STAGE編集部

STAGE編集部

「お金」や「人生」をキーワードにした著名人インタビューや、金融経済のコラムをわかりやすく、楽しく発信することに日々奔走中。理想のライフスタイルを実現し、自分の人生の舞台(STAGE)で輝いてもらうためのヒントを提供しています。

フォロー

0 人にフォローされています

〈藤田雄大〉気球にすべてを賭ける世界王者のこれから

〈藤田雄大〉気球にすべてを賭ける世界王者のこれから

「お金とは、気球のために使うもの(藤田雄大)」
島そのものが聖地。神々が宿る神秘の離島、久高島

島そのものが聖地。神々が宿る神秘の離島、久高島

いつか行きたい憧れの離島。実際に旅した人のリアルレポートを紹介します。時間とお金が節約できるかもしれない(?)耳より情報に出会えるかも!! ふらっとりっぷ〜離島編〜vol.6
眠りの自己破産を招く「睡眠負債」。ピンチを乗り切る裏ワザとは?

眠りの自己破産を招く「睡眠負債」。ピンチを乗り切る裏ワザとは?

なかなか眠れない人、寝ているのに疲れがとれない人、昼間に眠くなってしまい仕事のパフォーマンスが上がらない人…etc。書籍『スタンフォード式 最高の睡眠』から、何らかの理由で自分の睡眠に満足できていない人の悩みを改善するための情報やヒントを探ってみたいと思います。
実は浪費家ではなかった?  マリー・アントワネットのお金の真実

実は浪費家ではなかった? マリー・アントワネットのお金の真実

なぜか、誤解ばかり受ける女性がいる。フランス王妃マリー・アントワネットは、生きている間もそうだったが、死んでからも自分が言ったセリフではない「パンがなければ、ケーキ(orブリオッシュ)を食べればいいじゃない」という言葉が一人歩きをして、彼女の評判を死後も貶められていました。ようやく近年になって、このセリフの出典が彼女ではないという事実が一般層にも広まってきています。
〈藤田雄大〉夢を追い続け世界の頂点に立ったバルーンニスト

〈藤田雄大〉夢を追い続け世界の頂点に立ったバルーンニスト

バルーンニストの藤田雄大さん。18歳で熱気球パイロットライセンスを取得。2007年、立教大学在学時に挑んだ日本選手権では、初挑戦ながら2位を獲得。その後も飛躍的な成長を遂げ、そして2014年ブラジルで開催された世界選手権で日本人初となる優勝を果たしました。
話のネタに最適? ちょっと変わった結婚式3選

話のネタに最適? ちょっと変わった結婚式3選

スタイルや演出など、ちょっとお金をかけてこだわりぬくことで感動やワクワクが奥深くなる結婚式。ゲストも大感動の豪華演出や非日常的な時間を楽しめる特別な会場、ちょっと変わった演出など、結婚式を挙げるのが楽しみになるアイデアをご紹介します。
ラグジュアリーリゾートで語学留学をお望みなら(セブ島留学のススメ第3回)

ラグジュアリーリゾートで語学留学をお望みなら(セブ島留学のススメ第3回)

リゾートに行きたい、でもひとりは寂しいかも?という人にオススメなのが、セブ島・英語短期語学留学を兼ねたリゾート旅です。放課後や休日はスクールで知り合った仲間たちとお楽しみ。夢の留学で、人生変わるかもしれません。
那覇空港から15分でいけるお手軽リゾート、瀬長島

那覇空港から15分でいけるお手軽リゾート、瀬長島

いつか行きたい憧れの離島。実際に旅した人のリアルレポートを紹介します。時間とお金が節約できるかもしれない(?)耳より情報に出会えるかも!! ふらっとりっぷ〜離島編〜vol.5
「いつかは住みたい」香港での生活費

「いつかは住みたい」香港での生活費

「いつかは住みたい」香港篇。アジアの中心的な都市のひとつであり「100万ドルの夜景」としても知られる香港。お金持ちや人生の成功者が集う、夢のラグジュアリーランドのイメージですが、実際住むための生活費って? 検証しました。
密林に癒やされるマレーシアの離島ランカウイ島へ

密林に癒やされるマレーシアの離島ランカウイ島へ

熱帯気候に属し、国土の約60%〜65%がジャングルというマレーシア。そんなマレーシアの離島、ランカウイ島にSTAGEの編集が行ってきました。人生にはリセットが必要ですよね。ふらっとりっぷ〜離島編〜vol.4〜
セブ島留学中の息抜き。週末リゾートで気分をリセット(セブ島留学のススメ第2回)

セブ島留学中の息抜き。週末リゾートで気分をリセット(セブ島留学のススメ第2回)

いつか叶える夢だった留学を、今、お手軽なセブ島で! セブ島留学第2弾は勉強後の息抜きスポットをご紹介。週末になったら遠出してリゾートを満喫しましょう。もしかしたら人生観が変わる出会いもあるかもしれません。
「いつかは住みたい」モナコでの生活費

「いつかは住みたい」モナコでの生活費

国の面積がわずか2.02㎢ながら、年に一度F1グランプリが開催され、市街地を猛スピードで走るマシンたちを見るため世界中から人々が集まる人気の国、それがモナコ公国です。今回はモナコへの移住を目指す人のために、モナコ移住にかかる費用を試算し、一カ月あたり一体どのくらいのお金が必要なのか、その生活費を項目ごとにご紹介します。
「10着しか服を持たないフランス人」に学ぶ人生のコツ

「10着しか服を持たないフランス人」に学ぶ人生のコツ

みなさんはフランス人と聞いてどのようなイメージを思い浮かべますか? オシャレで情熱的、美食家でワイン好き、といったところでしょうか。書籍『フランス人は10着しか服を持たない』を読んでみてわかったのは、これらのイメージはあくまで表面的なもので、その先には彼らの強いこだわりが存在していたということ。
〈ボビー・オロゴン〉世界目線の発想・行動で切り拓いた幸せの道

〈ボビー・オロゴン〉世界目線の発想・行動で切り拓いた幸せの道

「お金とは、男を救うもの。(ボビー・オロゴン)」
豊かな緑に覆われた世界自然遺産の島、屋久島

豊かな緑に覆われた世界自然遺産の島、屋久島

いつか行きたい憧れの離島。実際に旅した人のリアルレポートを紹介します。時間とお金が節約できるかもしれない(?)耳より情報に出会えるかも!! ふらっとりっぷ〜離島編〜vol.3
96 件