポールに行ったことのある人は多いと思います。マリナ湾周辺に作られたガーデンズバイザベイやセントーサ島など訪れる人を楽しませてくれる観光スポットがいっぱいですね。でもシンガポールをバスや車で廻ったことはありますか。
東京の23区の面積より少し大きいだけの面積しかないシンガポールは、車で廻れば1日か2日で全国を廻り切ってしまいます。しかもシンガポールは熱帯の国ですから、四季がなくただ雨季と乾季があるだけで年中蒸し暑い国。もしあなたがそんな所に住んでいたら、どんな気持ちになると思いますか。

シンガポールの富豪がバカンス好きな理由

誤解のないように言っておきたいのですが、シンガポールの都心は、ゴミ一つ落ちていないよく整備された所で、少し郊外に行けば熱帯雨林がある緑溢れる美しいところです。それでも、小さな国であることには変わりはないのですから、まずしたいことは「脱出」になるのではないでしょうか。実際、シンガポールの富豪が一番お金を掛けるのが「海外でのバカンス」なのです。

シンガポール富豪の最近のバカンストレンド

シンガポールの富豪のライフスタイルは2014年のデータを見ても、また2017年のデータを見ても海外のバカンスが一番お金を掛けるものとして変わはありません。ただ変わっているのは、バカンスのタイプです。シンガポールのトラベルマガジン「PEAK」によると、「これまでは美しい山の見える豪華なホテルに泊まってのんびりとお風呂につかるといったバカンスが一般的だった」そうですが、最近では旅行会社が作成してくれるような型にはまったバカンスではなく、自分の行きたいところ、見たいこと、したいことを取り入れた「テイラーメイド」のバカンスを好むトレンドがあるとのことです。実際、シンガポールの旅行会社はそうしたバカンスのアレンジを月に70件もこなしているのです。

シンガポール富豪のバカンス先トップ10

テイラーメイドの例をあげると、フィンランドの凍った湖でランボルギーニを運転してみる。マダガスカルの人里離れたロッジで静かな時間を過ごす、といった具合です。
どうでしょう、ちょっと思いつかないようなバカンスの過ごし方ですね。でも、こういうバカンスがシンガポールの富豪が求めているものなのです。
2018年のシンガポールの富豪のバカンスの滞在先とアクティビティーのトレンドをトップ10まで上げるとつぎのようになります。
1. 南極: 荒らされていない自然
2. ジンバブエ&ザンビア: 新しく開発されたサファリ
3. アルゼンチン&チリ: 対照的な自然
4. スリランカ: イルカと遊泳
5. エチオピア: アフリカで一番古い国としての文化・歴史
6. ニュージーランド: 氷河
7. ポーランド: 中世の歴史
8. クロアチア: 海産物、史跡
9. 北極&ノルウェー: ハスキー犬のそり、白クマ
10. オーマン: アラブ文化、砂漠
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今こそ投資家がすべき単純なこと

今こそ投資家がすべき単純なこと

3月4日〜8日の米国ダウ工業平均、S&P500、ナスダックの3指数が1週間で2%を超える下落となり昨年末から継続してきた楽観ムードが一転しました。久しぶりに投資家心理が冷え込んだかなぁと思いましたが、11日〜15日の1週間で前週の下げ幅を上回る上昇し悲観ムードは一転。ボーイング問題など悪材料をよそに年初来高値を更新し市場には再び楽観ムードに戻りました。このような楽観相場で改めて意識したい極上の名言をご紹介したいと思います。
世界経済の大きな流れを俯瞰する(後編)

世界経済の大きな流れを俯瞰する(後編)

さらに世界経済の先行きを不透明にしているのは、米国が金融引き締め路線の修正を明確にしたということです。2019年に入ってFRBは利上げの停止と保有資産縮小の計画見直しを表明し、利上げに関しては早ければ2019年のうちに終了するかもしれません。FRBは十分な緩和余地をつくるため、政策金利の3.5%までの引き上げを目指していましたが、足元では2.25~2.50%にとどまっています。
NTTが米スマートシティ化で高評価の理由 Googleは難航

NTTが米スマートシティ化で高評価の理由 Googleは難航

「スマートシティ」への取り組みが遅れ気味だった日本ですが、昨年はNTTが米ラスベガス市のスマートシティ化に技術を商用提供することが決まるなど、日本企業の取り組みが目立つようになりました。一方、注目のGoogleトロントスマートシティ計画は難航しているようです。その理由とNTTが評価された理由に迫ります。
経済 |
成功したIT起業家の親子関係(ザッカーバーク・孫正義・堀江貴文)

成功したIT起業家の親子関係(ザッカーバーク・孫正義・堀江貴文)

親になったら、子どもにたくさん愛情を注いで才能を開花させたい。すべての親がそう思うでしょうが、現実にはそう上手くはいきません。「毒親離れ」「育てなおし」など、まず自分の生い立ちの穴埋めが必要な場合も。天才的なIT起業家達の親子関係はどうだったのか調べてみました。
アマゾン社ニューヨーク進出断念 地元民・政治家の反対理由は?

アマゾン社ニューヨーク進出断念 地元民・政治家の反対理由は?

なぜ、米アマゾン社は第2本社にニューヨークを選び、そして、3カ月後その計画を撤回することになったのか。資本主義の象徴、米アマゾン対ニューヨーク労働者階級層の戦いは、アメリカの政治、経済、社会問題、それぞれの現状の縮図として全米で注目の的となりました。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

setsukoT setsukoT