2018年12月4日 更新

【旅しながら生きる】旅のバイブル本 深夜特急に学ぶお金に縛られない生き方

私は現在オーストラリアを旅しながら生きています。今の生活に至った一つのきっかけとして挙げられるのが沢木耕太郎著『深夜特急』。フィリピンから上海に旅立つ時から読み始めた名著。今回は作品から学んだ生き方について紹介していきます。

一方で、この目標設定にどこかしら「綺麗事ではないか」という薄っぺらさを感じているところがありました。
『深夜特急』を読んでから、世界一周も日本縦断も何年間海外に滞在していたという事実も全て本人が心から望んでいることでなければ薄っぺらではないかという気持ちが心の中に湧き出てきました。
そして私は『深夜特急』のラストシーンをきっかけに自らの旅の目的を改めて考え始めました。
他人に理解されなくてもいい、むしろ自分という当事者だけが納得できる目的を達成して、心から「到着した」と思えるようになっていたい。そう願うようになりました。
いまだに私は旅を続けています。目標にふさわしい何かは見つけられていません。しかし無理に目指すべき何かを作ることの軽薄さを知ってしまった今、私は目標を簡単に設定することはできないのです。

生き方にも通ずる「ワレ到着セズ」

gettyimages (26229)

「お金を貯める」
「大手企業に勤める」
「結婚する」
「子供を持つ」
「家を買う」
これだけのことを成し遂げているのに未だに自身の人生に納得をすることができない人が多いのはなぜでしょうか。それは自分の本当の目標ややりたいことではないからです。
『深夜特急』で言えば「ロンドンに到着する」ということと同じ、形だけの目標なのです。
しかしお金や社会的地位に捉われ続けている人は多く、そのために幸福度のアップダウンを繰り返す悩ましい人生が続いています。

お金があれば幸せであるということを念頭に生きている人は多いですが、お金は心から望んでいることではなく、あるべきだと思い込まされている一種の強迫観念かもしれません。それは大学も大手企業も家も結婚も子供もあてはまるのではないでしょうか。
何をすれば「ワレ到着セリ」と言えるのか、その問いを自らに課し続けることが人生の目標を見つけるための唯一の手段なのではないでしょうか。
そして「何をするか」という表面的な目標ではなく「自分が何を得るのか」という心的な部分に焦点を当てていくべきだと考えます。

まとめ

34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

香嵐渓は愛知県を代表する紅葉スポット!渋滞を回避するポイントは?

香嵐渓は愛知県を代表する紅葉スポット!渋滞を回避するポイントは?

暑かった夏が過ぎて、ようやく秋の気配が感じられるようになりましたね。お出かけしやすくなって、行楽やレジャーの予定を立てている人も多いのではないでしょうか。 秋の行楽と言えば、やっぱり紅葉。私が住んでいる愛知県では、なんといっても豊田市にある「香嵐渓」が有名です。 今回は前年度の情報をもとに、おすすめの香嵐渓の訪れ方を紹介します。
7年ぶりのシンガポール旅行で実感した街の変化|進化続けるマリーナベイサンズ

7年ぶりのシンガポール旅行で実感した街の変化|進化続けるマリーナベイサンズ

面積は小さいながらも、アジア随一の活気があふれる国・シンガポール。ここ数年はマリーナベイ・サンズができたことでさらに観光客が増えています。日本では2019年に公開された映画「名探偵コナン」シリーズの舞台がシンガポールだったことで、注目を集めました。 今回私は7年ぶりに訪れましたが、その発展に驚きました。ここでは旅行記を兼ねてシンガポールの発展ぶりを紹介したいと思います。
ゴールドコーストで豪華旅行を満喫!絶景ビーチ&世界遺産の森を散策

ゴールドコーストで豪華旅行を満喫!絶景ビーチ&世界遺産の森を散策

オーストラリアの東海岸にあるゴールドコースト。白い砂浜が57kmも続く長く美しいビーチで有名な所です。10月はこれから夏に向かうため気温も上がり、からっとした天気が続くベストシーズン。そんなゴールドコーストで豪華バケーションを満喫してみるのはどうでしょう。
一人旅で自分を高める|注目のSolo Travelが自己投資になる理由

一人旅で自分を高める|注目のSolo Travelが自己投資になる理由

様々な方法で自己投資をする人が増えてます。セミナーに通ったり、ジムに通ったり、留学したり。モノや数字のように投資価値が目に見えるものではないけれど、自分の人生をより豊かにするために何かをしてみたい。自分を高める旅に投資してみるというのはいかがでしょうか。
水の都大阪!世界遺産「百舌鳥 古墳群」や周辺の観光&グルメを紹介

水の都大阪!世界遺産「百舌鳥 古墳群」や周辺の観光&グルメを紹介

今年7月世界遺産に登録された大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」。知っているようであまり知られていないこの日本で23番目の世界遺産を訪ね、水の都大阪の観光を満喫してみるのはどうでしょう。当記事では古墳群見学の方法や大阪のおすすめ観光スポット&グルメをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部