ディズニーが21世紀フォックス買収 その狙いや市場の影響は?

ディズニーが21世紀フォックス買収 その狙いや市場の影響は?

映画シュガー・ラッシュ:オンラインでは歴代ディズニープリンセスや、スター・ウォーズ、マーベルキャラクターをカメオ出演させる等、斬新なアイデアを披露し注目を集めるウォルト・ディズニー社。フォックスの買収にはどんな意図があるのでしょうか。その狙いについて迫ります。
ミレニアル世代の消費行動は「いいね!」という共感がつくる

ミレニアル世代の消費行動は「いいね!」という共感がつくる

「モノよりコト」の消費という言葉が浸透しはじめて久しいですが、最近では「トキ」の消費という言葉も耳にするようになり、時代は「経験」価値にお金を使う、経験経済に移行しています。そして、それを加速させているのがミレニアル世代です。今回はその実態について探ります。
自分の力で考えなかったら投資は成功しない

自分の力で考えなかったら投資は成功しない

2019年がいよいよスタートしました。2018年の投資環境がたいへん厳しかったことから捲土重来を期している人も多いのではないかと思います。にもかかわらず年初から波乱含みです。荒れる相場を乗り切るための心構えをお伝えします。
11人の社長が語る 素敵で売れるモノを作る良いビジネスの形とは

11人の社長が語る 素敵で売れるモノを作る良いビジネスの形とは

今、注目されていて流行っているこだわりのモノやコト。その会社を経営する社長は、何か普通ではない特別な経営センスがあるのでしょうか。「売れる」「売れない」の差はどこにあって、どうしたら売れるモノを作ることができるのか。それは、自分目線ではなく、お客様のニーズや要望の中に、大きなカギがあるようです。一田憲子著『キッチンで読むビジネスのはなし』 より、11人の社長が語る、ビジネスへの向き合い方をご紹介します。
Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

経済誌Forbes JAPAN日本の起業家ランキング2019で日本を動かす起業家20名に選ばれた長谷川潤氏。2度の起業と、仮想通貨OmiseGOの発行を経て、2018年12月7日にブロックチェーン関連の新会社BUIDL(ビルド)を設立。さらに注目を集めています。
日本起業家1位は「宇宙の掃除屋」アストロスケールCEO岡田氏

日本起業家1位は「宇宙の掃除屋」アストロスケールCEO岡田氏

経済誌Forbes JAPAN2019年の日本起業家ランキング1位のAstroscale(アストロスケール)創業者の岡田光信氏は、宇宙ゴミを除去する宇宙の掃除屋ビジネスを立ち上げました。エリート官僚出身ですが、ものづくり企業を結集する過程は人情溢れる物語でした。
ファンタスティックビーストも好調 JKローリングの逞しい商魂

ファンタスティックビーストも好調 JKローリングの逞しい商魂

「ハリー・ポッター」シリーズに続き、新シリーズ2作目の映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』も大当たりのJKローリング。今回は彼女の人生を大逆転させた「ハリー・ポッター」の成功、そしてJKローリングの逞しい商魂について迫ります。
行動経済学とは?経済学との違いや身近な例を解説

行動経済学とは?経済学との違いや身近な例を解説

行動経済学というと、難しい数式や堅苦しい論文、聞き慣れない学問というイメージがあるかもしれません。しかし、行動経済学は私たちの生活と密接な関係にあります。上手に取り入れることで、ビジネスを円滑にし、目標達成を加速させることができます。今回は、そんな行動経済学を解説します。
忙しい人向け。注目すべき2019年の経済ポイント

忙しい人向け。注目すべき2019年の経済ポイント

年末になると多くの雑誌や新聞紙面を来年度の経済見通しで賑わってきます。本日は、忙しい人向けに最低限でも気にしてほしい2019年度にポイントとなるであろう経済指標をご紹介します。
賢者の投資方法とは

賢者の投資方法とは

米国では代表的なインデックス型投信を長期保有することに対して、手抜きのポートフォリオであると揶揄されることが多い。しかし実際には、ウォーレン・バフェットをはじめ多くの伝説的な投資家が推奨する投資方法であるのです。
ゴーン氏逮捕で考えた「日本の刑事司法は異常なの?」

ゴーン氏逮捕で考えた「日本の刑事司法は異常なの?」

>日産のゴーン社長が逮捕され、その後、長期間勾留されています。さらに、再逮捕との報道がありました。これに対して、海外のメディアから、日本の制度はおかしいのではないかという声が聞こえてきます。
マークザッカーバーグなどベーシックインカム支持者たちの提言

マークザッカーバーグなどベーシックインカム支持者たちの提言

フィンランドでは実際に実験が行われたベーシックインカム。ユーロ圏初の取り組みは注目を集めました。 ベーシックインカム支持者といえば、イーロン・マスクや、Facebook共同設立者クリス・ヒューズなどがいます。 今回は著書やスピーチで支持を表明した3人の提言をまとめてみました。
2018年ドル円相場の値幅が狭かった理由

2018年ドル円相場の値幅が狭かった理由

2018年も残すところ1カ月となりましたが、為替市場では12月18−19日のFOMCの結果、及びFRBパウエル議長の記者会見に注目が集中しています。その2018年ですが、為替市場に関わる人にとって2018年は歴史的な一年として記憶されるかもしれません。それは、ドル円の変動幅が市場最狭になりそうだからです。
広まる日本のブラックフライデー 本場アメリカの状況から今後を考える 

広まる日本のブラックフライデー 本場アメリカの状況から今後を考える 

ブラックフライデーを知っていますか?アメリカで最も買い物されると言われる店舗セールの日です。日本でもイオンやトイザらスでブラックフライデーセールが取り入れられ、認識されつつあります。今後盛り上がりを見せるのか、本場アメリカの動向から考えます。
米国の景気の先行指標はどう動いているのか

米国の景気の先行指標はどう動いているのか

米国の景気を見るときに、住宅関連の指標は先行指標となりえます。全米不動産協会が11月21日に発表した10月の中古住宅販売件数は年率換算で522万戸となり、前月比で1.4%の増加(7か月ぶりの増加)になりました。
81 件