top
EDUCATION   ~ Opinion & Research ~

クリスマスパーティーのワインから経済がみえる(渋谷 豊)

2015.12.14

すっかり街はクリスマスモード。定番のクリスマスソング、クリスマスツリーで街は賑わい、サンタさんからのプレゼントで子供たちは笑顔、クリスマスは年齢問わず関わりの深いイベントです。さて、40歳代の私にとってのクリスマスは、子どもたちのパーティーに便乗参加したり、またはクリスマスというネーミングでごまかされた忘年会に参加したりと、それなりに楽しんでいます。

ph1

ところでみなさん、パーティーで飲むワインを買い出しに行ったときや、お店でワインを注文するときに、最近よく見かけるワインの生産国はありませんか。フランス産、イタリア産と同じぐらい、ここ数年チリ産ワインを多く見かけるようになったのではないかと思います。チリ産ワインは、2013年にイタリア産ワインを超えて輸入量2位に躍進し、現在の輸入量は、フランス、チリ、イタリアの順番になっています。

では、チリ産ワインが、2005年からたった10年で5倍も輸入されるようになった背景を考えてみましょう。ワインの品質が向上したからでしょうか。いいえ、もともとチリ産ワインは、味に定評があり世界で広く愛されていましたので、この10年で劇的に美味しくなったことが理由ではありません。

ph2

答えは、2つあります。

1つ目は、チリのワイン生産は他国に比べ比較優位性を持つということです。「比較優位性を持つ」とは、マクロ経済の用語です。簡単に説明してみましょう。「各国が相対的に得意なものを生産すると失うものが少なく」、そのルールの下で世界各国が「得意なものを分担して別々のものを生産すること」で「国際分業」が進み、その結果、世界でより多くの消費が増えチリ産のワインが多く飲まれるようになったということです。

2つ目は、税金、つまり関税が安くなったということです。2007年に日本とチリの間でワインの関税を引き下げる合意(EPA)が締結されました。その結果、ワインに掛かる関税は15%から4.6%まで段階的に引き下げられ、販売価格がどんどん下がり、飲食店やワインショップでより手頃に楽しめるようになりました。

このように、国際貿易においては、「比較優位性」と「関税(貿易政策)」により、これだけ大きく勢力図が変わることを理解していただけたと思います。

ph3

さて、ついこの前、2015年11月にTPPという「モノ」の輸出入に関わる税金の取り決めが加盟国12か国間で合意になりました。日本では輸入する約9000品目のうち95%の関税が撤廃されました。その中には、ワインの関税引き下げの約束も含まれています。現在は、ワインの輸入価格に対して15%かかっている税金が、TPP加盟国間で8年後には完全撤廃、つまり0%になる予定です。これにより、チリワインと同じように、ニュージーランド産、アメリカ産のワインが安くなることが期待されています。

ph4

クリスマスの話に戻りましょう。ホームパーティをイメージしてください。そこには、ワイン、コーラ、ソーセージ、ローストビーフ、ペンネ、パスタ、オレンジ、りんご、ポテトチップス、ヨーグルトなど子供から大人まで楽しめるメニューがテーブルを賑わせています。実はこの全てのメニュー、関税撤廃により値段が大きく下がると言われている商品です。近い将来、パーティーメニューのコストが緩やかに下がり財布が助かりそうです。ただし、そんな美味しい話ばかりではありません。その分、他の貿易分野で経済負担が増えるのがTPPの仕組みです。このクリスマスシーズンに、テーブルを囲みながら皆でTPPについて考えるのも素敵な聖夜の過ごし方かもしれません。

渋谷 豊
ファイナンシャルアカデミーグループ総合研究所(FAG総研) 代表

シティバンク、ソシエテ・ジェネラルのプライベートバンク部門で約13年に渡り富裕層向けサービスを経験し、独立系の資産運用会社で約2年間、資産運用業務に携わる。現在は、ファイナンシャルアカデミーで執行役員を務める傍ら、富裕層向けサービスと海外勤務の経験などを活かし、グルーバル経済に関する分析・情報の発信や様々なコンサルティング・アドバイスを行っている。慶応義塾大学大学院経営管理研究科(MBA)修了。
FAG総研 http://fagri.jp/

Recommendオススメ関連記事

top
STYLE

2016.7.13

“ラブレター代筆”の仕事を通じて触れる、「誰か」の想いと、「誰か」の人生。(小林慎太郎)

“ラブレター”という言葉すら聞くこともなくなった現代において、“ラブレター”の“代筆”という特異な仕事を行う一…
top
STYLE

2016.5.16

お金ではなく、価値を追う。稀代のプレイボーイが無二のタレントであり続ける理由(石田純一)

1978年に劇団の研究生としてキャリアをスタートし、やがて時代を代表する俳優に。華やかなプライベートがいつでも…
後編top
TALENT

2016.4.25

いっちょう、皆でやりきろう。~後編~(遠山正道)

食べるスープの専門店『Soup Stock Tokyo』、卓越した見立てと世界観のあるセレクトリサイクルショッ…
top_©misakimatsui
TALENT

2016.4.18

国境を超え、ニューヨークのブロードウェイ街で感動を与え続ける孤高の演劇人(出口最一)

最高峰のエンターテインメントが結集し、大小さまざまな劇場がひしめくニューヨーク・ブロードウェイ。42丁目に演劇…

NEW Articlesこのカテゴリーの最新記事

ph1
EDUCATION

2016.11.15

三種の神器よりも「新額歴社会」の3つの力

熱狂的な盛り上がりを見せるハロウィンも無事に終了し、街は徐々にクリスマスムードになっていくなか、夜の会食に出か…
top
EDUCATION

2016.6.30

英国のブレグジットで一番損したのはだれ?(渋谷 豊)

英国のEUからの離脱の賛否を問う国民投票で、国民は離脱を選択しました。世界をアッと言わせたこの結果は、「201…
top
EDUCATION

2016.3.29

日銀がマイナス金利政策を導入。このニュースを両面思考で読んでみる(渋谷豊)

2016年3月14日のホワイトデーの朝、久しぶりに気になる新聞記事に出会いました。その記事は、ホワイトデーとは…
invester
EDUCATION

2016.2.8

世界一タメになる投資マンガ「インベスターZ」に 学ぶ“人生”と“投資”の極意 ~後編~

投資をテーマにした大人気漫画「インベスターZ」。そのストーリーには毎回、〝投資の鉄則〟〝勝利のオキテ〟が登場す…

Money is...お金とは...

トップへ戻る