2020年1月6日 更新

LGBTQのQって何? 日本独自の言い方ではXジェンダーとも

LGBTQのQ、XジェンダーはLGBTとは異なる性の在り方。2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックは「共生社会の実現」というテーマを掲げています。日本が国際的に存在感を示す重要なチャンスです。まずはLGBTQについて理解を深めましょう。

gettyimages (35322)

2019.4.5

LGBTQって何? QやXジェンダーはどういうセクシャリティ?

gettyimages (35323)

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向け、大会組織委員会は2018年のアクション&レガシープランで「共生社会の実現」というテーマのもと、「障がい者やLGBTの人々を含めた多様な個性を持つ人々」が参画できる活動を展開すると発表しました。
ここでLGBTは性的マイノリティの意味で用いられていますが、実際にはLGBTの他にさらに多様な性自認の人がいることに注意しなければなりません。LGBTはもとより、LGBTにおさまらない人々(Q)についても知っておく必要があります。
まずはLGBT。Lはレズビアン(性自認が女性で、女性を愛する人)、Gはゲイ(性自認が男性で、男性を愛する人)、Bはバイセクシャル(性自認にかかわらず、男性も女性も愛せる人)、Tはトランスジェンダー(身体的性別と性自認が一致していない人)を指します。
このLGBTの後ろにQをつける場合、Qには2つの意味があります。
・Qの1つ目の意味:「クエスチョニング」。自分の性別がわからない人、意図的に決めていない人、模索中の人など

・Qの2つ目の意味:「クィア」。男か女か、同性愛者か異性愛者かといった枠組み自体にとらわれない在り方をする人々
このクィアに近い日本独自の言い方に、X(エックス)ジェンダーという性自認があります。

両性? 中性? 無性? Xジェンダー内の多様性と恋愛・仕事の悩み

gettyimages (35334)

Job Rainbowによれば、Xジェンダーで主な分類として用いられている4つの性別は、以下のようになっています。
・両性:男性でもあり女性でもあるという性自認。心の男女の割合は一定。
・中性:男性と女性の中間が自分の性別だとする性自認。
・無性:男性・女性どちらの要素も持たないという性自認
・不定性:自分自身の性自認が流動的な性自認。両性のうち、日によって男性・女性の割合が変化する人も不定性
男か女かという二元論に当てはまらないXジェンダーは、恋愛や仕事でさまざまな悩みに直面します。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「ポリコレ」とは? 今さら聞けない、ハラスメント防止にも重要な視点

「ポリコレ」とは? 今さら聞けない、ハラスメント防止にも重要な視点

ポリコレという言葉を聞いたことはありますか。一部では悪評高い言葉ですが、グローバル化し多様性を重んじる社会にあっては無視できない概念です。ポリコレという概念を理解し、無自覚な差別やハラスメントに加担しない視点を身につけましょう。
ソーシャル・ファームとは? 2020年度、東京都が普及を目指し財政支援

ソーシャル・ファームとは? 2020年度、東京都が普及を目指し財政支援

働き方改革やダイバーシティが推進される日本。しかし「経歴が汚い」人や空白のある人、一定年齢以上の人や障がいのある人は社会からはじき出されてしまうことが多いのも現実です。そこで東京都は就職が困難な人々が働ける場を創出すべくソーシャル・ファームの重要性を示しました。
世界で注目されるサーキュラー・エコノミーとは? SDGsと循環型経済

世界で注目されるサーキュラー・エコノミーとは? SDGsと循環型経済

世界で進むサーキュラーエコノミー(循環型経済)。使い捨てを前提とした経済から、使い続けることを前提とした経済へ移行することが、今後は重要になると言われています。サーキュラー・エコノミーの基本と5つのビジネスモデルを解説します。
映像・音楽だけじゃない、モノのサブスク拡大中

映像・音楽だけじゃない、モノのサブスク拡大中

サブスクリプションとは、前払いすることで一定の期間サービスを受けられるサービス。Netflixの動画配信やApple Musicの音楽配信が有名です。今、サブスクは服や家具などのモノにまで拡大中。サブスク最前線はどうなっているのでしょうか。
企業と個人の新しい関係と「ギグエコノミー」

企業と個人の新しい関係と「ギグエコノミー」

優秀な人材が応募してこないのは、求人広告で嘘をついているからかもしれません。個人が情報を得やすくなった今、広告の嘘はクチコミでバレてしまいます。会社員になることを望まず「ギグエコノミー」で働く人々も増加中。企業と個人の関係が変わりつつある現状をお伝えします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座