2018年3月25日 更新

オーロラは出るのか? わからないけど、とにかく出かけました

多くの人が「一度は見てみたい」と思っているであろう、オーロラ。しかしその壮大な自然現象は、北極や南極にほど近い、限られたエリアでしか見ることができません。そんなオーロラをこの目で見てみたいと訪れた極寒のカナダで待ち受けていたものは……。

まつ毛も凍る、マイナス35度の世界

「一生に一度でいいから、オーロラを見てみたい」。そう思い立って気づけば数年。思い切って休暇をとって向かったのは、北極圏から約400km、オーロラベルトの真下に位置し、3泊で95%という世界的トップの鑑賞確率を誇るカナダ北部のイエローナイフ。
日本からの直行便はないため、成田からバンクーバー、さらに国内線をカルガリーで乗り継ぎ、向かいます。
カルガリーから北上していくと、視界はどんどん雪景色に。
イエローナイフに到着。この時点でマイナス25度。体感温度はそこからさらに10度低い、マイナス35度。日本から着ていったダウンジャケットでは、飛行機を降りた瞬間に全身が凍る感覚です。自分の吐いた息でまつ毛も凍ります。

イエローナイフでは、すべてが凍る

冬のイエローナイフでは、基本的にすべてのものが凍ります。私たちが普段、使っている冷凍庫がだいたいマイナス18度。それよりもさらに気温が低いわけですから、当然といえば当然です。
街中で写真を取りたくても、素手をさらしていられるのはほんの数秒。シャッターを押すのに時間がかかっていると、あっという間に凍傷のようになり、手の甲がひりひりと…。それに、寒さでスマートフォンのバッテリーが頻繁に落ちてしまうので、「歩きスマホ」は禁止しなくてもほぼ不可能です(笑)。
車を停めて買い物をしている間に寒さでバッテリーが上がってしまうので、多くの車にはこんなふうに電源コードが出ています。これを駐車場にあるコンセントにつないで、バッテリーが落ちないように温めておくというわけです。
外に置いてあるクーラーボックス。この中に入っているのは食材です。そのまま置いておくと食材が凍ってしまうので、クーラーボックスに入れて凍らないようにするというわけ。クーラーボックスの本来の用途とはかけ離れた使い方ですが、こちらではこれが常識です。洗濯物も、数分でカチンコチンに凍ってしまうので、当然、冬の間は外には干せません。
48 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部