2017年9月10日 更新

富裕層の考える軍事衝突後の為替シナリオ

富裕層は、世界の様々な資産に分散投資をしています。これは、アセットアロケーションと呼ばれる資産防衛の伝統的な手法です。今、富裕層にとって想定をしておかねばならないことがあります。それは、現在、緊張感が高まっている朝鮮半島の軍事衝突についてです。

gettyimages (4525)

誰もが平和的な決着になることを望みながらも、もしも、軍事衝突が起きたならばというワーストシミュレーションを想定しておくことは富裕層にとって不可欠です。それは、自分の資産を色々な通貨に分散していることも関係しています。今日は、俯瞰的に世界を見ている富裕層の目線をお伝えします。

予想はできなくても起こりうる可能性を考え尽くす

gettyimages (4542)

為替の見通しを立てるのは、外国為替の専門家でも難しいと言われています。それなので、いくら富裕層とはいえ、為替見通しをバッチリ当てることは容易ではありません。しかし、資産を長く守ってきた経験から、富裕層が為替相場の見通しを立てていくときの思考の過程は非常に参考になります。
今回のケースについていえば、武力衝突=有事になった際、具体的にどこの国がダメージを受けるのかを考えるようです。そして、その結果、その国の通貨から、資金が流出するのか、流入するのかをイメージしています。
まずは、投資資金の流れ。もし、もしもですが、最悪なことに日本が被害を受ける事になったとします。絶対に想像したくないですが……。
さて、そうなると日本の街は残念がら被害を受け経済は混乱します。その結果、日本の株を3割程度保有する外国人投資家は、日本をどのように見るでしょうか。多分、「経済が低迷しそう、復興に時間がかかりそう、他の国と比べると成長が低くなりそう」というように彼らの目には映るのではないかと思います。
そのように感じた海外の投資家は、「日本の株を売って資金を引き上げよう」と考えるわけです。これにより資金が日本から流出し、円の資産を外貨に替えるため、多くの円売りの経済活動が起こり、結果円安の傾向になるとまずは考えるわけです。
まさに自分が投資を行っている富裕層だからこそ最初に考える観点です。
ただ、経済ニュースでも概ね同じ意見を見かけます。富裕層はこれでは考えを終えることはありません。

富裕層は、自身の身に置き換えて考える

thinkstock (4543)

富裕層が次に着目するのは、日本の低金利です。金利の安い円を借りて海外資産へ投資をしていた投資家、または企業はどう行動するのだろうか考えるようです。富裕層たち自身がそのような行動をしているからこそ考えつくともいえますね。
それはさておき、では実際に、日本が被害を被ったとしたら。街が壊滅的な被害を受けたら、富裕層はどのような行動をとるでしょうか。
日本が復興するためには相当な円が必要になります。そうなると、海外にあるお金が日本に還流してくると仮説を立てます。しかも、富裕層は自身のことに置き換えて考えてもみるようです。
仮に、自分の日本の自宅が被害を受けた。建て直すとなればかなりの費用がかかる。でも、銀行が貸してくれるかわからないので、自分の海外の資産をいざというときのために円に替えておこう。自分だけじゃない。自社ビルや工場を持っている企業も同じ行動を取るだろう。そうなると、多くの人が、外貨で持っている資産を売って円を買う行動をとるだろう。ということは、円買い&外貨売りになるので、これで円高になるかもしれないと想像するわけです。
さて、この時点で円安と円高のシナリオが想定できました。しかし、まだまだ見通しの最終判断には至りません。さらにもう一歩踏み込んで、米国が被害にあったときのことも想定しにいきます。

幅広い視野と教養でさらに深化

22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

富裕層が欠かさず行う3つの「習慣」

富裕層が欠かさず行う3つの「習慣」

私はこれまで約10年にわたるプライベートバンカーという仕事を通じて多くの「富裕層」と呼ばれる方々とお付き合いをさせていただいてきましたが、その中で確信した、ある共通の「習慣」があります。そこで今回は、富裕層が豊かな人生を引き寄せるためにやっている「3つの習慣」を紹介してみたいと思います。
富裕層を感心させる面談の3つの”新常識”

富裕層を感心させる面談の3つの”新常識”

観察眼のするどい富裕層との面談となると誰でも緊張しますね。面談成功のためのコツといえば「15分前到着」、「ポイントを事前にまとめておく」などが定番ですが、最近、富裕層の間での面談のポイントが少し変わってきているようです。その背景には、ライフスタイルの変化や色々なイノベーションなどが影響しているようです。
富裕層リアル!  今年のGWから学ぶ3つの試み

富裕層リアル! 今年のGWから学ぶ3つの試み

ゴールデン・ウィークから1ヵ月が過ぎました。素晴らしい天気に恵まれたこともあり記憶に新しいのですが、私はこの1ヵ月の間に多くの富裕層の方から、多忙な彼らの自由な時間の過ごし方についてお話をお聞きしました。
北朝鮮危機については市場はすでに見切っていた

北朝鮮危機については市場はすでに見切っていた

私たちをとりまく社会はいま、大きく変化している。大企業に新卒で採用され、そのまま定年を迎えるまで勤め上げれば定年後は安泰。そんな少し前まで当たり前だった人生はもう夢物語だ。【連載】金融リテラシーで変わる社会(第6回)
最高の休暇を過ごす富裕層の3つのこだわり

最高の休暇を過ごす富裕層の3つのこだわり

時間の過ごし方の上手な富裕層は、連続休暇にどのようなこだわりを持って過ごしているのでしょうか。3つのポイントに絞りお伝えしていきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊