2018年3月5日 更新

企業内保育所、子連れ出勤OK…あなたの会社は子育てに参加していますか?

日本人のライフスタイルや価値観は変化しているのに、企業慣習はなかなか変わらない――その具体的な問題のひとつが、出産・育児期の社員に対する企業の支援。育児中でも働くことを可能にする企業内保育施設について調べてみました。

thinkstock (11119)

2018.3.5

働き方に関わる日本の3つの取り組み

gettyimages (11120)

日本で急速に進行する少子化問題と国際的に低い水準であることが指摘され続けている男女の機会均等の問題。これらに対して政府は2003年の「次世代育成支援対策推進法」、2015年の「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(女性活躍推進法)を制定し、2016年からは「働き方改革」に取り組んでいます。
次世代育成支援対策において、事業主は子育てしている従業員を支援する責務があるとされています。女性活躍推進法では、女性も自らの意思によって職業生活を営むことができるように、事業主に必要な施策の策定と実施を求めました。
また働き方改革では、日本の企業文化や日本人のライフスタイル、労働に対する考え方を改革しなければならないとしています。「一人ひとりの意思や能力、そして置かれた個々の事情に応じた、多様で柔軟な働き方を選択可能とする社会を追求する」ことを目的としています。
これまで、出産や育児はプライベートなことと捉えられてきました。しかし、「子どもを育てながら働ける環境がない」となれば、少子化問題はいつまでも解決されることはありません。少子化とは、日本の将来の労働人口が減少するということ。労働人口が減少すれば、企業の事業存続も危うくなるでしょう。「出産・育児は個人の問題」と切り捨ててすむ問題ではなさそうです。

企業社内保育施設という選択

thinkstock (11125)

子育て中の社員に対して会社が提供できる選択肢のひとつが、企業社内保育施設です。厚生労働省による「平成27年度雇用機会均等基本調査」では、育児支援として事業所内保育施設を設けている企業はまだまだ少ないことが明らかになりました。
しかし近年、大企業を中心に社内保育施設企業内保育施設の設置が進んでいます。これらの企業の一部を列挙すると以下の通り。

ブリヂストン小平保育園「ころころ保育園」(ブリヂストン)

2008年開園・調理室あり
2013年から定員を120人に拡大
生後9週目~小学校前まで

「どわんご保育園」(どわんご)

2014年開設・2016年に満員・調理室とランドリーあり
満1歳~2歳3月末まで
58 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

起業で頼りになる弁護士、会計士に出会う方法

起業で頼りになる弁護士、会計士に出会う方法

アメリカでは、ビジネスで成功をおさめたいなら、良い弁護士、良い会計士と出会うことが重要だと言われています。法律の専門家、会計の専門家から適切なアドバイスを受けるべき機会が多くあるからです。 それでは、良い専門家に出会うためにどうしたら良いのでしょうか。
部下と「良い関係」を築く3つのコツ

部下と「良い関係」を築く3つのコツ

部下との関係はうまくいっていますか?仕事にも少なからず影響する上司と部下の関係。良好に付き合っていくためにはちょっとした気遣いや配慮も必要です。 部下との関係を良好にしたい方へ、3つのコツをご紹介していきます。
日本起業家1位は「宇宙の掃除屋」アストロスケールCEO岡田氏

日本起業家1位は「宇宙の掃除屋」アストロスケールCEO岡田氏

経済誌Forbes JAPAN2019年の日本起業家ランキング1位のAstroscale(アストロスケール)創業者の岡田光信氏は、宇宙ゴミを除去する宇宙の掃除屋ビジネスを立ち上げました。エリート官僚出身ですが、ものづくり企業を結集する過程は人情溢れる物語でした。
年末の残業を頼むときのお作法・頼まないでサインの見分け方

年末の残業を頼むときのお作法・頼まないでサインの見分け方

年末忙しいですね。業務を前倒ししているところに、仕事の棚卸しも回ってきて…その上、プライベートの予定もたくさん。年末は残業シーズンでもあります。上司にどんな風に残業を頼まれましたか? もし、あなたがマネージャーだったとして、部下に仕事を頼むときはどうするでしょう?
外国人労働者受け入れ拡大 外国人労働者と良好な関係を築く方法とは

外国人労働者受け入れ拡大 外国人労働者と良好な関係を築く方法とは

「高度外国人材」の予備軍の外国人留学生と受け入れ企業への意識調査では、お互いの意識に食い違いがありました。同僚として心がけたいのは、会社の同化圧力から彼らを守る防波堤になり、相談に乗りながら彼らの優れた部分を引き出すような姿勢でしょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部