「現代の魔法使い」落合陽一研究

「現代の魔法使い」落合陽一研究

落合陽一氏といえば、筑波大学准教授で学長補佐。実業家でメディアアーティスト。2015年発売のベストセラー「魔法の世紀」にちなんだ「現代の魔法使い」がニックネームという人物。テクノロジーとアートの融合がもたらす魔法のような未来を目指す、落合氏の世界を覗いてみました。
国宝級の美術品にあふれたフィレンツェの街で語学+アートが学べるイタリア留学

国宝級の美術品にあふれたフィレンツェの街で語学+アートが学べるイタリア留学

イタリアでは、バカンスと語学習得を兼ねてやって来る外国人向けの留学先があります。イタリア語の習得だけでなく、美術やオペラ鑑賞、ワインや料理など様々な選択ができます。なにより、歴史ある街に住み、現地のライフスタイルに触れる、この醍醐味にまさるものがあるでしょうか。
「実行」こそアート。NewsPicks編集者 野村高文氏が運営する「既存の組織を超えて実行力を高めるコミュニティ」

「実行」こそアート。NewsPicks編集者 野村高文氏が運営する「既存の組織を超えて実行力を高めるコミュニティ」

ソーシャル経済メディアNewsPicksの編集者でありながら、ビジネスパーソンのコミュニティ「NewsPicksアカデミア」のプロジェクトマネージャーを務め、個人でもサロンを運営する野村高文氏。既存のマスメディアの枠組みにとらわれず、かろやかに新しいことに取り組み、周囲の信頼を実行に変えるその人柄には特別なスマートさを感じます。そんな野村さんの原動力とコミュニティ運営の思いについて、お話を聞きました。
「資格」を通じて心と生活に彩りを。心を豊かにする資格5選

「資格」を通じて心と生活に彩りを。心を豊かにする資格5選

忙しく日々を過ごすなかで、ふと、「学びたい」と感じるときはありませんか?学ぶということは、心や生活によい変化や潤いを与えてくれることがあります。数ある資格の中から、学ぶことで日々の生活や心を豊かにしてくれるものを集めました。
〈爲永清嗣〉視覚でも美味しいものを味わって欲しい ~爲永清嗣が語るアートの魅力と日本人観

〈爲永清嗣〉視覚でも美味しいものを味わって欲しい ~爲永清嗣が語るアートの魅力と日本人観

1969年日本で最初の西洋絵画の巨匠を扱う画廊として誕生し、40年以上の歴史を持つギャルリーためなが。名匠と呼ばれる作家の名品の数々を、国内有数の美術館や個人コレクターの方々に納める一方、才能ある画家を育成、世に送り出し、その活動はフランス美術界を中心に、現在はアメリカ、アジアなど世界各地へと拡大しています。国際人として育った爲永さんの環境やこれまでの軌跡、日本観などについてお話をお聞きしました。
5 件