2018年3月5日 更新

企業内保育所、子連れ出勤OK…あなたの会社は子育てに参加していますか?

日本人のライフスタイルや価値観は変化しているのに、企業慣習はなかなか変わらない――その具体的な問題のひとつが、出産・育児期の社員に対する企業の支援。育児中でも働くことを可能にする企業内保育施設について調べてみました。

thinkstock (11134)

企業社内保育施設の保護者と企業にとってのメリットは、たとえば以下のようなものでしょう。
保護者にとって
・子どもの近くで仕事ができるので安心
・預かってくれる時間が認可保育所より長い
・認可保育所の空き待ち対策になる
企業にとって
・出産・育児を理由とした離職を減らせる
・企業のイメージアップ
・保育士等を社員として雇うことで保育士の待遇改善に貢献できる
しかしもちろん、デメリットもあります。
保護者にとって
・通勤ラッシュを避ける必要がある
・他の保育施設に比べてスペースが狭い傾向にある
・親同士の社内序列が子どもに悪影響を及ぼすかもしれない
企業にとって
・会社内または近隣に保育施設用の場所を確保しなければならない
・開園と運営にコストがかかる
・利用者が少ないと運営を継続するのが困難
こうしたデメリットに対しては、フレックスタイム制の導入、助成金の利用、保育サービス事業者への委託などを検討する必要があるでしょう。

企業内保育施設に対する支援や助成金

gettyimages (11138)

企業内保育施設は、基本的には民間の認可外保育所扱いです。そのため、会社が保育サービス費用を一部負担しない限り、保育料は社外の民間認可外保育所と同じように高額となってしまい、「せっかく設置したのに高すぎて利用できない」ということになりかねません。
58 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

定住だけじゃない!流動的な「家」を可能にするタイニー ハウス

定住だけじゃない!流動的な「家」を可能にするタイニー ハウス

様々な所で仕事をするライフスタイル「ノマド」が話題となった 2010 年。2018 年に至り、家ご と移動する新しいノマド「タイニーハウス」が日本で見られるようになりました。タイニーハウ スは「家は高額」「家は定住するためのもの」という概念を覆し、新しいライフスタイルの可能 性を示唆しています。
SF世界ではない、私達の世界のサイボーグ化はここまで進んだという事実。

SF世界ではない、私達の世界のサイボーグ化はここまで進んだという事実。

近年、AI技術のめざましい発展で生産性の更なる向上やライフスタイルの変化が生じています。その一方で、人々が機械を体内に埋め込み様々な機能を獲得するという人間のサイボーグ化が起きています。今回は、サイボーグの現実と今後生じうる問題について考えます。
あなたの常識が非常識に?モチベーションに頼らない目標達成

あなたの常識が非常識に?モチベーションに頼らない目標達成

初めてチームリーダーになって悩む問題の一つがチームのモチベーション維持。変化しやすいモチベーションに頼ってばかりいると非生産的な時間が増えていきます。
常識を覆す[役職を上げればいいじゃない]

常識を覆す[役職を上げればいいじゃない]

会社員は自分の努力で収入をアップさせることが難しいと言われます。 ブラック企業と言われないためにも企業は残業削減に取り組み、また「みなし」残業制度を採用する企業も増えているため、残業で収入を増やそうとする「残業族」も絶滅寸前です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座