2019年7月24日 更新

富裕層向けサービスがある銀行?日本でのプライベートバンクを比較

富裕層向けサービスを用意する銀行が増えています。日本の富裕層が近年急増していることと大いに関係がありそうですね。この「プライベートバンク」サービスの提供対象は、預入資産1億円以上の富裕層が基本。一般向けサービスとは異なる、手厚いサービスが提供されます。

2019.7.24

富裕層向け金融サービスを受けるなら預入資産は最低1億円?

gettyimages (43187)

富裕層向けの金融サービスは、日本でも「プライベートバンク」、もしくは「ウェルスマネジメント」と称され、しばしば耳にするようになりましたね。富裕層向け金融サービス、もしくはそれを提供する銀行などをプライベートバンクと呼称するケースが多いのですが、無限責任を有するパートナーの個人出資による元来のスイス系プライベートバンク以外でも、現在は慣例的にこのように呼ばれます。
顧客要件として、最低預入資産1億円以上のケースが多く、中には10億円以上のものも存在します。海外ではプライベートバンクのサービスを専業で提供する銀行も存在しますが、日本では既存の信託銀行や証券会社などが富裕層向けサービスとして、プライベートバンク事業に参入することが多くなっています。現在、日本でプライベートバンクのサービスを提供中の外資系銀行は、UBS、クレディ・スイス、ロンバー・オディエ、ジュリアス・ベアの4つで、いずれもスイス系です。
ちなみに、最近では地方銀行や中小証券会社でも富裕層向け金融サービスを提供していますが、実際の資産運用は前出のロンバー・オディエと提携し、信託契約代理店として顧客を紹介するスキームを構築しているケースがほとんどですね。やはり、プライベートバンク業界でのスイス系の存在感は大きいようです。

そもそも富裕層向け金融サービスってどんなもの?

gettyimages (43189)

ここで、富裕層向け金融サービスの主な特徴5つを見てみましょう。
1)オーダーメイドの金融商品を提供可能
私募投信やテーラーメイド型債券など、顧客である富裕層のニーズに都度合わせた、オーダーメイドの金融商品を提供できるノウハウ・体制を持っています。
2)一般よりも割安な手数料率を設定
プライベートバンクのような富裕層向け金融サービスの最低預入額は、概ね1億円からとなり高額です。反面、一般顧客よりも運用額が大きい訳ですから、低めの手数料率でサービス提供可能なケースが多くなっています。
3)金融・ビジネス全般のアドバイスが行われる
相続税・贈与税などの節税対策や、ビジネスオーナー向けの事業承継へのアドバイスなど、付加的なサービス提供も行われます。銀行や担当者の人的ネットワークを活かし、顧客である富裕層のビジネス支援、人材紹介などのサービス提供を行うケースもあります。
4)非金融・非ビジネス分野のアドバイスも行われる
富裕層向けサービスを展開する銀行や担当者は、各方面に豊富なネットワークを持ちます。これを使って、顧客である富裕層の子弟の海外留学や進路決定のアドバイスの他、一般入手が困難な商品の手配、親族間の諍い(いさかい)の調停など、多様な付加サービスを提供するケースも多くなっています。
5)銀行内でも優秀な人材が担当
富裕層向け金融サービスの担当には、銀行内でも優秀な人材を選りすぐって配属することが基本。公募投信などの充実により、以前よりオーダーメイド金融商品を用意する意義は薄れました。一方で、多種多様な既製金融商品の中から、顧客に最適な商品を選択する難易度は以前より高まっています。信頼に足るエキスパートに、富裕層がいつでも相談可能な体制が用意されています。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本物のセレブのお金の使い方、気になりませんか?セレブと呼ばれるお金持ち層が一体どういったことにお金をかけ、どういったお金の使い方を避けるのか。実例を紹介しながら解説していきます。
富裕層はどのような人と交流している?交友関係や友人の特徴は?

富裕層はどのような人と交流している?交友関係や友人の特徴は?

富裕層は普段どのような人と交流しているのでしょうか。また、友人となる人はどんな人でしょう?富裕層の交友関係から、友人同士のお金の使い方、また富裕層が交流している場所はどこにあるのでしょうか。
お金持ちの遊び方は3ステップある?富裕層の段階にみる行動の違い

お金持ちの遊び方は3ステップある?富裕層の段階にみる行動の違い

お金持ちの遊び方といえば、高級スポーツカーのコレクションや、高級店を貸し切ってのパーティなどがイメージされるかも知れません。ただ、このような遊び方をするお金持ちは、富裕層としては「駆け出し」の段階ですね。お金持ちの段階が変われば、遊び方も自ずと変化します。
富裕層の受ける医療サービスは別格?入会金300万円超も

富裕層の受ける医療サービスは別格?入会金300万円超も

富裕層向けの医療サービスで代表的なものに、会員制医療サービス(メディカルサービス)があります。高額の入会金や年会費を負担することで、高度な健康診断を受けられたり、担当医に医療・健康相談が随時できたりするのですね。キメ細かな対応と安心感がウリです。
富裕層の習慣「7つの夏の真実」バカンス・お盆の過ごし方は?

富裕層の習慣「7つの夏の真実」バカンス・お盆の過ごし方は?

富裕層の私生活にどのようなイメージをお持ちですか。夏になると長期の海外バカンスに出かけているとか、こんがりと日焼けしているとか、プールサイドで高級リネンを身にまといシャンパングラスを傾けているとか……そんな、まことしやかに語られている富裕層のイメージについての真実をお伝えします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部