2018年7月26日 更新

経済発展目まぐるしいシンガポール、在住富豪のライフスタイル解説

シンガポールは建国してからまだ53年。それに国土面積は東京23区の面積より少し大きだけなのに、その積極的な経済政策のおかげで今では世界の富豪が集まる国に発展しました。 そんなシンガポールに住む富豪たちのライフスタイルはどんなものなのでしょうか。

2018.7.7

シンガポールのお国事情

シンガポールに行ったことのある人は多いと思います。マリナ湾周辺に作られたガーデンズバイザベイやセントーサ島など訪れる人を楽しませてくれる観光スポットがいっぱいですね。でもシンガポールをバスや車で廻ったことはありますか。
東京の23区の面積より少し大きいだけの面積しかないシンガポールは、車で廻れば1日か2日で全国を廻り切ってしまいます。しかもシンガポールは熱帯の国ですから、四季がなくただ雨季と乾季があるだけで年中蒸し暑い国。もしあなたがそんな所に住んでいたら、どんな気持ちになると思いますか。

シンガポールの富豪がバカンス好きな理由

誤解のないように言っておきたいのですが、シンガポールの都心は、ゴミ一つ落ちていないよく整備された所で、少し郊外に行けば熱帯雨林がある緑溢れる美しいところです。それでも、小さな国であることには変わりはないのですから、まずしたいことは「脱出」になるのではないでしょうか。実際、シンガポールの富豪が一番お金を掛けるのが「海外でのバカンス」なのです。

シンガポール富豪の最近のバカンストレンド

シンガポールの富豪のライフスタイルは2014年のデータを見ても、また2017年のデータを見ても海外のバカンスが一番お金を掛けるものとして変わはありません。ただ変わっているのは、バカンスのタイプです。シンガポールのトラベルマガジン「PEAK」によると、「これまでは美しい山の見える豪華なホテルに泊まってのんびりとお風呂につかるといったバカンスが一般的だった」そうですが、最近では旅行会社が作成してくれるような型にはまったバカンスではなく、自分の行きたいところ、見たいこと、したいことを取り入れた「テイラーメイド」のバカンスを好むトレンドがあるとのことです。実際、シンガポールの旅行会社はそうしたバカンスのアレンジを月に70件もこなしているのです。

シンガポール富豪のバカンス先トップ10

テイラーメイドの例をあげると、フィンランドの凍った湖でランボルギーニを運転してみる。マダガスカルの人里離れたロッジで静かな時間を過ごす、といった具合です。
どうでしょう、ちょっと思いつかないようなバカンスの過ごし方ですね。でも、こういうバカンスがシンガポールの富豪が求めているものなのです。
2018年のシンガポールの富豪のバカンスの滞在先とアクティビティーのトレンドをトップ10まで上げるとつぎのようになります。
1. 南極: 荒らされていない自然
2. ジンバブエ&ザンビア: 新しく開発されたサファリ
3. アルゼンチン&チリ: 対照的な自然
4. スリランカ: イルカと遊泳
5. エチオピア: アフリカで一番古い国としての文化・歴史
6. ニュージーランド: 氷河
7. ポーランド: 中世の歴史
8. クロアチア: 海産物、史跡
9. 北極&ノルウェー: ハスキー犬のそり、白クマ
10. オーマン: アラブ文化、砂漠
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」は国連の「SDGs(持続可能な開発目標)」を達成するための投融資で、第1号は日本で行われました。金融企業もファイナンスを受ける企業もイメージアップし、中・長期的な企業価値の向上につながるといわれています。
経済 |
この秋のマーケットにおけるリスクの芽

この秋のマーケットにおけるリスクの芽

多くの投資家はとても直感的な判断を行うことがあります。株価が連騰していると異常に強気になり、一方で連日の下げを受ければただただ意気消沈するばかり。そうならないためにも日頃から今はさほど大きく取り上げられていないけれどいずれマーケットで話題の中心になるようなマーケットの芽を事前に把握しておく習慣を身に付けていれば不足の事態でもしっかりとした判断ができます。
なぜキャッシュレス化を進めるのか。日本の狙いとは

なぜキャッシュレス化を進めるのか。日本の狙いとは

日本では政府主導でキャッシュレス化を推進しています。なぜそこまでキャッシュレスを普及させる必要があるのでしょうか。
経済 |
日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

今年2月、日本とEUの間のEPA協定が発効しました。ワインが安くなりましたが「天然塩」の関税も撤廃されました。岩塩、海水塩など欧州産高級天然塩の輸入が増えそうですが、海外で日本食が定着しているので、日本産の天然塩にも輸出拡大のチャンスです。
経済 |
米国ハイテク株の動向に注目

米国ハイテク株の動向に注目

サマーバケーションに入り世界の株価と為替相場が乱高下を繰り返しています。乱高下を繰り返しながら徐々に株安、ドル安に水準を切り下げる中、未だ強気派と弱気派の数は拮抗しているようにみえます。私達はどのように考えるべきなのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

setsukoT setsukoT