2019年5月14日 更新

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

マルタ共和国は、佐渡島の半分の面積しかない地中海に浮かぶ小さな島国です。マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3つの島からなるこの国は、透き通るような美しい海、様々な文化が入り組んだ風光明媚な街並み、街を闊歩する猫など、フォトジェニックなスポットが数多くあり、知る人ぞ知る観光国として人気になっています。

以上から、水代は生活費として多めに計算しておきましょう。飲料用・料理の際の水も加えると、1カ月の水代は1人・約20〜30€程(日本円で3,000円前後)は考えておけば問題ありません。

夢のオーシャンビューをお得に堪能

gettyimages (37927)

マルタの物件サイトを見てみると、オーシャンビューのリゾートホテルのような豪華な部屋でも、郊外であれば月500€(日本円で6万3,000円)程度からで募集されています。バレッタ・サンジュリアンなどの東の海岸沿いの都心部になると月1,000€(日本円で12万5,000円)程度まで値上がりしますが、経済的に余裕があれば思い切って一度住んでみるのも手です。
また、国内ではルームシェアで家賃を割り勘して暮らす人が多く、語学力やコミュニケーション能力に自信がある人なら、その方法を選んでも経済的で良いしょう。シェアであれば、月300€(日本円で3万7,500円)程度からでも住むことが可能です。

公共交通機関はバスのみ

小さな島国であるマルタには鉄道がありません。代わりに市民の足になっているのは、島中に張り巡らされた路線バスです。レトロでポップなデザインのバスはマルタの街並みを彩る存在として愛されています。
運賃は最近改訂され、非常にわかりやすくなりました。全ルート均一で夏場は2時間乗り放題で2€(日本円で250円ほど)、夏場以外は1.5€(日本円で190円ほど)と非常にリーズナブルです。市内の道路は狭く曲がり道も多く、ドライブには不向きなため、最初のうちはバスを利用して移動するのが最適と言えるでしょう。
また、21€の7日間乗り放題チケット(日本円で2,630円ほど)、15€の12回利用券(日本円で1,880円ほど)もあり、長期滞在する場合はそれらを利用するとお得です。

昼寝がライフワーク?

Asleep Cat in Malta

Asleep Cat in Malta

マルタ人にはライフワークともいうべき習慣があります。それは「シエスタ」、つまり昼寝です。
「シエスタ」とはスペインやギリシャなどで習慣となっているもので、昼間の暑い中では仕事にならないから、昼ご飯をゆっくり食べるから、といった理由で13時ごろに全く活動しない時間を設けています。
マルタでは、シエスタの時間になると街中の店のシャッターが閉まり、真夜中のように街がひっそりとしてしまいます。
日本ではありえない、ちょっとうらやましいこの習慣は、マルタののんびりでマイペースな雰囲気を如実に表しています。最初は面食らうかもしれませんが、郷に入っては郷に従え、ゆっくり流れるマルタの時間を楽しみましょう。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

アフリカ大陸最南端に位置する南アフリカは“虹の国”と称され、多彩な魅力に溢れています。「アフリカ」と聞くと野生動物や大自然を想像する方も多いと思いますが、それだけでなく、華やかな街並みや近代都市が共存していることが大きな特徴です。
「いつかは住みたい」ヘルシンキでの生活費

「いつかは住みたい」ヘルシンキでの生活費

北欧・フィンランドの首都であり、ムーミンの生みの親である作家トーベ・ヤンソンが生まれた地でもあるヘルシンキ。北欧というと、おしゃれな家具ブランドや1日中太陽が沈まない白夜といった自然現象などが有名ですが、ヘルシンキにはそれ以外の魅力もたくさんあります。
「いつかは住みたい」ポートランドでの生活費

「いつかは住みたい」ポートランドでの生活費

アメリカ屈指の人気スポット・西海岸のロサンゼルスやシアトルに程近く、オレゴン州最大の都市であるポートランド。近年「全米一住み良い街」と言われています。
「いつかは住みたい」ドバイでの生活費

「いつかは住みたい」ドバイでの生活費

近年、稀に見る急成長を遂げ、世界有数のリゾート地となり、中東を代表する都市としてその名を知られるようになったアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ。砂漠の中に世界一高い「ブルジュ・ハリファ」をはじめとした超高層ビル群が立ち並び、近代的な街並みのすぐそばにあるビーチには、世界中から集まった観光客でにぎわっています。
「いつかは住みたい」メルボルンでの生活費

「いつかは住みたい」メルボルンでの生活費

イギリスのエコノミスト誌が毎年調査している「世界で最も住みやすい都市」ランキングにおいて、6年連続1位に選ばれているオーストラリア・メルボルン。豊かな緑が街中のいたるところにあふれ、公園も多いことから別名「ガーデンシティ」とも呼ばれています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部