2018年5月29日 更新

フェイスブックCOOが考える女性活躍社会! 『リーン・イン』に学ぶ!

2017年の時点で、全世界で160万部を突破。日本でも12回目の増刷をするまで売り上げを伸ばしている『LEAN IN(リーン・イン)』。著者はグーグルのスタートアップにも関わり現在はフェイスブックで最高執行責任者(COO)を務める女性、シェリル・サンドバーグ氏。フォーチュン誌が選ぶ「世界で最も有力な女性50人」などにも選出されているシリコンバレーの超有名人です。

thinkstock (10249)

2018.3.1
そんな彼女がタイトルに選んだ言葉『LEAN IN』とは日本語で「一歩踏み出そう」という女性に向けたメッセージ。彼女自身が様々な体験や失敗をしながらたどり着いた「働く女性が一歩踏み出し、そのキャリアを好転させる方法」を紹介しています。
しかし本書は、女性のためのアドバイスを伝えると同時に男女の考え方の違いで起こる様々な問題にも触れていて、なおかつ女性の権利を一方的に主張するものでもないので、男性にも読み易く新たな気づきを与えてくれるでしょう。では、あのマーク・ザッカーバーグも絶賛する本書の内容に迫りたいと思います!

女性が踏み出すための第一歩は「同じテーブルに着く!」

gettyimages (10253)

アメリカで絶大な人気を誇るプレゼンショー『TEDカンファレンス』に登場し、「なぜ女性リーダーは少ないのか?」と題したスピーチで絶大な支持を得た彼女ですが、この問題に取り組むようになったきっかけのひとつを紹介しています。
それは、彼女がフェイスブックにビジネスパートナーたちを招いてランチミーティングを開催した時の事。メインゲストの男性は4人の女性アシスタントを連れて参加したそうですが、ミーティングを始める際、女性は4人とも当たり前のように部屋の隅にある椅子に着席。テーブルに同席するよう呼び掛けても戸惑うばかりだったそうです。一見、日本の会社でもよくある光景ですが、彼女はこの4人の消極的な行動に「女性の内なる障壁」の存在を強く感じます。
実は、この4人が同じ場に呼ばれながら遠慮したように、十分に実力がありながら理由もなく自信を無くしてしまう症状には「インポスター・シンドローム」という名前がついており、男性よりも女性に顕著に現れるのだといいます。人事を担う著者の実体験でも、女性よりも男性の方がチャンスに飛びつくスピードが速い傾向があり、女性はほとんどの場合自己評価を低く見る傾向にあるといいます。
女性には取り巻く環境や社会制度といったハンデもありますが、正当に評価されることに罪悪感を感じてしまう「内なる壁」を自分で作り出してしまっている。心当たりがある場合はこれを自覚し、小さなことからでも行動に移す(同じテーブルに座る)ことが大切ですね。

「できる女は嫌われる」は本当なのか?

gettyimages (10255)

第3章では興味深い心理学実験の結果を紹介。コロンビア大学とニューヨーク大学の共同実験では、ある起業家が成功するまでのストーリーを2グループの学生に読ませる実験を行いました。そのストーリーはどちらも「強烈な個性の持ち主で…ハイテク分野の著名な経営者に顔が広く…」というように同じ内容ですが、唯一異なるのはそのストーリーの主人公がハイディ・ロイゼンという女性か、ハワード・ロイゼンという男性か、というものでした。
仕事における男性像と女性像の違いを調べるために行ったこの「ハイディ・ハワード」検証実験。その結果はというと…2つのグループの学生たちは、能力面では両者を同等に評価したのに「一緒に働きたいですか?」という質問に対しては真っ二つ!男性のハワードとは一緒に仕事をしたいという声が集まったのに対して、女性のハイディには「一緒に働きたくない」「自分が経営者だったら採用しない」という声が集まったのです。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

投資の世界のFACT

投資の世界のFACT

2019年の投資環境は目まぐるしく変わりそうです。英国ブレグジット、米国の金融政策、米中貿易問題などに振り回されそうです。それでも、投資の世界にはFACTがあります。今話題のFACTを見ていきましょう。
ディズニーが21世紀フォックス買収 その狙いや市場の影響は?

ディズニーが21世紀フォックス買収 その狙いや市場の影響は?

映画シュガー・ラッシュ:オンラインでは歴代ディズニープリンセスや、スター・ウォーズ、マーベルキャラクターをカメオ出演させる等、斬新なアイデアを披露し注目を集めるウォルト・ディズニー社。フォックスの買収にはどんな意図があるのでしょうか。その狙いについて迫ります。
経済 |
ミレニアル世代の消費行動は「いいね!」という共感がつくる

ミレニアル世代の消費行動は「いいね!」という共感がつくる

「モノよりコト」の消費という言葉が浸透しはじめて久しいですが、最近では「トキ」の消費という言葉も耳にするようになり、時代は「経験」価値にお金を使う、経験経済に移行しています。そして、それを加速させているのがミレニアル世代です。今回はその実態について探ります。
経済 |
自分の力で考えなかったら投資は成功しない

自分の力で考えなかったら投資は成功しない

2019年がいよいよスタートしました。2018年の投資環境がたいへん厳しかったことから捲土重来を期している人も多いのではないかと思います。にもかかわらず年初から波乱含みです。荒れる相場を乗り切るための心構えをお伝えします。
11人の社長が語る 素敵で売れるモノを作る良いビジネスの形とは

11人の社長が語る 素敵で売れるモノを作る良いビジネスの形とは

今、注目されていて流行っているこだわりのモノやコト。その会社を経営する社長は、何か普通ではない特別な経営センスがあるのでしょうか。「売れる」「売れない」の差はどこにあって、どうしたら売れるモノを作ることができるのか。それは、自分目線ではなく、お客様のニーズや要望の中に、大きなカギがあるようです。一田憲子著『キッチンで読むビジネスのはなし』 より、11人の社長が語る、ビジネスへの向き合い方をご紹介します。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部