2018年3月5日 更新

企業内保育所、子連れ出勤OK…あなたの会社は子育てに参加していますか?

日本人のライフスタイルや価値観は変化しているのに、企業慣習はなかなか変わらない――その具体的な問題のひとつが、出産・育児期の社員に対する企業の支援。育児中でも働くことを可能にする企業内保育施設について調べてみました。

thinkstock (11119)

2018.3.5

働き方に関わる日本の3つの取り組み

gettyimages (11120)

日本で急速に進行する少子化問題と国際的に低い水準であることが指摘され続けている男女の機会均等の問題。これらに対して政府は2003年の「次世代育成支援対策推進法」、2015年の「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(女性活躍推進法)を制定し、2016年からは「働き方改革」に取り組んでいます。
次世代育成支援対策において、事業主は子育てしている従業員を支援する責務があるとされています。女性活躍推進法では、女性も自らの意思によって職業生活を営むことができるように、事業主に必要な施策の策定と実施を求めました。
また働き方改革では、日本の企業文化や日本人のライフスタイル、労働に対する考え方を改革しなければならないとしています。「一人ひとりの意思や能力、そして置かれた個々の事情に応じた、多様で柔軟な働き方を選択可能とする社会を追求する」ことを目的としています。
これまで、出産や育児はプライベートなことと捉えられてきました。しかし、「子どもを育てながら働ける環境がない」となれば、少子化問題はいつまでも解決されることはありません。少子化とは、日本の将来の労働人口が減少するということ。労働人口が減少すれば、企業の事業存続も危うくなるでしょう。「出産・育児は個人の問題」と切り捨ててすむ問題ではなさそうです。

企業社内保育施設という選択

thinkstock (11125)

子育て中の社員に対して会社が提供できる選択肢のひとつが、企業社内保育施設です。厚生労働省による「平成27年度雇用機会均等基本調査」では、育児支援として事業所内保育施設を設けている企業はまだまだ少ないことが明らかになりました。
しかし近年、大企業を中心に社内保育施設企業内保育施設の設置が進んでいます。これらの企業の一部を列挙すると以下の通り。

ブリヂストン小平保育園「ころころ保育園」(ブリヂストン)

2008年開園・調理室あり
2013年から定員を120人に拡大
生後9週目~小学校前まで

「どわんご保育園」(どわんご)

2014年開設・2016年に満員・調理室とランドリーあり
満1歳~2歳3月末まで
58 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いは、突き詰めればたった1つしかありません。一向に成長しない部下や後輩を眺めて、日々悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。仕事で成長する人・しない人の違いがどこから来るのかを解き明かし、どのように捉えれば良いのかを考えてみます。
「自由に働きながら、世界を変える。」24歳で単身アフリカへ

「自由に働きながら、世界を変える。」24歳で単身アフリカへ

フリーランス国際協力師としてウガンダ共和国に単身で飛び込んだ筆者。学生時代に携わってきた活動を振り返りながら、今の働き方に至った経緯をご紹介します。
人材育成は全社の課題。OJT頼みはもう古い

人材育成は全社の課題。OJT頼みはもう古い

今、人材育成は急務となっています。少子高齢化が進み、AIなどの新技術が発達する中、企業の成長には人材育成が必要不可欠なのです。なぜOJTだけではダメなのか、どのような人材をどうやって育てたらいいのか、現在の日本企業に必要な人材育成のあり方を掘り下げます。
簡単にできる仕事効率化 生体リズムを意識するだけで劇的改善

簡単にできる仕事効率化 生体リズムを意識するだけで劇的改善

1日を振り返ると、どうも仕事が進まない時間帯と、妙にサクサク進む時間帯がありませんか? 仕事の効率がよい人は、生体リズムに逆らわない時間管理をしています。起床から就寝まで、それぞれの時間帯に最適な作業を紹介します。ぜひ、あなたの仕事効率化に役立ててください。
部下の指導・育成の悩みはプログラミングの勉強が役に立つ!?

部下の指導・育成の悩みはプログラミングの勉強が役に立つ!?

2020年度から小学校の授業でプログラミング教育が必須化されます。それでは、これまでプログラミングというものを学んでこなかった人は特に学ぶ必要がないのでしょうか。実はプログラミングを学ぶことで、部下の指導・教育における問題も解決できるようになります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部