K. ブリーン

K. ブリーン

アメリカの某大学経済学部卒業。主に社会経済や映画の事などを書いてます。ピラティスにはまり、指導員資格を取りました。

フォロー

0 人にフォローされています

一人旅で自分を高める|注目のSolo Travelが自己投資になる理由

一人旅で自分を高める|注目のSolo Travelが自己投資になる理由

様々な方法で自己投資をする人が増えてます。セミナーに通ったり、ジムに通ったり、留学したり。モノや数字のように投資価値が目に見えるものではないけれど、自分の人生をより豊かにするために何かをしてみたい。自分を高める旅に投資してみるというのはいかがでしょうか。
アメリカの超富裕層が富裕税を希望するわけ

アメリカの超富裕層が富裕税を希望するわけ

日本では10月から消費税が10%と増税が予定され、税金についての話題も多い中、アメリカでは19人の超富裕層たちが富裕層に特別課す「富裕税」の導入を2020年の大統領選候補者に嘆願しました。あえて自分たちへの更なる課税を希望する一部超富裕層達の考えとは。
アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。
日本の「パワーカップル」は富裕層なのか?欧米との違いや実態は

日本の「パワーカップル」は富裕層なのか?欧米との違いや実態は

最近「パワーカップル」が増えていると言われています。とは言え、パワーカップルの定義は曖昧です。欧米のパワーカップルと言えば完全な富裕層のイメージですが、日本のパワーカップルの定義はそこまで「パワー」があるのでしょうか。その実態について迫ります。
ネスレやポケモンが参入!「睡眠改善」に注目する企業の取組み

ネスレやポケモンが参入!「睡眠改善」に注目する企業の取組み

『ポケモンスリープ』を始め「睡眠」をキーワードとした企業が注目を浴びています。 睡眠不足は個人の健康リスクだけではなく、社会的な経済損失が15兆円にもなると言われています。そんな有害だらけの睡眠不足を真剣に取り組む時期がやってきたようです。
常識を覆す!自由な発想が生み出すシェアリングビジネス事例

常識を覆す!自由な発想が生み出すシェアリングビジネス事例

シェアリング・エコノミーは無駄を省き、限られた資源や空間を効率的に活用し、個人的、社会的利益を生む、と言う点では経済学の原点にもとづいたアイデアではないでしょうか。今回は常識を変えることで生まれた空間を利用した面白いシェアリングビジネスについて迫ります。
訪日外国人の消費は「モノからコト」へ|観光立国への道のりは

訪日外国人の消費は「モノからコト」へ|観光立国への道のりは

年々増え続ける外国人旅行者、5、6年前までは「爆買い」を楽しむ中国人観光客がメインでしたが最近は様々な国の方々が色々な方法で日本での「経験旅行」を楽しんでいます。観光立国を目指す日本は外国人旅行者の「コト消費」に期待はするものの、目標達成できるのでしょうか。
観光型MaaSで観光地の交通革命|JTB、トヨタら企業の挑戦

観光型MaaSで観光地の交通革命|JTB、トヨタら企業の挑戦

「MaaS」への取り組みが日本でも本格的になってきました。本業に絡ませたユニークなMaaSを開発し新規事業に力を入れる企業が増えているなか、最近JTBもより効率的な観光の実現のため「観光型MaaS」を普及することを発表しました。
NTTが米スマートシティ化で高評価の理由 Googleは難航

NTTが米スマートシティ化で高評価の理由 Googleは難航

「スマートシティ」への取り組みが遅れ気味だった日本ですが、昨年はNTTが米ラスベガス市のスマートシティ化に技術を商用提供することが決まるなど、日本企業の取り組みが目立つようになりました。一方、注目のGoogleトロントスマートシティ計画は難航しているようです。その理由とNTTが評価された理由に迫ります。
アマゾン社ニューヨーク進出断念 地元民・政治家の反対理由は?

アマゾン社ニューヨーク進出断念 地元民・政治家の反対理由は?

なぜ、米アマゾン社は第2本社にニューヨークを選び、そして、3カ月後その計画を撤回することになったのか。資本主義の象徴、米アマゾン対ニューヨーク労働者階級層の戦いは、アメリカの政治、経済、社会問題、それぞれの現状の縮図として全米で注目の的となりました。
第4次産業革命に乗り遅れないためには 未来の職業について考える

第4次産業革命に乗り遅れないためには 未来の職業について考える

世界は第4次産業革命の到来で、IoT、ビッグデータ、AI等の新しい言葉に溢れ労働市場にもその影響が出始めております。1月に行われた世界中の経済人が集まるダボス会議でも話題となった職業の未来。我々は職業について今どのような意識改革が必要なのでしょうか。
ディズニープリンセスにみる女性像の変化 プリンセスの未来は?

ディズニープリンセスにみる女性像の変化 プリンセスの未来は?

世界中の女の子誰もが一度は憧れるディズニープリンセス。その数百万ドル規模の「ディズニープリンセス」フランチャイズの発展の陰には様々な改革があります。今回はディズニーが描くプリンセス像の変化と背景、その社会的影響、そして未来について探ります。
ディズニーが21世紀フォックス買収 その狙いや市場の影響は?

ディズニーが21世紀フォックス買収 その狙いや市場の影響は?

映画シュガー・ラッシュ:オンラインでは歴代ディズニープリンセスや、スター・ウォーズ、マーベルキャラクターをカメオ出演させる等、斬新なアイデアを披露し注目を集めるウォルト・ディズニー社。フォックスの買収にはどんな意図があるのでしょうか。その狙いについて迫ります。
ミレニアル世代の消費行動は「いいね!」という共感がつくる

ミレニアル世代の消費行動は「いいね!」という共感がつくる

「モノよりコト」の消費という言葉が浸透しはじめて久しいですが、最近では「トキ」の消費という言葉も耳にするようになり、時代は「経験」価値にお金を使う、経験経済に移行しています。そして、それを加速させているのがミレニアル世代です。今回はその実態について探ります。
ファンタスティックビーストも好調 JKローリングの逞しい商魂

ファンタスティックビーストも好調 JKローリングの逞しい商魂

「ハリー・ポッター」シリーズに続き、新シリーズ2作目の映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』も大当たりのJKローリング。今回は彼女の人生を大逆転させた「ハリー・ポッター」の成功、そしてJKローリングの逞しい商魂について迫ります。
20 件