2019年5月14日 更新

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

マルタ共和国は、佐渡島の半分の面積しかない地中海に浮かぶ小さな島国です。マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3つの島からなるこの国は、透き通るような美しい海、様々な文化が入り組んだ風光明媚な街並み、街を闊歩する猫など、フォトジェニックなスポットが数多くあり、知る人ぞ知る観光国として人気になっています。

gettyimages (37911)

2019.5.14
地中海沿いの国としては珍しく英語が公用語で治安も良いため、語学留学に訪れる日本人学生も増えています。
また、気候も非常に快適で、冬でも平均気温は14度程度、夏も23度程度で、10月まで海で泳げるというとても過ごしやすい国です。
今回は、マルタ共和国で猫や潮風に囲まれながら暮らしてみたいという方のために、実際に生活すると、どのくらい必要な費用がかかるのかを紹介していきます。
(※ 記事では、1ユーロ=約125円として計算しています)

パン好きにはたまらない国?

gettyimages (37921)

マルタが近年観光や留学で人気が出てきた理由として「物価が安い」というのが一因とされています。パンなどは前評判通り、日本に比べて非常に格安です。近所のスーパーで売られているパンは、1つあたり0.2€(日本円で25円)から購入可能。1キロ単位で買っても1.5€(日本円で156円)程度と、日本のコストコや業務スーパーなどで買うよりも安く手に入れることができてしまいます。
しかし、実際のところは、全てが驚くほど安いというわけではありません。「あくまで周辺のEU国家に比べて」という話で、海外からの輸入品や外食費は、日本より安いものもあれば、高いものもあるというのが現状です。
経済的に暮らすには、「地元産のモノを買う」ということがコツです。その日に届く旬の野菜や果物は「移動トラック」でも販売されており、日本のスーパーで買うよりもびっくりするほど安く買うことができます。パンや野菜をメインに自炊をすれば、たまに外食をしたとしても、1カ月の食費は€200〜300(3万円前後)で済ませることができるでしょう。

マルタでは「水」が大事

gettyimages (37922)

国内の水は、海水から塩気を飛ばして作っています。そのまま飲んでも問題ないですが、塩気は残っているため、ミネラルウォーターを買う人も多くいます。ミネラルウォーターの相場は2ℓで1.5€程(日本円で187円)です。
それゆえ、水にまつわるものは有料のモノが多いです。レストランでは、水は頼まないと出てこないうえに無料のものはありません。また街の公衆トイレも有料のものが多いので、日本とのルールやサービスの違いに戸惑うこともあるでしょう。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」ヘルシンキでの生活費

「いつかは住みたい」ヘルシンキでの生活費

北欧・フィンランドの首都であり、ムーミンの生みの親である作家トーベ・ヤンソンが生まれた地でもあるヘルシンキ。北欧というと、おしゃれな家具ブランドや1日中太陽が沈まない白夜といった自然現象などが有名ですが、ヘルシンキにはそれ以外の魅力もたくさんあります。
「いつかは住みたい」ポートランドでの生活費

「いつかは住みたい」ポートランドでの生活費

アメリカ屈指の人気スポット・西海岸のロサンゼルスやシアトルに程近く、オレゴン州最大の都市であるポートランド。近年「全米一住み良い街」と言われています。
「いつかは住みたい」ドバイでの生活費

「いつかは住みたい」ドバイでの生活費

近年、稀に見る急成長を遂げ、世界有数のリゾート地となり、中東を代表する都市としてその名を知られるようになったアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ。砂漠の中に世界一高い「ブルジュ・ハリファ」をはじめとした超高層ビル群が立ち並び、近代的な街並みのすぐそばにあるビーチには、世界中から集まった観光客でにぎわっています。
「いつかは住みたい」メルボルンでの生活費

「いつかは住みたい」メルボルンでの生活費

イギリスのエコノミスト誌が毎年調査している「世界で最も住みやすい都市」ランキングにおいて、6年連続1位に選ばれているオーストラリア・メルボルン。豊かな緑が街中のいたるところにあふれ、公園も多いことから別名「ガーデンシティ」とも呼ばれています。
「いつかは住みたい」バンクーバーでの生活費

「いつかは住みたい」バンクーバーでの生活費

カナダの代表的な産業都市であり、冬季オリンピックが開催されたことでも知られているバンクーバー。観光客はもちろんですが、日本からの留学生も多く、雄大な自然とともに都会的な雰囲気を持つ、とても魅力的な都市のひとつです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部