2019年8月15日 更新

行動信託 〜思考を行動に移す〜

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。

2019.7.31

フレームワーク⑥ 行動信託 思考を行動に移す

gettyimages (43574)

この段階 では、トラスティになりきって、思考を行動に移します。
先ほどもお話ししましたが、 僕は 、なにかを教えてもらったときには

「24時間ルール」

を設けています。つまり、トラスティから有益な情報を聞いたときには、24時間以内 に次の3つの行動のどれかを実行に移すことにしています。
①行く
②買う
③調べる
たとえば、僕はおすすめの本を教えてもらったら、その場で本を注文します。おいしいレストランを教えてもらったら翌日までにはお店の予約をします。 仮に、教えてもらったことが、実行するまでに時間がかかったり、お金がかかるもので、すぐに行動できなくても、①〜③の3つのうちのどれかは実行することができると思います。
たとえば、海外のある都市に行くことをすすめられたら、インターネットなどでその都市のことを「調べる」ことはできます。また、紹介されたレストランが自分には高価であっても、外観や雰囲気を見学しに「行く」ことはできます。
このように、教えてもらったことをすぐに実行するようにすると、トラスティも 「行動が早く、教えがいのある人間だ」と思ってくれるはずです。

行動を自分の頭で判断してはいけない

行動をするときに注意したいポイントは、
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

自己確立 多数の成功体験から自分のかたちをつくっていく

自己確立 多数の成功体験から自分のかたちをつくっていく

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
包括信託 フレームワーク⑤〜⑦を繰り返す

包括信託 フレームワーク⑤〜⑦を繰り返す

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
成果返礼 結果や成果をフィードバックする

成果返礼 結果や成果をフィードバックする

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
利害関係のある人に流されてはダメ

利害関係のある人に流されてはダメ

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
トラスティの5つの条件

トラスティの5つの条件

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉正人 | ファイナンシャルアカデミー 泉正人 | ファイナンシャルアカデミー