EDUCATION   ~ Opinion & Research ~

「お金」を人生の味方に変える3つの力(辻 庸介)

2017.3.20

ソニーの経理部門からキャリアをスタートし、証券会社勤務や米国留学を経て起業。自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」や、ビジネス向けクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」など様々なお金のサービスを世に提供する株式会社マネーフォワードの代表取締役社長CEO・辻 庸介氏。

お金に関する日本中の書籍を読んだという氏が、2017年2月5日に開催された「お金の教養フェスティバル2017」で語った内容から、新「額歴」社会に求められる3つの力について学ぶ。

■生活を激変させるようなお金のサービスを創る

お金はあらゆる人生の節目で影響を及ぼしていて、無意識にでも僕らはお金のことを考えています。「こういう仕事をやりたいけど、お金のことを考えるとできないよね」とか、「子どもはふたり持ちたいけれど、ちょっときついかな」とか、そんなあまりハッピーではない状況をなんとか解決できないかとずっと思っていました。

証券会社に勤めていた当時から、「クックパッド」とか「食べログ」といった、いわゆるCGM(カスタマージェネレーションメディア)と言われるサービスがどんどん出てきていました。クックパッドは、食材で検索すると日本全国のいろいろなレシピが出てきて、何を買ったらいいかも、どんなふうに作ったらいいかも分かります。日本全国の夕方の悩みをすさまじく解消するサービスだと僕は思いました。

そういう生活を激変させるような素晴らしいインターネットサービスが出てきている中で、「お金」もこういうことができるんじゃないか、こういうサービスがあれば世の中のユーザーにすごく喜んでいただけるんじゃないか、そう思って始めたのが「マネーフォワード」という会社でした。

■お金のことはテクノロジーに任せて自動化する

さて、今日は新「額歴」社会に必要なものということで、「貯蓄力」「投資力」「経験力」の3つのテーマについてお話をさせていただければと思います。

まず「貯蓄力」。貯蓄力をつけるためは自分がいくら使っていて、いくら稼いでいて、いくら持っていて、それがどういうふうに変化しているかを把握すること。その上で何が削れるのかを、「手本」と比較しながら見つけていくことが貯蓄力につながっていきます。

マネーフォワードには、収入や居住地域ごとに、お金をちゃんと貯蓄できる理想の家計と比べて「どこが使い過ぎですよ」とか、「どこがうまくできていますよ」と教えてくれるサービスがあって、これを使うと貯蓄力がアップして、どういうふうに改善していけばいいのかが分かります。マネーフォワード以外でも、こうしたよいサービスはいろいろあります。とにかく楽に、自動で、見える化できるような仕組みを作ってお金を貯めていきましょう。そして、投資の種銭を作りましょう。これが1点目です。

■投資は一生勉強するもの

2点目は「投資力」です。投資は、まさに一生勉強だなと思います。本とかセミナーとか、成功している投資家、先生、そういった方々に成功事例と失敗事例を叩き込んでもらうことによって、自分で得た経験のごとく知識が入ってきます。

マネックス証券の創業者で、伝説のトレーダーでもある松本大さんに、投資力をどうやってつければよいか聞いたことがあります。松本さんは儲ける人は別に特別な情報を持っているわけではないとおっしゃいました。日々知識を高めて、世の中のみんながアクセスできるような情報を基に、自分で立てた仮説に対して投資をして、痛い目にあって、なぜ間違えたのかを見返して……そういう積み重ねが大切なのだと。

僕は、お金に関しては日本中の本を読んだんじゃないかというくらい読みました。例えば来年、資産を3倍に増やしたいというのはさすがに無理ですが、コツコツしっかり貯めるならは完全な成功法則があります。それを勉強して学ぶということがとても大事だと思っています。

最近、新しい投資のあり方がいろいろ出てきています。例えば自動でポートフォリオを作ってくれるロボアドバイザーや、クラウドファンディングといったお金の集まる仕組みなど。いろいろな商品が出てくるので、投資力に関しては勉強と実践を高速回転していくことが大事だと思います。

■経験力は実践でしか得られない

貯蓄力と投資力がアップしたら、最後は「経験力」です。例えば経営者が直面する問題は、前に他の経営者が経験していて、ソリューションもあるし、どうやったら失敗する・成功するということまで本に書いてくれています。ですから、たくさんの人がまずはインプットしようと本を読んだりセミナーを聞いたりするわけです。でも、残念ながら多くの人はここでストップしてしまいます。ほとんどの人は実践をせずに次の本やセミナーにいってしまうのです。

本やセミナーで学んだことをまずは実践しましょう。実践して習慣化することによって、九九とか自転車と同じように、自分の血となり肉となり結果が出てきます。まさにこのサイクルを回していくということが経験力をつけるうえでとても大事なことです。

例えば「起業したい」というような思いがあったとしても、そう思うことそのものにはあまり価値はないわけですよね。実際にアクションをして出てきた課題を解決したり、新しい人に会ったり、自分の知的好奇心を満たしたりと実践することが大事で、これによって差別化につながっていくということです。

■人生の目的は何ですか?

自戒を込めて言うのですが、お金は「目的」になりがちというか、なんとなく増やしたいなとか、お金持ちになりたいなと思わせるものです。けれども、ある一定以上のお金を持っている人はお金のことに全然こだわりがなくて、「それよりもっとこういうことをしたい」と言っていたり、質素に暮らしてお金を使っていなかったりするんですよね。

皆さんの、人生の目的は何ですか?

お金は当然ツールにすぎなくて、大事なものではありますが、「目的」そのものではありません。人生の目的や夢を明確にして、その上で、ツールであるお金を味方にするための「貯蓄力」、「投資力」、「経験力」をアップしていくこと。これが、「お金」ではない、皆さんの人生の目的の実現につながっていくのです。

お金とは、夢を実現できるツール。(辻 庸介)
株式会社マネーフォワード代表取締役社長CEO
辻 庸介さん

2001年に京都大学農学部を卒業後、2011年にペンシルバニア大学ウォートン校MBA修了。ソニー株式会社、マネックス証券株式会社を経て、2012年株式会社マネーフォワード設立。ソニー株式会社に在職中に、ファイナンシャルアカデミーの前身であるクラビスにて不動産投資を学ぶ。2014年に日本起業家賞2014(The Entrepreneur Awards Japan = TEAJ)」米国大使館賞受賞、「ジャパンベンチャーアワード2014」JVA審査委員長賞、「金融イノベーションビジネスカンファレンスFIBC2014」大賞を受賞。マネックスベンチャーズ株式会社 投資委員会委員。一般社団法人 新経済連盟 幹事。経済産業省 FinTech検討会合委員。

Recommendオススメ関連記事

EDUCATION

2016.2.8

世界一タメになる投資マンガ「インベスターZ」に 学ぶ“人生”と“投資”の極意 ~後編~

投資をテーマにした大人気漫画「インベスターZ」。そのストーリーには毎回、〝投資の鉄則〟〝勝利のオキテ〟が登場す…
EDUCATION

2015.9.7

世界一タメになる投資マンガ「インベスターZ」に学ぶ“人生”と“投資”の極意 〜前編〜

投資をテーマにした大人気漫画「インベスターZ」。そのストーリーには毎回、〝投資の鉄則〟〝勝利のオキテ〟が登場す…
GROWTH

2015.7.6

お金より大切なものを本当に大切にできる社会を目指す(奥山 泰全)

外貨取引サービスを提供するマネーパートナーズグループ。代表取締役社長の奥山泰全氏は、赤字続きだったマネーパート…
GROWTH

2015.3.28

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」(山田真哉)

会計の「本当」の活かし方 家計簿をつけただけでは、会計の30%しか使っていないんです Q.数字というのはこれか…

NEW Articlesこのカテゴリーの最新記事

EDUCATION

2017.3.20

「お金」を人生の味方に変える3つの力(辻 庸介)

ソニーの経理部門からキャリアをスタートし、証券会社勤務や米国留学を経て起業。自動家計簿・資産管理サービス「マネ…
EDUCATION

2017.3.6

本格的なAIによる投資時代の始まり(岸 泰裕)

ゴールドマンサックスアセットマネジメントが2月24日に新規設定したAIによる判断で運用を行う投資信託が数日で1…
EDUCATION

2017.2.27

十年一昔で片付けていいのか?(渋谷 豊)

先日まで1週間ほど寝込んでしまいました。原因はインフルエンザです。布団で悪寒に震えながら、「いつ以来だろう?」…
EDUCATION

2017.2.6

「今」という時代を認識している人の少なさ、情報の重要性がより高まる(岸 泰裕)

大学で学生に対し、「今の日経平均やドル円の相場は大体どの程度か」と聞くと、少数の自信満々で挙手する学生と、大半…

Money is...お金とは...

トップへ戻る