「天才」と「AI時代人材」の育て方がわかる!落合陽一の教育本

「天才」と「AI時代人材」の育て方がわかる!落合陽一の教育本

筑波大学准教授、経営者、メディアアーティストと多方面に才を持つ落合陽一氏。 “触れて変形させられるプラズマ光”や「ピクシーダスト」という“音で物を浮かべる技術”は、STAGEでも紹介しました。そんな彼が「学び」について執筆。自身が受けた教育にも触れ話題になっています。
メルティンMMIが目指すヒトとサイボーグの未来とは

メルティンMMIが目指すヒトとサイボーグの未来とは

粕谷昌弘氏は、2018年「30 Under 30」で世界の注目すべきアジアの30人に選ばれました。「AIやロボットの先を行くサイボーグを研究開発しています」と語る粕谷氏は、サイボーグスタートアップとして設立された株式会社メルティンMMIのCEO。MMIはマン・マシン・インターフェースの略です。
モバイル通信5G電波に死角あり 2019年に技術開発は間に合うか

モバイル通信5G電波に死角あり 2019年に技術開発は間に合うか

「5G(第5世代移動通信)」は2025年までに世界で11億回線に達すると見込まれます。周波数は従来の「センチ波」に「ミリ波」が加わりますが、ミリ波は直進性が強すぎ建物内に死角ができる弱点があります。5Gの普及でも死角になるかどうかは技術開発や各社の取り組み次第です。
AI スピーカーに対する振る舞いがあなたの本性を暴露する

AI スピーカーに対する振る舞いがあなたの本性を暴露する

アレクサに対して怒鳴る人をあなたはどう感じますか。 AI スピーカーの開発が進んで会話が人間らしくなったことで、身近なAI に対する言動がその人の本性だと見なされる時代が来つつあります。そう、店員に対する振る舞いがその人の性格を暴露するのと同じように。
ブロックチェーンは、管理職も社長も「会社」もなくす

ブロックチェーンは、管理職も社長も「会社」もなくす

「分散自立型社会」という言葉があります。 今コンピュータが人間の職を代替するということがいろいろ話題になっています。この場合に言われていることは、AIが人間の職を代替するということです。もちろん重要な問題なんですが、AIはどういう仕事を代替するかというと、労働者としての仕事です。
ブロックチェーンによって・生まれるサービス・消える会社

ブロックチェーンによって・生まれるサービス・消える会社

ブロックチェーンの応用の範囲は金融に限られているかというと、そうではありません。ブロックチェーンは金融以外の様々な分野に利用が可能ですし、今そういった実験的な試みがなされています。一部は実際にサービスが利用できるようになっています-----未来の産業の姿を「ブロックチェーン革命」著者・野口悠紀雄が解き明かします。(FLOC ブロックチェーン大学校イベント基調講演より)
ブロックチェーンが変える⾦融の世界

ブロックチェーンが変える⾦融の世界

ブロックチェーンについて、どのくらいあなたは知っていますか? これからの人生、いや人間のあ り方を変えてしまうかもしれないといわれる技術、ブロックチェーン。 著書「ブロックチェーン革命」 にて、ブロックチェーンによって変わる世界を先駆けて示唆した野口悠紀雄氏の基調講演をお届 けします。(FLOC ブロックチェーン大学校イベント基調講演より)
AI透明化の時代へ —— AI時代になすべき人間の仕事

AI透明化の時代へ —— AI時代になすべき人間の仕事

機械学習の成果から、AI導入を検討する企業が少しずつ増えています。そのような中、アルゴリズムのブラックボックス状態は信頼性低下の原因に。万が一の時の説明責任は依然として人間が負うからです。AIやモデルの説明・検証のため、AIの透明性が求められています。
ブロックチェーンを語るとき避けて通れないややこしい仕組みの話

ブロックチェーンを語るとき避けて通れないややこしい仕組みの話

ブロックチェーンについて、どのくらいあなたは知っていますか? これからの人生、いや人間のあり方を変えてしまうかもしれないといわれる技術、ブロックチェーン。 著書「ブロックチェーン革命」にて、ブロックチェーンによって変わる世界を先駆けて示唆した野口悠紀雄氏の基調講演をお届けします。(FLOCブロックチェーン大学校イベント基調講演より)
Life is Tech!でIT教育を受ける中高生がいますごい

Life is Tech!でIT教育を受ける中高生がいますごい

小学校での必修化決定後、キッズプログラミングスクールは雨後の筍のように乱立状態。どこが良いのか判断も難しいですよね。そんな折、長男の友人が遊びに来てLife is Tech!(以下LIT)を紹介していきました。LITパーカーを普段着する彼はあまりにも嬉々としていたので、調べてみました。
【特別企画】野口悠紀雄講演:ブロックチェーンが、なぜ「革命」といわれるか

【特別企画】野口悠紀雄講演:ブロックチェーンが、なぜ「革命」といわれるか

ブロックチェーンについて、どのくらいあなたは知っていますか? これからの人生、いや人間のあり方を変えてしまうかもしれないといわれる技術、ブロックチェーン。 著書「ブロックチェーン革命」にて、ブロックチェーンによって変わる世界を先駆けて示唆した野口悠紀雄氏の基調講演をお届けします。(FLOCブロックチェーン大学校イベント基調講演より)
Twitterの偽アカウント一斉削除から考える情報汚染の問題

Twitterの偽アカウント一斉削除から考える情報汚染の問題

偽アカウントの一斉削除がTwitterやFacebookで行われました。その数は、合計7億件にものぼると言われます。偽アカウントとは何か、情報汚染とはなにか、偽アカウントによって生じる情報汚染にはどのようなものがあるのかを掘り下げます。
AIと人間を対立軸に置くのは間違い。「AI任せ」の未来を防ぐために

AIと人間を対立軸に置くのは間違い。「AI任せ」の未来を防ぐために

AIロボットの危険な発言を理由に、AIは人類にとって脅威だとする声があります。しかし、それは蓄積されたデータが原因かも。目指すべきはAIか人類かの二者択一をするのではなく、データの扱いが得意なAIとAIリテラシーをもった人類が得意分野で活躍する協働社会の実現です。
AIはもっともっとコミュニケーション上手にならなくてはいけない

AIはもっともっとコミュニケーション上手にならなくてはいけない

面倒な作業をしてくれたり情報を提供してくれたりする便利なAI。これらの機能に加えて、今後のAIにはコミュニケーション相手という役割も期待されています。人間とのコミュニケーションにおいて、AIには「聞き手」という受動的姿勢も求められているのです。
CAMBRIC(キャンブリック)はいま誰もが知っておくべき未来の重要ワードだ

CAMBRIC(キャンブリック)はいま誰もが知っておくべき未来の重要ワードだ

近年、IT社会を牽引する7つの大きな潮流と言われているのが“CAMBRIC”です。7つの産業分野のそれぞれの頭文字を取った造語であり、「C」はクラウドコンピューティング、「A」はAI、「M」はモビリティ、「B」はビッグデータ、「R」はロボティクス、「I」はIoT、「C」はサイバーセキュリティを意味します。
30 件